旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北一周!城と飲みテツの旅(9)−根城〜八戸城

<<   作成日時 : 2017/08/10 23:38   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 6

〈2017年7月27日(木)(その2)〉
八戸駅から市中心部行きのバスに乗り、15分ほどで根城(博物館前)バス停につきます。
ここから根城(ねじょう)はすぐです。

画像
かつて八戸城にあったという門がたっています。
もともとは根城にあったものを、八戸城に移築したものといわれています。


画像
門の向こう側がすぐに規模の大きな空堀。


画像
中館と呼ばれる曲輪には、四阿(あずまや)がたっています。


画像
本丸ではいくつかの建物が復元されています。


画像
そのうちのひとつ、主殿内部。
人形を使って、南部氏の正月の行事が再現されています。


画像
主殿の内部です。


画像
中馬屋には馬の模型が置かれています。


画像
復元された建物のひとつ、工房。


画像
工房の内部です。
武器や鎧などの製作や修理をおこなっていたということです。

ほかにも、鍛冶工房や板蔵などが復元されています。


画像
かなりの広さをもつ城跡です。

ところで、こうして根城の中を歩いていて、この城もやはり群郭式の構造をしていることに気づきました。
群郭式、北東北ではあちこちに分布しているようです。




画像
根城跡のすぐとなりが、八戸市博物館です。
博物館の前には南部師行の像がたっています。


画像
小ぶりながら充実した博物館。


画像
縄文時代の甕棺墓の展示。


画像
縄文時代の家族のジオラマ。


画像
南部氏伝来の鎧。


画像
根城本丸の復元模型。


画像
博物館で100名城スタンプを押しました。


画像
根城からふたたびバスに乗って八戸駅へともどり、こんどは八戸線に乗って本八戸に向かいます。
写真はキハ40形。

本八戸は今夜の宿泊地ですので、まずはホテルに荷物を置き、徒歩5分ほどの八戸城へ行きます。


画像
駅の南にある三八城公園が、かつての八戸城の跡。


画像
こちらの城跡には南部直房像がたっていました。



いったんホテルに荷物を置き、夜の八戸の街へとくりだします。
八戸駅前でなく、本八戸駅前に宿をとるメリットは、八戸中心街と歓楽街が近いこと。
駅から徒歩10分ほどの、大衆酒場金魚に行きました。

画像
まずは生ビールでカンパイ。


画像
炙りしめ鯖。


画像
手前・いか納豆、奥・ほや刺。
ほやはこの辺の名物みたいですが、独特な苦みが酒呑みにはたまらない一品ですよね。


画像
日本酒に移行。
陸奥八仙ピンクラベル吟醸無濾過生詰を飲みました。

うーん、フルーティ!
口に含んだ瞬間にさわやかな香りがあふれ、日本酒のフレッシュさとしっかりとした飲みごたえを感じられる、本当においしい酒です。
こうした出会いが飲みテツの醍醐味。


画像
素朴でかざらない、親しみやすい店内。

今日は3つの城をめぐり、飲みテツも堪能することができて、満足です。


この日の泊まりはホテル・セレクトイン本八戸駅前でした。
標準的なビジネスホテルですが、室内は清潔で値段はリーズナブル。


明日は盛岡に向かいます。




根城跡 (日本の遺跡) [ 佐々木浩一 ]
楽天ブックス
日本の遺跡 佐々木浩一 同成社ネジョウ アト ササキ,コウイチ 発行年月:2007年02月 ページ数


楽天市場 by 根城跡 (日本の遺跡) [ 佐々木浩一 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ホテル セレクトイン本八戸駅前
楽天トラベル
!JR本八戸駅目の前! 無料駐車場完備で学生団体歓迎^^ ★直前予約でポイント10倍チャンス★


楽天市場 by ホテル セレクトイン本八戸駅前 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
根城、確かに広いです。
南部氏の居城(支城?)ですか。
家事工房や厩まで復元されてるのに
驚きました。東北一周の旅も、
ずい分北までやって来ましたね。
yasuhiko
2017/08/12 14:05
yasuhikoさん、おはようございます。
根城は三戸南部氏とは別系統の八戸南部氏の本拠になりますので、いちおう支城ではなく本城ということになります。
工房や馬屋もきれいに復元されていましたね。
本当にここまで来ると、北の果て(失礼)に来たという感じがします。
もうすぐ旅も終わりです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/08/13 10:20
ここまで大きいと、各郭が独立した集落に思えてきますねえ
つとつと
2017/08/18 01:44
つとつとさん、こんばんは。
そうなんです、僕もこの城が群郭式であることは、行ってから初めて気づいたんですが、ひとつひとつの曲輪がひとつの城と呼んでいい規模です。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/08/22 22:49
根城、スタンプGET、おめでとうございます。
東北のお城は未訪なので、しっかりと予習ができました。
東北はお酒も美味しそうですね。
今後、訪れるの楽しみです。
OZMA
2017/09/01 15:39
OZMAさん、こんばんは。
根城はすばらしいお城ですので、ぜひ一度訪問なさってみてください。
東北はいい城はあるし、お酒もおいしいですし、旅していて楽しいところです。
OZMAさんの記事をお待ちしています。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/09/01 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
東北一周!城と飲みテツの旅(9)−根城〜八戸城 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる