『古代メソアメリカ・アンデス文明への誘い』が発売されています。

風媒社さんより、『古代メソアメリカ・アンデス文明への誘い』が発売されています。
この本は愛知県陶磁資料館で開催されていた、『アンデス・メソアメリカ文明展』の展示カタログとして企画されたものだそうです。



古代メソアメリカ・アンデス文明への誘い
楽天ブックス
杉山三郎 嘉幡茂 風媒社発行年月:2011年06月 ページ数:140p サイズ:単行本 ISBN:9


楽天市場 by 古代メソアメリカ・アンデス文明への誘い の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


かなりコンパクトな概説書で、しかもアンデスとメソアメリカを同時に扱っているものですから、さすがに両文明のすべてを網羅する、とはいかないところであります。
(当たり前ですが)
とはいえ、今まで中南米の古代文明に触れたことのない方にとっては、良心的な入門書となりますし、初めてではない、という方にも、複雑きわまりない両文明の全体像を、俯瞰して大づかみにまとめるのには最適といえるでしょう。
特に両文明を比較することで、それぞれの特徴が分かりやすくなっていうるのは、1冊で両文明のことを記述してあるゆえの利点であると思います。
(メソアメリカには文字はあるがアンデスにはない、アンデスではリャマなどの大型の家畜がいるがメソアメリカにはいない、など)

個々の記述は簡潔ではありますが、例えばアンデスでは話題のカラル遺跡など、最新の研究成果に触れられているのも嬉しいところです。
さらに、僕がメキシコに行ったときに、カカシュトラ遺跡の隣に見かけたピラミッドの名前がわからなかった、とこのブログにも書きましたが、それがショチテカトル遺跡花のピラミッドであったことが、この本によって判明しましたっ!
いやーありがたい。

画像
これがショチテカトルのピラミッドです。
しかしあの時は時間の関係上、遠くから見ただけでこのピラミッドには行かなかったのですが、行ってくりゃよかったですね。
(>o<)
つくづく悔やまれます。

ところでこの『アンデス・メソアメリカ文明展』は東京方面には回ってこないんですかね!?
ちょっと残念です。
出品は現在日本にある中南米関係の土器などが多いようですが、本の末尾のカタログを見ていたら、けっこういい品が来ていたようです。
しかしの展覧会に多くの出展をしている、BIZEN中南米美術館てのはいったい何者なんだ!?
僕もこんな美術館があるのは知りませんでした。
(>_<;)
うーん、岡山にこんなトコがあるなら、今度行ってこなくちゃなりますまいな・・・。



中米の初期文明オルメカ
楽天ブックス
世界の考古学 伊藤伸幸 同成社発行年月:2011年05月 ページ数:255p サイズ:全集・双書 I


楽天市場 by 中米の初期文明オルメカ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




古代アンデス 神殿から始まる文明 (朝日選書)
朝日新聞出版
大貫 良夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古代アンデス 神殿から始まる文明 (朝日選書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック