旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ボストン美術館の至宝』展を見てきました

<<   作成日時 : 2017/09/23 23:24   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 6

開催中の『ボストン美術館の至宝』展を見るため、上野の東京都美術館へ行ってまいりました。
これまた会期終了間近のご紹介ですいません。

画像
僕はこの展覧会、古代エジプト関連の展示物があったのと、ゴッホの絵がいくつか来ていたので、行ってくることにしました。

最初のコーナー、古代エジプト美術では、『ツタンカーメン王頭部』や『メンカウラー王頭部』といった逸品をはじめ、貴重な品が来日しています。
しかし、いかんせん品目も少なく、展示スペースも狭い・・・というのは、古代エジプト好きの僕だけが抱いた感想でしょうか。
本場のボストン美術館には充実したエジプト美術のコレクションがあるとのことで、いつか機会があったら行ってみたいですね。

続いては中国美術や日本美術のコーナー。
なかでも英一蝶の巨大な『涅槃図』には、感銘をうけました。
緻密な作品は細かく見ていくといくつもの発見があります。
動物たちまで釈迦の入寂を惜しんであつまってきているのは、ほほえましい。


続く第2部はヨーロッパ絵画というくくりですが、ここは実質的には印象派のコーナー。
モネやドガ、ルノワールといったおなじみの作家の作品がならびます。
印象派がまだマイナーだったころから買い集めていた、ボストンの慧眼には脱帽。

なかでも圧巻はやはりゴッホによるルーラン夫妻の肖像で、これはまさしく傑作と思います。
夫妻の肖像はそれぞれが対照的な色合いで描かれており、それが2つ並べて展示されたときに、みごとな調和感を出しています。


第3部はアメリカ絵画なのですが、20世紀に入ってからのオキーフの絵画などには面白いものがあったものの、18〜19世紀のアメリカ絵画は僕にとってはまったく退屈なものに思われました。
こうした『〜〜美術館』というくくりの展覧会の場合、あまり自分に興味のない作品もいっしょに見せられてしまう、という問題はあります。

最後の第4部が現代絵画のコーナーになります。
村上隆さんの作品まで収集しているというあたり、ボストン美術館の懐の深さがうかがえます。


この美術展は古代エジプトから村上隆まで、あまりにバリエーション豊かな作品を集めたため、全体としてまとまりのない印象を受けます。
また個人的な感想ですが、来日している作品のすべてが傑作というわけではなく、玉石混交といった感じです。
それでも、いくつかの作品はたいへん興味ぶかいですし、真のマスターピースといえる作品も来ていると思います。

パンフレットを見てぴぴっとくる作品があった方は、ぜひ足を運んでみられるといいと思います。
東京都美術館での開催は10月9日までです。


画像
上野公園にたてられた看板。


画像
東京都美術館です。


画像
東京都美術館のシンボル、球体の鏡のオブジェに向けてカメラをかまえるワタクシ。


画像
作品の撮影は不可ですが、記念撮影のできるコーナーがあります。



〈観覧日:2017年8月4日(金)〉




もっと知りたいゴッホ 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション) [ 圀府寺司 ]
楽天ブックス
生涯と作品 アート・ビギナーズ・コレクション 圀府寺司 東京美術モット シリタイ ゴッホ コウデラ,


楽天市場 by もっと知りたいゴッホ 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション) [ 圀府寺司 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど  ご紹介ありがとうございます

今週の火曜日に行くことになりました

わたしには作品について ほほ〜っと見つめるくらいしかできませんが 何事も見てみないと と 思い足を運んでます

で〜帰りは やはり 何かしらを食して 満腹帰宅となるのです><
メミコ
2017/09/24 09:42
メミコさん、こんばんは。
こんな記事でご参考になるかはわかりませんが・・・。
たしかに何事も見てみないとですよね。
僕もそう思い、博物館や美術館、音楽のライブ、スポーツの試合、なんでも実際に見てみるようにしています。
美術館のあとに食事なんて、最高じゃないですか。
至福のひとときですよね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/09/24 23:06
昨日行ってきました  まずまずの混みようでした

わたしは センカアマニスケンの彫像と涅槃図 水連とニューヨーク港  そして郵便配達人&ルーラン婦人が好きです

運慶展も始まり 上野のお山は賑わってました

ご紹介ブログ ありがとうございます
メミコ
2017/09/27 09:42
里帰りの英一蝶が評判いいですね。
えっ、ボストン美術館展で?
と最初は思いましたが、よく考えれば、
あそこの日本美術は逸品ばかり。
昔々、同美術館所蔵の平治物語絵巻を観て、
心動かされた事を思い出しました。
yasuhiko
2017/09/27 22:54
メミコさん、こんばんは。
行ってこられたんですね。
ゴッホのルーラン夫妻、よかったですね。
涅槃図も評判が良いようです。
日本にいて海外の美術館の逸品が見られるというのは、幸せなことですね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/09/28 22:36
yasuhikoさん、こんばんは。
涅槃図には僕も感銘を受けました。
ボストンの日本美術のコレクションは有名なのですか?
明治期に浮世絵をはじめ日本美術の名品の多くが散逸してしまったのは残念なことですが、こうして里帰りしたものを見られるとうれしいですね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/09/28 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ボストン美術館の至宝』展を見てきました 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる