旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 信州の城めぐり(4)−竜ケ崎城、高遠城

<<   作成日時 : 2017/05/19 23:26   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 10

〈2017年5月3日(水)(その1)〉
長野入りして3日め。
今日は旅行最終日です。

朝6時半からホテルにて朝食。
8時すこし前に車に乗り、今日の最初の目的地、竜ケ崎城をめざします。

途中、国道153号で渋滞にまきこまれましたが、意外と早く解消し、ぶじに城のふもとに着くことができました。
「城山登山口」の看板をたよりにのぼっていきます。


画像
石灯籠のたちならぶエリアを抜けて、のぼっていきます。


画像
途中、焼け焦げたあとに遭遇しました。
山火事でしょうか。


画像
30分ほどののぼりで、主郭下の虎口にたどりつきます。


画像
そこそこの広さのある主郭。


画像
主郭からの景色です。

景色はたいへんよかったのですが、今日はこのあと2城をまわる予定のため、そそくさと下山しました。

画像
ふもとでは水仙が咲いていました。

次の目的地、高遠城に向けて車を走らせていると、ロードサイドの大衆食堂に、
ローメンあります」の文字が。
うんっ?! ローメンとは何ぞや?

さっそくゴルド君にスマホで調べてもらうと、ローメンとは炒肉麺(チャーローメン)の略で、この伊那地方のソウルフードだそう。
炒めた中華麺に、ヒツジ肉と野菜がのっているのだとか。
うーん、それはうまそう。

地域地域のグルメを食べることを信条としている家ニスタ、伊那まで来てローメンを食べないわけにはいきますまい。
四万路(すまろ)という店に入り、僕はマトンのローメンを、ゴルド君はローメンとソースかつ丼のセットをたのみました。

聞けば、ソースかつ丼もこの伊那地方が発祥の地だとか。
伊那地方の人って、イノベーターだったんですねー。
ローメンは豚肉のものもあるようですが、伊那まで来たらやはりここはマトンでしょう。


画像
やがてローメンが運ばれてきました。
初めて食するローメンはちょっとクセがあり、ヒツジ肉が苦手な人にとってはツラいかもしれません。
でもヒツジ肉大好きな僕、おいしくいただきました。

満腹になったところで、ふたたび高遠城をめざします。


画像
カーナビの指示のとおりに行くと、高遠町歴史博物館に着きました。
たしかここで、100名城スタンプが押せるはずです。
ちょうどよかった。


画像
さっそくスタンプを押しました。
スタンプ達成状況・・・57/100
100名城達成状況・・・100/100
長野の100名城で、まだスタンプを押してないのはここだけでした。


画像
しかしこの博物館、あまりめぼしい陳列品がなく、見るものといっては写真の山車ぐらいしかありません。
まあ、旧町立の小ぢんまりとした博物館、しかたないといえばしかたないのですが・・・。


画像
博物館前では、まだ八重桜が満開でした。


画像
可憐な花です。


画像
南ゲートから、高遠城の中へと入っていきます。
写真は法憧院曲輪。


画像
本丸には新城・藤原神社が鎮座しています。


画像
復元された太鼓櫓。


画像
こちらは城内に残る唯一の建造物、問屋門です。


画像
本丸と二の丸の間の深い堀切。
規模の大きな空堀は、この城の最大の見どころです。


画像
“天下第一桜”の碑もたっています。
あいにくと城内の桜はほとんど散ってしまっていますが。


画像
ゲートの近くにあった売店で、“おやき”を買いました。
これも長野のソウルフードですね。
小豆入りと野沢菜入りがあるようでしたが、ここは野沢菜でしょう。

(その2)に続きます。




長野の山城ベスト50を歩く [ 河西克造 ]
楽天ブックス
河西克造 三島正之 サンライズ出版(彦根)ナガノ ノ ヤマジロ ベスト ゴジュウ オ アルク カサイ


楽天市場 by 長野の山城ベスト50を歩く [ 河西克造 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい見晴らしの山城、
竜ケ崎城。せっかく上ったのに、
すぐ下山というのは少し辛いですね。
高遠城の有名な高遠桜は散ってしまっても、
八重桜に出合えたのは何よりです。
伊那地方のソウルフード、ローメン!
マトンを使うから、引揚者が伝えたのか??
食のルーツって面白いですね。
yasuhiko
2017/05/20 17:23
yasuhikoさん、こんにちは。
すぐに下山、といっても、実際にはそこそこの時間景色をながめていたので、それほど残念感はありません。
実は天下一桜の満開時期にぶつからなくて、ちょっとほっとしています。
道は渋滞、駐車場はなく、城内は人でごったがえす、という状態になるのは目に見えていますから。
その中で八重桜が見れたのはよかったです。
ローメンの由来によると、このあたりは牧場が多く、羊肉を利用しようとしたのがはじまりみたいですね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/05/20 17:59
主郭からの眺めは気持ち良いです
水仙や八重桜も綺麗ですね
最後から3枚目の空堀の風景が素敵です

ローメンは食べれそうにないけど。。。
野沢菜のおやきは好きです(笑)
とまる
2017/05/20 23:38
とまるさん、おはようございます。
空堀の写真に反応していただき、ありがとうございます。
とまるさんも城跡好きになりかけてますでしょうか?(笑)
ローメンはぜひ食べていただきたいのですが・・・。
ヒツジ肉が苦手ですか? 豚肉のものもありますよ。
野沢菜のおやきは本当においしいです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/05/21 11:27
私も昨年高遠城に行きました。桜の花見にでごった返していました。今はとっても落ち着いた雰囲気ですね。八重桜が迎えてくれてよかったですね。
高遠町歴史博物館の近くには絵島囲み屋敷の再現がありましたよね。興味深く眺めたのを覚えています。
ミクミティ
2017/05/21 21:33
ミクミティさん、こんばんは。
高遠城に行かれたんですね。
僕の行ったときは幸い(?)桜は咲いておらず、落ちついた雰囲気の中で見学できました。
その中で、博物館前に八重桜が残っていたのはよかったです。
実は絵島囲み屋敷を見のがしてしまいました。
今度行くときは気をつけなくてはなりませんね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/05/21 22:44
ローメンは一度食べましたが、僕は大丈夫、おいしくいただきました^O^ でも、メインのソースカツどんはまだ食べたことがないんですよ^^;
高遠城の大堀切、確かに見ごたえありますねえ@@
上に架かってる橋もまわりにあってよいふんいきですねえ@@
つとつと
2017/05/26 07:27
高遠城スタンプGET、並びに100名城制覇おめでとうございます。
家ニスタさんは、クルマでスタンプ設置場所の歴史博物館まで行かれたのですか?
私の時は遠く離れた駐車場へツアーバスが着いたので、スタンプをGETするまでが大変でした。
また、歴史博物館から城へ戻るときの階段もヒーヒー言いながら登りました><
OZMA
2017/05/26 15:32
つとつとさん、こんばんは。
ローメン、僕も羊肉好きなんで大丈夫です。
高遠城の空堀は本当に規模の大きなものでした。
現地案内板に、信長軍3万に対し籠城軍3千でたたかって1日で落ちた、ようなことが書いてありましたが、この堅固な城に3千でこもって1日で落ちることはないと思います。
おそらく数百しかいなかったんじゃないでしょうか。
いくら仁科盛信でも、下っぱの兵の逃亡まで防げたとは思えませんから。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/05/26 22:45
OZMAさん、こんばんは。
僕たちはカーナビの指示にしたがって行ったら、いつのまにか歴史博物館まで誘導されてしまいました。
そこから城までもちょっと階段をのぼるだけだったので、博物館に停めてよかったと思います。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/05/26 22:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
信州の城めぐり(4)−竜ケ崎城、高遠城 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる