旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北区飛鳥山博物館へ行ってきました

<<   作成日時 : 2018/06/19 22:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 6

現在、学芸員の資格を取るため、科目履修生として明治大学に通っている僕。
この日は授業の一環として、北区飛鳥山博物館を訪れました。
今まで、何度か訪れたことのあるこの博物館ですが、今日は特別に館の裏側まで見せていただけるということで、楽しみです。

まずは、授業の前に見学した館内の写真をご紹介したいと思います。
この博物館は、簡単な申請書さえ書けば、ほぼすべてが撮影可能です。
ありがたいですね。

画像
常設展示の入口にある、奈良時代の正倉の実物大模型。


画像
ここから観覧者はタイムスリップ。
太古へといざなわれます。


画像
中里貝塚の貝層断面。
迫力があります。


画像
縄文時代、勝坂式土器。
僕も日ごろこんな土器を掘り出しています。
なんだか懐かしさをかんじます。


画像
手前が縄文時代の丸木舟。
これほど残りのいいものはめずらしいそうです。


画像
弥生土器あれこれ。


画像
弥生時代の竪穴式住居の再現。


画像
弥生時代の農耕道具など。


画像
古墳時代。
北区の古墳で発見された埴輪の数々。


画像
奈良・平安時代の墨書土器。
「中」や「大家」などの文字が見られます。
名前や用途を書いていたのか、それとも漢字の練習をしてたんでしょうか。


画像
中世、太田道灌像。
すこしちっちゃいですが。


画像
江戸時代、8代将軍吉宗のころに飛鳥山には多くの桜が植えられ、桜の名所になりました。
写真はそのころ花見客がもっていった弁当を復元したものです。
弁当をもって花見なんて、今とあんまり変わらないんですね。
それにしても豪華な弁当ですね。


縄文から江戸時代までの遺物が時間軸に沿って展示され、北区の通史が概観できるようになっています。
非常に展示の充実した博物館で、東京23区のなかではトップクラスと思います。

授業の一環として、博物館のバックヤードも見学させていただいたんですが、もちろん写真は撮れませんでしたし、撮っていたとしてもここで公開することはできません。
ですが、たいへん貴重な体験になりました。


ちょうど飛鳥山公園では紫陽花が見ごろになっていましたので、これからその写真を載せていきたいと思います。

画像
ガクアジサイ。


画像
みごとですね。


画像



画像






〈見学日:2018年6月8日(金)




関東の古代遺跡逍遙 [ 村田文夫 ]
楽天ブックス
村田文夫 六一書房カントウ ノ コダイ イセキ ショウヨウ ムラタ,フミオ 発行年月:2013年03


楽天市場 by 関東の古代遺跡逍遙 [ 村田文夫 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます、飛鳥山博物館の展示は縄文時代から江戸時代まで広範囲に展示されているようですね、一般の私たちが見学すると、なるほどな〜 で終わりますが家ニスタさんは授業の一環として見学なされれバックヤードでも色々と勉強になるものをご覧になられて此の見学で得る物があったことでしょう。
飛鳥山公園の紫陽花の花は最盛期の紫陽花が綺麗に写されていて綺麗ですね。
go
2018/06/20 07:46
博物館や埋蔵文化財センター南下のバックヤードはなかなか観られる機会は一般には機会がなくて羨ましいですねえ。
振り返ってみると何度かは見せてもらったことはあるんですが、土器のこの部分が焼成部分で。。。などと云われても浅学の哀しさ、???ちょっと黒っぽいかな、、なかなか機会は少ないですが、保存作業などやはり滅多に観られない作業には興味を惹かれます
つとつと
2018/06/20 08:19
goさん、こんばんは。
飛鳥山博物館は、縄文から江戸時代まで時間軸に沿って展示されています。
こうした区立の博物館では、有数の充実した展示だと思います。
バックヤードを見る機会はなかなかないので、貴重な経験になりました。
紫陽花は綺麗だったのですけれど、写真の腕が追いつかず、あまり美しさが伝わらないかと思います(汗)。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/06/20 23:04
つとつとさん、こんばんは。
つとつとさんは博物館のバックヤードをご覧になったことが、何度かおありになるんですね。
僕は初めてだったので、なかなか興味深かったです。
日本の自治体はどこもそうですが、発掘された遺物はどんどん増えていくので、置き場所には困っているようです。
そのほか蔵書などもたいへん場所を取りますね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/06/20 23:11
ちょっとご無沙汰しておりました。
私も飛鳥山博物館には行ったことがあります。長い歴史がコンパクトに綺麗にまとまって説明されている印象があります。その裏側は奥深いのでしょうね。
学芸員って憧れます。やはり様々な知識が求めらるのでしょうね。
私は、家ニスタさんの得意な場所をブログに取り上げました。恥ずかしながら。
ミクミティ
2018/06/30 22:43
ミクミティさん、こんばんは。
飛鳥山博物館は本当に充実した展示でした。
バックヤードもなかなか興味ぶかかったです。
メキシコに行かれたんですよね。
実は僕はチャプルテペック城には行ったことがなかったので、記事を拝見して参考になりました。
コメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/07/01 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
北区飛鳥山博物館へ行ってきました 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる