旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(4)−ミーソン

<<   作成日時 : 2017/02/18 12:09   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 6

〈2017年2月15日(水)(その1)〉
ひと晩寝たら、すっかり元気をとりもどした僕。
とはいえこうも体調を崩すようでは、もう夜行列車は使えんなー、と思い、これからは小刻みに南下することにしました。

この日は朝6時に起き、ダナン大聖堂の前からバスに乗って、ダナンから30キロほどはなれた都市、ホイアンに向かいました。
めざすは世界遺産にもなっているチャンパ遺跡、ミーソンです。

アンコール・ワットをきずいたクメール王国のライバル、チャンパ王国
その聖地であるミーソンを訪れることは、僕の長年の念願であり、今回の旅のハイライトといえるものです。

ホイアンに着くとすぐに、旅行会社をさがしました。
ホイアンからミーソンまでは、タクシーをチャーターするにはちょっと距離があるので、ツアーに参加しようというのです。
ツアーぎらいの僕ですが、このさい仕方ありません。

すぐにトラベル・エージェンシーが見つかり、13万ドンで日帰りツアーに参加できることになりました。
日本円で700円ほどですから、これならツアーでも損ということはありません。

ツアー・バスは1時間半ほどで、ミーソン遺跡の入口に着きました。
いよいよミーソンだ、と思うと、ワクワクします。

ツアーガイドに、「ここからは一人で見たい」というと、快くOKしてくれました。
彼も、30人にもなるグループを一人で見きれるとは、思ってなかったんでしょう。
ツアーに参加しながら、自由行動ができるなんて、理想の形です。
集合時間の12時に遅れないことを確認して、いざ出発。


画像
すっ、すばらしい。
思い描いていた以上の景色が、そこにありました。

ちょうど雨が降ってきて、雨やどりする人が多く、遺跡にはほとんど観光客がいませんでした。
僕は雨をものともせず前進し、誰もいない景色をゲットしました。


画像
グループCの塔。
グループB、C、Dは、ほとんど一体となっています。


画像
雨にけむる遺跡、いいですねー。


画像
こちらはグループBの塔。
完全にかたむいちゃってます。


画像
窓にはまった連珠式の格子は、一時中米マヤとの関連が指摘されたこともありましたが・・・。


画像
言葉を失います。


画像
本当に美しいです。


画像
写真はグループGですが、雨がやんで、だんだんと人が増えてきました。
そろそろ退散の潮時でしょうか。


画像
石材が散乱したままの場所もあります。


画像
裏にまわると、朽ち果てた遺跡の雰囲気。


画像
帰りにグループHに寄りましたが、こちらは訪れる人もなく、見捨てられた雰囲気があってGOODでした。



この遺跡は大型バスでばんばん観光客が乗りつけてきて、雨があがるとほとんど見難いほどの混みようでした。
ベリーズのアルトゥン・ハ遺跡を思いだします。
そろそろ潮時と思い、バス乗り場にもどりました。

入口のバス乗り場ちかくには、ミーソン遺跡展示館があります。
このあと訪れるチャム彫刻博物館ほどではないですが、ミーソンの出土品がいくつか並べてあります。


画像
展示館の内部はこんな感じ。


画像
ヒンドゥー教の重要なファクター、ヨニ(女性器)とリンガ(男性器)の石像。


集合時間の12時になり、ふたたびツアー・バスに乗って、ホイアンの町にもどります。
結果的には、雨がふったことで誰もいない遺跡を見ることができ、LUCKYでした。


トラベル・エージェンシーのオフィスまでもどり、すぐとなりの食堂を昼食をとりました。
ホイアン名物だという、ホワイトローズと揚げワンタンを注文します。


画像
ホワイトローズ。
盛りつけのせいなのか、あんまりきれいじゃないですが・・・。


画像
揚げワンタンと奥はラルーエ・ビール。
ホワイトローズも揚げワンタンも、名物というわりにはあんまりおいしくありませんでした。
店の選択をまちがえたかもしれません。


今日はこのあと、やはり世界遺産である、ホイアン市内を観光します。
(その2に続きます)




【送料無料】 ベトナム 2016?2017年版 地球の歩き方 / 地球の歩き方 【全集・双書】
ローチケHMV 2号店
基本情報ジャンル実用・ホビーフォーマット全集・双書出版社ダイヤモンド・ビッグ社発売日2016年07月


楽天市場 by 【送料無料】 ベトナム 2016?2017年版 地球の歩き方 / 地球の歩き方 【全集・双書】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
体調が戻られて良かったですね。
観光名所であいにくの天候となると、「残念」と思いがちですが、観光客が少なくてゆっくりと見てまわれるというのはいいですね。
私もこれから、観光名所で天候が悪くなると良いように考えるようにしたいと思います。
OZMA
2017/02/19 13:40
OZMAさん、こんばんは。
僕もこれまでは、観光地でたいていは天気がよかったのですけれど、このときは念願のミーソンに行ったときに、ちょうど雨が降ってきてしまいました。
ですが、雨のおかげで人の少ない遺跡を見ることができ、ラッキーだったと思います。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/02/20 00:16
素敵ですね♪
人が群がってない写真が撮れて良かったですね
有名な観光地だと人だらけで残念ですもん
ハイライトの場所で恵みの雨になりましたね
体調も戻られたみたいで良かったです
とまる
2017/02/20 12:57
とまるさん、こんばんは。
まさにケガの功名で、人のいない写真が撮れたのはよかったです。
行く前はこの遺跡がそんなに有名な観光地とは思わなかったんですが、行ってみると人であふれかえってました。
おかげさまで、体調もすっかりよくなりました。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/02/22 19:32
東南アジアの石造りのかっちりした造りと、柔和な彫像
雨で汚れも流されて綺麗な画像に魅入ってしまいました。
つとつと
2017/03/04 17:44
つとつとさん、こんばんは。
いつもは旅先で雨はご遠慮したい、と思っているのですが、この日に限っては雨が降ってくれてラッキーでした。
おっしゃる通り、雨で埃も流されてますし、何より人が少ない遺跡が見られたのがよかったです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/03/06 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(4)−ミーソン 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる