旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡山&山陰・城と飲みテツの旅(10)−猿掛城

<<   作成日時 : 2018/01/12 23:22   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 6

〈2017年12月30日(土)(その2)〉
岡山駅から伯備線に乗った僕は清音駅でおり、井原鉄道に乗りかえました。

画像
清音駅到着の115系湘南色。


画像
清音駅停車中の井原鉄道IRT355形です。
この鉄道に乗るのははじめてです。


画像
車窓の風景。
こちらの鉄道も、なかなかのどかな景色のなかを走ります。

三谷駅でおり、10分ほど歩くと、猿掛城ののぼり口に着きます。


画像
猿掛城遠景。
この城は秀吉の高松城水攻めのときに、敵方の毛利輝元が本陣をおいたところだそうです。


画像
猿掛城入口にある地蔵(?)。
ここから、けっこうけわしい道をのぼっていきます。


画像
登山道の横には羊歯がおいしげり、まるで太古かと見まごうような雰囲気。


画像
城の中心部は階段状に造成されています。
写真は三の郭下の切岸と四の郭。


画像
わずかにのこる石垣状遺構。


画像
本郭です。


画像
本郭の周囲には土塁がめぐらされています。


画像
本郭ふきんからの景色。

この城はけっこうのぼるのは大変ですが、山頂には予想をうわまわる規模の曲輪群がのこっており、なかなか見ごたえがありました。



猿掛城をあとにし、三谷駅へともどります。


画像
三谷駅は高架駅になっています。
さて、最初僕はここから清音経由で岡山にもどるつもりでいました。
しかし、井原鉄道に乗るチャンスというのもそうそうあるわけではなく、ここは神辺まで、井原鉄道を完乗したほうがいいのでは、と思いなおしました。
というわけで、15:26発の神辺行きに乗ることにしました。
神辺から福山経由で岡山までもどる計画です。


画像
三谷駅に列車がやってきます。


画像
車窓の風景。
僕の乗った列車の影がうつっています。


画像
神辺駅到着のIRT355。
ぶじ井原鉄道完乗です。
僕の鉄道地図も、どんどん塗りつぶされています。

ここからJR福塩線に乗って3駅、福山駅まで行きます。

福山駅で浜吉さんの駅弁『かきめし』をGETしました!
岡山のホテルで食べようっと。


画像
福山駅に115系がやってきます。


画像
岡山駅到着。
さいしょ考えていた、清音経由で岡山にもどってくるのと、それほど変わらない時間でもどってこれました。


画像
ホテルにもどって、すぐに駅弁のつつみをあけます。
去年広島駅で買って、とってもおいしかった“かきめし”、今年も手に入れることができました!

うーん、ウマい!
個人的に今まで食べたなかでは、西日本ナンバーワンの駅弁と思っています。
三原の駅弁屋、浜吉さん、たこめしなども作っており、山陽線の旅では欠かせない弁当屋さんですね。


画像
いっしょに飲んだのは、岡山駅のセブンイレブンで買った喜平純米酒。

今日は岡山市内の城跡2つを見ることができ、好きな駅弁の『かきめし』も食べることができて、よかったです。
明日は旅行最終日です。




小学館 名城をゆく 29 岡山城
朗読社楽天市場店
この商品のほかの号はこちら 隔週刊 名城をゆく 29 岡山城 価格648円(税込)発売日2016/4


楽天市場 by 小学館 名城をゆく 29 岡山城 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
猿掛城は、山の麓をお濠のように
川が流れてるんですか。
城を築くにはいい地形だったんでしょうね。
毛利輝元の名を聞くと、大河ドラマで
お馴染み、戦国時代の歴史のエピソードが、
色々と思い出されて来ます。
yasuhiko
2018/01/13 11:35
yasuhikoさん、こんばんは。
ちょうど山の麓に川が流れていて、本当に城適地だと思います。
岡山は戦国史華やかな場所なので、毛利輝元、宇喜多直家など、名の知られた登場人物が出てきますよね。
大河ドラマでもおなじみですね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/01/13 23:04
本郭ふきんからの景色は素敵ですね
絵のようです

途中で計画変更ですね
鉄道地図を塗りつぶすと達成感がありそうですね

充実した1日になったようですね
とまる
2018/01/14 01:31
とまるさん、おはようございます。
この城は山頂からの眺望がたいへん良かったです。
木がおいしげったりして、結構見通しのきかない城もありますのでね。
まだまだ全国の鉄道地図を塗りつぶすまでにはいかないんですけれど、今回は中国地方でだいぶ前進しました。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/01/14 11:19
猿掛城、思い出しました。行ったことはありませんが。
結構な山城なのですね。
ここから毛利はどうして秀吉を追走しなかったか。
様々な想像が広がりますね。
ミクミティ
2018/01/14 14:25
ミクミティさん、こんばんは。
猿掛城は結構な山城でした。
どうして追撃しなかったんでしょうねー。
隆景はその後のことまで、いろいろと考えていたのかもしれません。
謎は残りますね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/01/15 22:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡山&山陰・城と飲みテツの旅(10)−猿掛城 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる