旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡、大分・城と飲みテツの旅(5)−岡城、角牟礼城

<<   作成日時 : 2017/03/22 23:32   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 4

〈2017年3月14日(火)(その1)〉
今日はレンタカーを借り、大分県内の城をいくつかまわる予定です。
“飲みテツ”の趣旨からはちょっとずれますが、車でないと行けない城もあるし、気分転換にもなります。
朝8時半に日産レンタカー大分駅前店へ行き、車を受取りました。

昨日福岡から大分に来たデルガド君、今日はレンタカーで行動をともにする予定でした。
が、車に酔ったようで気分が悪くなってしまい、豊後竹田駅でおりてもらうことになりました。
(´・ω・`)


画像
豊後竹田駅はふんいきのある駅舎です。
僕も20年ほど前に最初に岡城に来たときには、列車でこの駅まで来て、あるいて城まで行ったものでした。

気をとりなおし、岡城へ向かいました。


画像
岡城入口です。
天守閣のない城で、入場料300円がかかるのはめずらしいのでは?
もちろん僕は、こうした天守閣のない城こそ城の醍醐味と思っているので、入場料徴収に賛成です。


画像
すぐに、山上とは思えない豪壮な石垣が見えてきます。


画像
眼下には絶景が。


画像
西の丸はかなりの広さがある曲輪。


画像
高度感のあるお城です。


画像
山上の要塞といったふんいき。


画像
西の丸ふきんから本丸方面を見やると、この城の要害っぷりがよくわかります、


画像
山上にこんな枡形虎口があるのは信じられません!


画像
本丸は西の丸にくらべるとやや小ぶりか。


画像
滝廉太郎像もあります。
『荒城の月』はこの城を舞台にしたものです。


画像
本丸下の石垣。




画像
チケット売り場で、100名城スタンプを押しました。

スタンプ達成状況・・・56/100
百名城達成状況・・・100/100

続いて僕は、次の目的地の角牟礼城へと、車をはしらせました。
角牟礼城はやはり山深いところにある山城で、大規模な石垣をもつことで知られています。

岡城から車で1時間半ほど。
角牟礼城の看板が見えてきました。


画像
角牟礼城入口。


画像
城跡にはのぼりがたっています。


画像
評判どおり、山上らしからぬ石垣をもつ城です。


画像
先日の熊本地震で被害を受けたものか、城跡では修復作業がおこなわれていました。


画像
本丸はそこそこの広さがあります。


画像
本丸下のあらあらしい石垣。


画像
こちらは展望所と呼ばれる地点からの景色。


画像
城内あちこちにこうした石仏が見られます。


画像
奥深い山中に突如としてあらわれる石垣の城です。





“飲みテツ”といいつつ、今回は鉄道にも乗らず、酒も飲んでいませんね。

(その2)では杵築城と日出城をおとずれます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
趣のある駅舎ですね
ご友人はお気の毒でした

私は電車でも酔ったことがあるので、絶対に乗り物酔いの薬を飲みます
車を自分で運転するときは飲みませんけどね

石垣。。。素敵です♪

次に行く杵築城は、私も行きました♪
4月に訪れる所の1つは家ニスタさんは3回行かれてるようです
旅行記は、かなり先になりそうですが。。。
旅先で今日の1枚でアップしたいと思います
お楽しみに(笑)
とまる
2017/03/30 23:04
とまるさん、こんばんは。
僕も友人に、酔い止めを飲むようにすすめるべきでした。
岡城も角牟礼城も、山の上にもかかわらずりっぱな石垣の残っているところでした。
旅行記楽しみにしています。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/03/30 23:32
岡城スタンプGETおめでとうございます。
何とも趣深いお城ですね。
滝廉太郎もこの城を見ながら「荒城の月」を作ったのですね。
OZMA
2017/03/31 07:36
OZMAさん、こんばんは。
岡城本当に趣深い城です。
滝廉太郎が行ったころには、本当に荒れ果てた城だったようですが、今はきれいに整備されています。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/04/01 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
福岡、大分・城と飲みテツの旅(5)−岡城、角牟礼城 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる