旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡山&山陰・城と飲みテツの旅(7)−木次線−宍道〜備後落合

<<   作成日時 : 2018/01/04 23:41   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 2

そろそろ仕事はじめという方もおられると思いますが、皆さま3が日はいかがお過ごしになりましたでしょうか。
僕は1月2日はテレビにくぎづけになりました。
ラグビー大学選手権準決勝で、母校メイジが大東文化大を破るすがたに、ひとり興奮して大さわぎしていました。

今回、強力外国人をようする大東大にたいしては分が悪いと思い、秩父宮のチケットをとっていませんでした。
それが、フタをあけてみれば副将のCTB梶村や快速WTB山村の大活躍で快勝。
いやー、こんなことなら行っときゃよかったい。

それにしても、一年生のときから大器、大器といわれ続けてきた梶村。
ようやく最上級生になって力を発揮してくれるようになりました。
このいきおいで、決勝でもにっくき帝京をうちやぶってほしいですねー。

あ、ひとりでテンション高くなってしまいすいません。
それでは、岡山旅行記の連載にもどりましょう。


〈2017年12月29日(金)(その1)〉

画像
ホテル・アルファ―ワン出雲のビュッフェ朝食。
なかなかのボリュームです。
今日の出発は朝早くないので、ホテルでゆっくりと朝食をとることができました。


画像
ホテルの部屋からの景色。
特急やくもが走っているのが見えます。


画像
出雲市駅にキハ126系がやってきます。
ここから3駅、宍道駅まで行きます。


画像
宍道駅でおり、5分ほど歩くと、宍道湖が見えます。


画像
宍道駅停車中の木次線キハ120形。

今回、三江線とともにどうしても乗っておきたかったのが、この木次線(きすきせん)でした。
日本でもっとも乗車客数がすくないといわれ、廃線が決まった三江線ですが、じつは木次線の状況も似たりよったり。
三江線の次、といえば木次線になる危険性はたかいといわざるを得ません。
というわけで、万が一廃線になるとしてもその前に乗っておこうと、今回の旅行の目的のひとつにしていたのです。

宍道湖ちかくのコンビニで買いこんでおいた弁当を手に、木次線に乗りこみます。


画像
車窓の風景。


画像
三江線に負けずおとらず、風光明媚な路線です。


画像
途中、出雲横田駅で18分ほど停車。


画像
出雲横田駅。


画像
スイッチバックで有名な出雲坂根駅にも、しばらく停車します。
この駅は標高564メートル。
となりの三井野原駅は標高726メートルで、JR西日本管内でもっとも高所にある駅だそうです。


画像
出雲坂根駅ちかくにある、延命水
遠くからわざわざくみにくる人もいるそう。


画像
駅の周辺には雪がつもっています。


画像
出雲坂根駅停車中のキハ120。
やがて列車は、来た方向へもどるような形でうごきだします。
スイッチバックの開始です。
さらにもう1度方向転換があり、3段スイッチバックの完成。

かつて木次線には、優等列車として急行が走っていましたが、このスイッチバックのせいで非常に遅い列車だったのだとか。


画像
スイッチバックが終わってからすぐ、車窓におろちループが見えてきます。


画像
こちらは三井野大橋。


画像
車窓の景色もすっかりまっ白です。

列車が備後落合駅にすべりこみ、3時間20分の長い旅が終わります。
スイッチバックや西日本最高所の駅など、いろいろ見どころがあって、楽しい路線でした。
三江線に負けない車窓風景も見れましたし。

三江線が永遠に失われることが確定してしまった現在、木次線までも失ってしまうことがないよう、われわれ鉄道ファンは最大限乗り続けていかなきゃいけませんね。
僕も家から遠いので、そう頻繁には来られないですが、できる限り乗ろうと思います。

〈(その2)に続きます〉




前方展望シリーズ 木次線 宍道?備後落合【Blu-ray】 [ (鉄道) ]
楽天ブックス
(鉄道) ※本商品はBluーrayDisc Videoになります。DVDではありません。ゼンポウテン


楽天市場 by 前方展望シリーズ 木次線 宍道?備後落合【Blu-ray】 [ (鉄道) ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な風景に趣のある駅舎ですね

ツアーの観光などで列車を上手く利用できれば良いのになぁって思います
とまる
2018/01/08 10:35
とまるさん、こんばんは。
この木次線も、三江線におとらぬ風光明媚な路線でした。
趣きのある駅舎も多いです。
しかし木次線は極端に本数が少なく、ツアーなどで列車を利用するのは非常に難しそうです。
本数が少ない分、臨時列車などを走らせる余地はあるかもしれませんが・・・。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/01/09 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡山&山陰・城と飲みテツの旅(7)−木次線−宍道〜備後落合 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる