旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS イエス・ライヴに行ってきました

<<   作成日時 : 2016/11/30 22:27   >>

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 4

〈2016年11月29日(火)〉
英プログレ・バンド、YESの来日公演を聴くため、渋谷のオーチャードホールへ行ってまいりました。
このホールに来るのは、去年12月のキング・クリムゾン・ライヴに続き2回め。
クラシックの殿堂であるはずのこのホールに、なぜかロックのライヴでばかり来ています。

画像

大のプログレ好きの僕ですが、その中でイエスというバンドは決してフェイバリットではありませんでした。
どうしても、僕の中ではジェネシスやキング・クリムゾン、ピンク・フロイドといったバンドより序列が下になってしまいます。
たとえばジェネシスのもつ幻想性や、キング・クリムゾンのもつハードさや暗さがイエスにはなく、ただ明るい現状肯定的な音楽に聴こえてしまうからです。

『ロンリー・ハート』ぐらいまでのCDは全部もっていますが、聴く機会は他のプログレ・バンドにくらべると決して多くありません。
むしろ5大バンド以外のアレアやバンコ、キャメルのほうが多いぐらいでして・・・。
(^^;)

そんなわけで、今回の来日公演のニュースを聞いても、さいしょは行くつもりはありませんでした。
ジョン・アンダーソンのいないイエスに、興味がもてなかったというのもあります。
それが、11月後半に発掘調査の仕事が2週間ほど休みに入ってしまい、ヒマをもてあましそうだったので、急きょ行ってくることにしました。

今回の来日メンバーは、スティーヴ・ハウ(G)、アラン・ホワイト(Dr)、ジェフ・ダウンズ(Key)、ジョン・デイヴィソン(Vo)、ビリー・シャーウッド(B)の5人とのことでしたが、直前の北米ツアーではアランが腰を痛めて参加しなかったようです。
日本ツアーでは復帰するという話でしたが、もしアラン・ホワイトがいないとなると、『ドラマ』だけに参加していたジェフをのぞけば、主要メンバーはスティーヴ・ハウしかいないことになってしまいます。

うーん、本当に行く価値あるのか? とチケットをとってからちょっと心配になってしまいました。


若干の心配はありましたが、開場時間の18:30にオーチャードホールに行き、席につきました。
客の入りは半分ほどで、半世紀にわたって君臨するこの大御所バンドにしては、やや寂しいですね。
今回は東京だけで21、22、28、29日の4回の公演があるので、回数が多すぎるのかもしれません。
熱心なファンは、もう見ちゃったということでしょう。

場内放送で、今日のライヴが2部構成であることが告げられます。
今年5月のスティーヴ・ハケットのライヴがそうだったように、長尺のコンサートになることが予想されます。

まずは昨年急逝したクリス・スクワイアの追悼ビデオが流されます。
イエスの屋台骨をささえていた、彼の演奏を聴く機会が永遠にうしなわれたと思うと、さびしいかぎりですね。
やがて場内は暗転、メンバーたちが入ってきます。
やはりアラン・ホワイトはおらず、(あとで知ったのですが)ジェイ・シェレンという人が叩くようです。

オープニングは予告どおりアルバム『ドラマ』から『マシーン・メシア』。
ファンの間ではそれほど評価が高くないであろうこのアルバムですが、僕はけっこう好きなんです。
このマシーン・メシアのオープニングには、イエスらしからぬ暗さと神秘性が感じられます。
キーボードがジェフ・ダウンズである関係で、こうした選曲になったのでしょうが、僕としてはよかったです。

続いてこれも予告されていたとおり、『イエスソングス』からのベスト・セレクションで、『パペチュアル・チェンジ』『同志』『ハート・オブ・サンライズ』といったおなじみの曲が演奏されます。
入りがそれほどでもないにもかかわらず、客席は大いに盛りあがっていました。
ここで第1部が終了。
ここまでですでに1時間を超えていますので、やはり長いライヴになりそうです。


20分の休憩をはさみ、ふたたびメンバーが出てきて、第2部がはじまります。
やはり予告どおり、アルバム『海洋地形学の物語』から『神の啓示』と『リチュアル』が演奏されます。
このアルバムも人気盤とはいえませんが、僕は意外と好きです。
地味な作品ですがイエスらしからぬ神秘性があり、若干の哲学臭もあります。

それぞれ20分を超える長尺のこの2曲。
ロジャー・ディーンのジャケット画がうしろのスクリーンに映され、メンバーが水中で演奏しているかのような、不思議な感覚を味わえました。

その『リチュアル』の途中で、
「どうもドラマーが代わったみたいだな」と思ったら、それがなんとアラン・ホワイトなのでした。
そのことを察知した観客からは大きな拍手。
地味めのアルバムからの曲らしからぬ盛りあがりを見せるなか、第2部も終了。

メンバーいったんソデに消えますが、とうぜんのごとく聴衆はアンコールを要求。
ふたたび出てきたメンバー。
スティーヴ・ハウがおもむろに、生ギターで聴きなれた旋律をかなではじめます。
おおっ、これは!

ラウンドアバウトだああ!!!
イエスそんなに好きじゃない、といいつつ、客席で大盛りあがりする僕。
切れめなく『スターシップ・トゥルーパー』になだれこみ、なんと3時間ちかくにも及んだライヴは終了。

70ちかいスティーヴ・ハウをはじめ、年齢層の高いバンドなのに、これだけ長時間のライヴをやるとは、サービス精神旺盛ですねー。
はじめは来るかどうか迷っていた僕ですが、来て大正解でした。
なんたって、生ラウンダバウトが聴けたしねー。
メンバーの皆さん、お疲れさまでした。


ところで、会場でいいような悪いようなニュースを耳にしたんですが・・・。
なんと、アンダーソン、ラビン&ウェイクマンなるバンドが4月に来日するそうです!

これって詐欺じゃないか!
ひとつのバンドがふたつに分かれて来日するなんて・・・。
チケット代を二重にとろうという魂胆にちがいありません。
そりゃ、リック・ウェイクマンとダウンズをくらべたら、ウェイクマンのほうが格上に決まってますが・・・。

ふつうだったら絶対行かないんですけれど、今日のライヴよかったし、結局行くことになるかもしれません。
キース・エマーソン亡きいま、ロック界最大のキーボーディストといったら、そりゃウェイクマンでしょ、ってことになりますしね。


いずれにせよ、これで僕の怒とうのコンサート・ウィークも終わりです。

急に発掘が休みになってしまったため、この2週間、山梨、長野旅行を皮切りに、城めぐりに美術館めぐりにと、精力的にヒマつぶしをしてきました。
その間、クラシックのコンサートには行くわ、アイドルの握手会には行くわ、ロックのライヴには行くわ・・・とあいかわらず僕の支離滅裂っぷりはきわだってますが・・・。

診察を受けたら確実に精神分裂症と診断されることでしょうね。
でも結局、人生楽しんだもん勝ちですよね。
それではまた!


画像
オーチャードホールの入口です。






イエスソングス [ イエス ]
楽天ブックス
イエス発売日:2016年02月24日 予約締切日:2016年02月20日 YESSONGS JAN:


楽天市場 by イエスソングス [ イエス ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





海洋地形学の物語 [ イエス ]
楽天ブックス
イエス発売日:2016年02月24日 予約締切日:2016年02月20日 TALES FROM TO


楽天市場 by 海洋地形学の物語 [ イエス ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ドラマ [ イエス ]
楽天ブックス
イエス発売日:2016年02月24日 予約締切日:2016年02月20日 DRAMA JAN:494


楽天市場 by ドラマ [ イエス ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ある時はクラシック、
ある時はロック、ある時はAKBと、
精力的にお出かけになってますね。
好奇心の幅が広い事は、何よりと思います。
yasuhiko
2016/12/02 13:59
yasuhikoさん、こんばんは。
好きなものが支離滅裂で、お恥ずかしい限りです。
まあ、今死んでも悔いがないように、好きなことは全部やろう、という精神でやっています。
人生楽しんだもん勝ちだと思います。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2016/12/02 22:29
人生楽しんだもん勝ちに賛成です。
かっちゃん
2016/12/04 15:30
かっちゃんさん、こんばんは。
そうですよね、一度きりの人生、楽しまなきゃ損ですよね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2016/12/04 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
イエス・ライヴに行ってきました 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる