旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『草間彌生展』を見てきました

<<   作成日時 : 2017/03/31 23:31   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 8

開催中の『草間彌生展』を見るため、六本木の新国立美術館へ行ってまいりました。

画像
会場では一部の作品をスマホで撮影することができます。

乃木坂の駅をおりてチケット売り場へと向かうと、チケットをもとめる人の長い列ができていました。
もっとも、同時に『ミュシャ展』も開催されていましたので、全員が草間さんを見にきたわけではないかもしれません。

画像
海外での評価も高い前衛芸術家。
新聞でこの展覧会がひらかれることを知り、前から楽しみにしていました。


画像
会場の外で水玉のカボチャがお出迎え。


画像
観客参加型の作品もあります。
四角い白い部屋にカラフルな水玉のシールを貼っていくという趣向。
僕が行ったころには、すっかり極彩色になっていました。


幼少のころから幻覚に悩まされていたという彼女。
水玉の幻覚から逃れるためにそれを描きとめたのが、絵を描きはじめたキッカケだとか。
そこから世界的な芸術家と認められるまでになるんですから、すごいですねー。


画像



画像
ビビッドな色づかいの花のオブジェは、間近で見るとすごい迫力があります。


画像



画像
圧巻なのが、今回130点が展示されている連作、『わが永遠の魂』。
とにかく圧倒されるほかありません。


現代美術は「とっつきにくい」とか「わけがわからない」といって敬遠する方も多いかと思いますが、草間さんのようなポピュラリティを獲得した現代芸術家の存在によって、少しでもそれに接する方が増えるのはよろこばしいことだと思います。

そもそも現代美術は「理解する」ものではなく、「感じる」ものです。
ですから、「あなたは本当にこの作品を理解しているのか」などという質問は愚問です。
今回の展覧会のような貴重な機会に、どんどん会場に足を運んでいただき、「感じて」ほしいと思います。


画像
会場はかなりの盛況でした。

『草間彌生展』は5月22日まで開催中です。



観覧日:2017年3月24日(金)



無限の網 [ 草間弥生 ]
楽天ブックス
草間彌生自伝 新潮文庫 草間弥生 新潮社発行年月:2012年04月 予約締切日:2012年03月26


楽天市場 by 無限の網 [ 草間弥生 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





やっぱり好きだ!草間彌生。 [ pen編集部 ]
楽天ブックス
Pen books pen編集部 CCCメディアハウス水玉 アーティスト 現代美術 発行年月:201


楽天市場 by やっぱり好きだ!草間彌生。 [ pen編集部 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
最近の草間人気、凄いものがありますね。
永遠の前衛でありながら、一般の人気も
獲得してる珍しい例だと思います。
子供の頃の幻覚を追求し続けるなんて、
いかにも芸術家らしいと思います。
ところで、私は以前、この方は樹木希林の
お姉さんかと思ってました。
yasuhiko
2017/04/01 13:46
こんにちは、いつもありがとうございます。
私も数年前に、瀬戸内海の直島を旅して、草間さんの大きなカボチャのオブジェを観てきましたが、その影響で直島が有名になりましたね。
OTSUKYON
2017/04/01 14:04
yasuhikoさん、こんばんは。
一般に前衛芸術家は一般の方にはアピールしないんですけれど、この方の場合は芸術性とポピュラリティを両立していますよね。
樹木希林さん、たしかに似ていますね(爆笑)。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/04/01 23:30
OTSUKYONさん、こんばんは。
直島に草間さんの大きなカボチャのオブジェがあるんですか。
これは行かなきゃいけないかもですね。
芸術で町おこしとは、なかなかすばらしい試みですね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/04/01 23:32
独特な世界が広がってますね
お伽の国みたいです

夢を見そうですね(笑)
とまる
2017/04/07 11:06
草間さんの作品、元気が出そう、観たいです。
写真撮れるのも嬉しいですね。
直島の大きなカボチャ、テレビで観ました。
発想がユニークで面白いと思いました。
直島はすぐには行けないからまず六本木ですかね。
かっちゃん
2017/04/07 22:14
とまるさん、こんばんは。
たしかに独特の世界がひろがっていました。
本当に夢に出てきそうです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/04/07 22:41
かっちゃんさん、こんばんは。
最近は日本でも、撮影可能な展覧会が増えていますね。
もっとも今回は、携帯・スマホでのみ撮影が可能だったんですけれど。
つい最近スマホにしたばかりだったので、ちょうどよかったです。
コメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/04/07 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
『草間彌生展』を見てきました 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる