『オルメカ展』へ行ってきました

現在、東京は池袋の古代オリエント博物館において、『古代メキシコ・オルメカ文明展~マヤへの道』が開催中です。
僕もさっそく行ってみました。

画像

それにしても、オルメカとはまた、地味なテーマをもってきたものであります。メソアメリカのすべての文明の母胎ともいわれるオルメカの重要さはうたがうべくもないのですが、世間一般の認知度としては決して高くない、というのが正直なところ。

どれだけの集客が見こめるもんなんでしょう。オリエント博物館さん、だいじょうぶなんでしょうか。なんて、人ごとながら心配してしまいます。ま、あとで出てくる巨石人頭像については、どっかで見たことあるゾ、って人も多いかもしれませんが・・・。


画像

入口です。


画像

いきなり巨石人頭像がお出むかえ!

ただ、日本の博物館の通例にしたがって、ここから先は撮影禁止となります。
(>o<;)
あとで載せるメキシコの写真を見て、雰囲気だけでも味わっていただけるとさいわいです。

平日にもかかわらず来館者はそれなりにいたので、まずはひと安心。
展示品の点数じたいは多くないんですが、わざわざメキシコから巨石人頭像(これってレプリカじゃないんですよね!?)をもってきた労力には、敬意を表します。

エル・マナティなどよく知られていない遺跡の遺物が多くあったうえに、かなり貴重なものも見受けられました。僕はメキシコやグァテマラのあちこちの博物館にも行っていますが、球戯で使うゴムボールのホンモノなんて、はじめて見ましたよ!?(あるいは見落としてただけかもしれませんが)
天然ゴムを丸めたもので、もちろん中空などではなく、かなり重たそうです。こんなに何千年もくさらずに残るものだったんですねー。

ただ、あらさがしをするようで悪いのですが、拓本が多かったのには少々閉口しました。「ここのヘビの図像が・・・」とかいわれても、拓本ではちょっとわかりづらかったです。
もちろん石彫のホンモノをもってくるわけにはいかないでしょうし、拓本をとることじたい大変なのは理解しているつもりですが・・・。

出口のところにあるミュージアム・ショップも、なかなか充実しています。このテの展覧会にはめずらしく、販売員さん(?)がさかんにお客に声がけしていたのが、微笑ましかったです。

ではついでに、僕がこの春にメキシコに行ってきたときの写真のなかから、関連したものをいくつかご紹介しましょう。


画像

ハラパ人類学博物館から、おなじみの巨石人頭像。


画像

巨石人頭像が立ちならぶ。
ひとつひとつ顔がちがうのに、注目してください。出土地も、サン・ロレンソラ・ベンタトレス・サポテスなどがあります。


画像

こんな感じの仮面も、展覧会に来ていますよー。


2年前のグァテマラ旅行で行った太平洋岸のカミナルフユ遺跡も、展覧会の中で紹介されています。

画像

カミナルフユじたいはオルメカの影響はすくないんですが(どっちかというとテオティワカンの影響がつよい)、ちかくのタカリク・アバフイサパといった遺跡では、オルメカの影響が顕著に見られるようです。

ただ、基本的にはオルメカがメソアメリカで一番古いとされていますが、原始マヤとどちらがオリジナルなのか、というとじつは微妙な問題でして・・・。
グァテマラ中部低地のエル・ミラドールナクベあたりの年代がもっとさかのぼることになれば、マヤのほうが古い、という可能性も出てきます。

ちなみにオルメカの栄えたメキシコ湾岸とは、だいたいこのあたり(大さっぱすぎますが^^;)。



ついでにこの日は、六本木にある新国立美術館にも行ってきました。
現在ここでは、ゴッホ展を開催中であります。

画像

この美術館に来るのは、今日がはじめてです。


画像

黒川紀章さんデザインによるという斬新な建物です。


画像

中には巨大なUFOの発着場みたいなのが!


画像

もういっちょう、内部の風景を。

肝心の展覧会のほうですが、やはりGREAT!でしたゴッホさん。(とうぜん中は撮影禁止なのでお見せできませんが)
いやー、ぶっとんでいますよ、この方の色彩感覚。イっちゃってる(失礼!)人の絵、大好きです

それにゴッホの半生について僕はよく知らなかったのですが、解説のビデオを見ていて、そのピュアな生きざまには心をうたれました。ピュアだから病気にもなるわけでして・・・。それだけ好きなことにうちこめたゴッホさんを、むしろうらやましく感じました。

ところでこの新国立美術館ですが、ひとつ気になることがありました。ゴッホ展を見終えて館内をぶらついていると、美術館につきもののアレがないのです。そう、常設展示がないんですねー。(とっくにご承知の方も多いかもしれませんが)

気になって受付の方に聞いてみると、
「当館はコレクションをもたない美術館なんです」とのこと。
なるほどー、そうなんだあ。でもそういうのって、アリなんですかね?



―追伸とお詫び。―
本文の中で“ホンモノ”とご紹介した巨石人頭像と球戯のゴムボールですが、あとで調べたところ、レプリカであることが判明しましたっ! ごめんちゃい。
人頭像に至っては、京都の展覧会ではホンモノだったのに、東京ではレプリカになってしまったのだとか・・・。Orz。
ま、僕はハラパでホンモノを見てるから、いいんですけどねー。(ひらきなおり)



メソアメリカ先古典期文化の研究
溪水社
伊藤 伸幸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メソアメリカ先古典期文化の研究 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




古代メソアメリカ文明――マヤ・テオティワカン・アステカ (講談社選書メチエ)
講談社
青山 和夫

ユーザレビュー:
う?ん。内容が豊富で ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古代メソアメリカ文明――マヤ・テオティワカン・アステカ (講談社選書メチエ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




「没後120年ゴッホ展ーこうして私はゴッホになったー」のすべてを楽しむガイドブッ
楽天ブックス
商品副データぴあmookぴあ発行年月:2010年09月登録情報サイズ:ムックその他ページ数:79pI


楽天市場 by 「没後120年ゴッホ展ーこうして私はゴッホになったー」のすべてを楽しむガイドブッ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック