旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『RIZIN−』夏の陣−を見てきました

<<   作成日時 : 2017/07/31 23:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 2

〈2017年7月30日(日)〉
総合格闘技大会RIZIN(ライジン)−夏の陣ーを見るため、さいたまスーパーアリーナへ行ってきました。

画像
ここ2年ほど、大みそかの格闘技イベントとして、じょじょに一般の人にも認知されつつあるライジン。
年末以外の時期にも定期的に開催されるようになり、大会の体裁がととのいつつあるのは、ファンとしてうれしいかぎり。
僕も去年の12月29日に引き続き、格闘技のナマ観戦は2回めとなりました。

ただ、今回の大会の正式名称はRIZIN Fighting World GP 2017バンタム級トーナメント1st Round−夏の陣−と長ったらしいのですが、なんとかならないですかね?
RIZIN5とかRIZIN12とか、UFCやプライドみたいなナンバー表記のほうがわかりやすいと思うのですが。
全部の試合がトーナメントの1回戦というわけじゃないですし。


さて、今日の僕の注目は、両方ジョシカクなのですが、山本美憂選手の試合と、KINGレイナ選手の試合です。

山本美憂選手はここで説明するまでもないレスリング・レジェンドですが、オリンピックの出場機会にはめぐまれず、昨年総合に転向。
しかし今のところ結果が伴っておらず、RIZINで出場した試合では目下2連敗。
本来のポテンシャルを活かし、総合初勝利をあげられるかどうかに、注目が集まっています。

いっぽうのKINGレイナ選手。
今ジョシカク最強といわれているシュートのRENA選手ではなく、重量級のほうのレイナです。
重量級とはいっても、160p74sぐらいのサイズでしかなく、今後このクラスでやっていくのには、少々辛い面もあるかも。
いずれにせよ、ふてぶてしい態度とビッグマウスで注目を集めている彼女。
その大口に見合った結果が出せるのか、見ものです。


画像
半年ぶりのさいたまスーパーアリーナ。


画像
今日も多くの人が集まっているようです。


画像
生ビールを飲みつつ、試合開始を待ちます。


画像
会場がうす暗くなると、まもなく開始です。


画像
まずは出場選手せいぞろい。


画像
第2試合では、真珠・野沢オークライヤー選手が登場。
野沢直子の娘、と聞いた瞬間に僕らの世代は目が点になってしまいますが、イロモノのように見えて実は本格派。


画像
打撃で終始圧倒しての勝利でした。


第5試合は、いよいよキャシー・ロブ選手対山本美憂選手。

画像
美憂選手、息子のアーセン選手らを引きつれての入場。


画像
するどい打撃をうちこむ美憂選手。


画像
グラウンドでも美憂選手が圧倒。

3ラウンドまでもつれたこの試合、明らかにポイントでは美憂選手がリードしていましたが、僕はハラハラしながら見ていました。
将棋マンガ『3月のライオン』に、
「将棋では、勝っているほうが大きく憔悴する。決して読み間違えをしないように、全神経を集中して読み続けるからだ」
てなセリフがありましたが、このときの美憂選手がそんな感じでした。

どんなにポイントでリードしていても、一瞬の気のゆるみが即逆転負けにつながってしまうのが、総合のこわいところ。
しかしこの試合での美憂選手は、決して読み間違えをせず、最後まで有利な体勢で試合を終えました。


画像
試合終了と同時に、よろこびを爆発させる山本ファミリー。


画像
判定は、もちろん3−0で美憂選手の圧勝。
いやあ、山本美憂選手、総合初勝利おめでとうございます!
同じ中年の星として、これからもがんばってほしいですね。


第6試合は、注目の北岡悟選手対矢地祐介選手の好カード。

画像
のぼり調子の矢地選手、くせ者の北岡選手にどう対抗するのか。


画像
結果は矢地選手の衝撃のKO勝利。
いきおいを感じさせる勝ち方でした。
試合後のマイクアピールで、クロン・グレーシー選手との対戦を要求した矢地選手でしたが、まだちょっと早いかなあ?という印象。
でもこのいきおいなら、なんとかなってしまうかも、という期待を抱かせる選手ではあります。


20分の休憩をはさんで、いよいよ大会は後半戦に突入していきます。

休憩後しょっぱなの第7試合は、那須川天心選手対雑賀紀左衛門選手。
画像
天心選手の入場。
18才にしてすでに風格があります。


画像
あっけなくカタがついた試合は、もちろん天心選手のKO勝利。
正直、紀左衛門選手が天心選手に勝てるわけはないので、これはミスマッチといえるかもしれません。


画像
肩ぐるまで勝利をアピール。
今後どれだけ強くなるのか、本当に楽しみな選手です。


お次はついに、KINGレイナ選手対レイディ・タパ選手の一戦。
自分よりかなり大きなタパ選手を前に、レイナ選手がどんな戦いを見せるか。

画像
KINGレイナ選手の入場。
これだけ憎々しげな態度をとっているのに、なぜかヒールにならないのが彼女のすごいところ。


画像
リーチが短いながらも、堂々と打撃でわたりあうレイナ選手。
ただ大ぶりのフックは、隙も多く見え、ちょっとハラハラさせられます。


画像
グラウンドではレイナ選手が優勢か。

3ラウンドの最後に、腕十字を決めかける場面がありましたが、ゴングにより試合終了。
判定にもちこまれます。


画像
結果は3−0でレイナ選手の危なげない勝利。
この流れでいくと次はギャビ・ガルシアということになるんでしょうが、心配な気もしますが見てみたいですね。


最後は堀口恭司選手対所英男選手のメインイベント。

UFCでタイトル戦まで戦った“現役メジャーリーガー”の堀口選手。
ライジンに電撃参戦するや、またたく間に看板選手になりましたが、それも当然、実力がアタマ一つとびぬけている感はあります。

対する所選手は現在39才のベテラン。
いつまでも“戦うフリーター”と呼ばれているのはかわいそうだなあ、と思っていたら、今は“逆境ファイター”というキャッチフレーズなんですね。

圧倒的に堀口選手有利といわれている下馬評ですが、予測のつかない動きで数々の勝利をものにしてきた所選手が、奇跡を起こせるか、に注目が集まっています。


画像
不利が予想される所選手もけっして後ろにさがらず、前へと踏みこんでいきます。


画像
しかし積極姿勢が裏目に出たのか、あっさりと堀口選手のKO勝利。


画像
堂々としたマイクアピール。


画像
さいごは選手たちがリング上にせいぞろいし、高田総裁からあいさつ。
いやあ、面白かった。


格闘技を見にくるのは2回目でしたが、いい試合が多く、楽しめました。
とくに今回はノックアウト勝利が多かった印象がありますね。

MMAの醍醐味は寝技とは思いますが、遠くの席で見ていると、派手なKO決着のほうが印象に残るのも事実。
今回はその意味でも見に来てよかったです。

また機会があったら。格闘技を見に来たいと思います。
それでは。




RIZIN FIGHTING GRAND PRIX 2015 さいたま3DAYS/SARABAの宴・IZAの舞 [ RIZIN FIGHTING FEDERATION ]
楽天ブックス
RIZIN FIGHTING FEDERATION 高阪剛 ジェームス・トンプソン【VDCP_700


楽天市場 by RIZIN FIGHTING GRAND PRIX 2015 さいたま3DAYS/SARABAの宴・IZAの舞 [ RIZIN FIGHTING FEDERATION ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TV中継もやっていたけど用事で観られず。。所選手が負けた所だけ見てました^^;
つとつと
2017/08/13 02:47
つとつとさん、おはようございます。
総合格闘技も一時の不遇の時代が過ぎて、毎回TV中継されるようになりましたね。
僕も心中所選手を応援する部分はあったので、あのKO負けは衝撃的でした。
まあ、相手が堀口選手なので、順当とはいえるのですが・・・。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/08/13 10:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
『RIZIN−』夏の陣−を見てきました 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる