埼玉の城めぐり~滝の城、岩槻城

先日、埼玉県内の城をいくつか回ってまいりました。
まもなく花粉のシーズンとなりますが、花粉症の僕は、これからの時期外出をひかえるようにしています。
ですのでしばらくは城めぐりにも出られないと思い、行ってきましたよー。

まずは新松戸から武蔵野線に乗り、東所沢をめざします。
東所沢駅から徒歩20分ほどのところに、滝の城(たきのじょう)があります。

画像
城の入口に着くと、いきなり二重堀が出むかえてくれます。
本丸の東にある二の丸の周囲をめぐっている堀が、二重になっているのです。
うーん、スバラシイ!


画像
本丸には城山神社が鎮座しています。
しかし城山神社って名前の神社も、あちこちにあるな・・・。


画像
本丸の東北隅の、稲荷神社がたつ高まりは、櫓台でしょうか。


画像
こちらは本丸と三の丸のあいだの深い堀切。
みごとな空堀です。


画像
いく重もの折れをもつ空堀。

この滝の城は、大石氏によってきずかれましたが、やがて後北条氏の支配下にはいり、滝山城の支城となります。
一説によると、滝山城と他の城とを結ぶ、つなぎの城だということです。

それにしても、市街地の中にこれだけの遺構が残っているのは、非常にすばらしいことですね。


つづいて、武蔵野線を北朝霞までもどり、東武東上線に乗りかえて、川越に向かいます。
川越には去年の12月に来たばかりですが、前回は定休日で川越城本丸御殿の中に入ることが出来なかったので、そのリベンジを果たそうというわけです。

画像
前回と同じようなショットですが・・・。
川越城本丸御殿です。


画像
本丸御殿内部。


画像



画像
なにやら密談をされていますな。
「ワッハッハ、おぬしもワルよのう越後屋」
ちがいますね・・・。


画像
全国でも、本丸御殿の建築がそのまま残る例はめずらしいです。


画像
ついでに寄った蔵造り資料館
重厚なつくりの蔵の内部を見学できます。
残念ながら内部は撮影禁止。


画像
蔵造り資料館の外観。

このほか市立博物館にも寄りましたが、こちらも内部の撮影はできないので写真はありません。
川越の歴史の大まかな流れを知ることができるので、川越についてより詳しく知りたい方は、ぜひおとずれてみてください。


さて続きましては。
JR川越線で大宮まで出て、こんどは東武野田線に乗りかえ。岩槻をめざします。
岩槻城に行くためです。
しかし今日は乗りかえが多いですね。
関東近郊とはいえ、ちょっとした旅行気分です。


画像
岩槻駅のすぐ東北に、愛宕神社があります。
この愛宕神社のたつ高まりが、かつての岩槻城大構えの一部だそうで、かつてはこうした土塁が延々8キロにわたって、岩槻城の周囲をめぐっていたとのことです。


画像
駅から20分ほど歩くと、岩槻公園に出ます。
こちらがかつての岩槻城址です。

とはいっても、現在公園があるあたりはかつて新曲輪と呼ばれていたところで、本丸、二の丸といった中心部は市街地開発によってすでに消滅してしまっているそうです。
うーん、残念!


画像
カモが泳いでいますね。
この公園には八ツ橋と呼ばれる、欄干が赤く塗られた橋がかかっていて、シンボルになっていたようなのですが、震災の影響なのか修理中でした。
写真の後方に見えるのが修理中の橋です。


画像
こちらは城内に残る遺構の黒門
ただもともとこの場所にあったのではなく、いちど払い下げられて他の場所にあったものを、ふたたび移築したものだそうです。
もともとどの場所にあったのかはわからないのだとか。


画像
こちらもいちど払い下げられたものがもどってきた裏門
もとの場所はわかりません。

岩槻城は湿地帯の中にきずかれた城で、点々とうかぶ島のような曲輪を複雑につなぐ形の、水城と呼ぶべきものでした。
関東にはこうした形の城がいくつかありますね。
おなじ埼玉では忍城がそうですし、僕の地元の近くでは下妻城などがそうです。
平城の宿命ではありますが、市街地の中に飲みこまれて主要部分が消えてしまったのは、ちょっと悲しいですね。


帰りは、野田線で柏まで出て、そこから常磐線に乗りました。

画像
岩槻駅はちょっとレトロな感じの駅で、ホームにかかる屋根をささえるこの支柱なんかは、木造です。


画像
屋根はこんな感じ。


画像
岩槻駅に到着した野田線。



埼玉の城址めぐり
楽天ブックス
西野博道 幹書房発行年月:2010年11月 ページ数:171p サイズ:単行本 ISBN:97849


楽天市場 by 埼玉の城址めぐり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





関東の名城を歩く(南関東編(埼玉・千葉・東京・神)
楽天ブックス
峰岸純夫 齋藤慎一 歴史春秋出版発行年月:2011年08月 ページ数:297p サイズ:単行本 IS


楽天市場 by 関東の名城を歩く(南関東編(埼玉・千葉・東京・神) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

ピラン猫
2012年02月09日 21:32
こんばんは

花粉症とは大変ですね。私も昔は散々悩まされました。
だんだん暖かくなって外に出たくなる時期に花粉で出られないというのは辛かったですね。

滝の城は意外なところにある意外な城ですね。
所沢なんて典型的な住宅地といったイメージですが、しっかりと遺構が残っている城があるのですね。

川越城は割と最近になって公開されるようになったのですか?数年前に行った時は公開していなかったような記憶があります。

家ニスタ
2012年02月09日 22:32
ピラン猫さんこんばんは。
昔は、というと、花粉症が治ったのですか?!
花粉症は絶対に治らないものだと思っていたので、うらやましいです。
ぜひ治療法を教えていただきたいです。

滝の城は本当に遺構の残りぐあいがよく、所沢のような市街地では奇跡的だと思いました。
もっとも、所沢の中心からはだいぶ外れていますが。

川越城本丸御殿の公開がいつから始まったのかは、ちょっとわかりません。
私が最初に行ったときのように、ちょうど定休日に当たったのかもしれませんね。
いつもコメントありがとうございます。
ピラン猫
2012年02月10日 21:45
家二スタさん、花粉症は完治ではありませんが、ごくたまに鼻が出る程度まで治まりました。

特に何もせず、いつの間にか軽くなったのですが、この時期は体に付いた花粉が気持ち悪くて、普段より念入りに体を洗う傾向にありますが、それが続いたのも一因でしょうか。

誰でも花粉症になりうる。とか、一度花粉症になると治らないとも聞きますが、絶対でもないようです。
家ニスタ
2012年02月10日 22:19
ピラン猫さん。何もしないで治ったんですか!
すごいですね。僕は毎年症状が悪化するいっぽうなので・・・。
(>o<;)
わかりました、僕も念入りに体を洗ってみます!
(^^)
hokukeastar
2012年02月19日 04:39
ブログのアップ、いつも楽しみにしています。読みながら、男性は一人でも色々行けていいなぁ~と、羨ましいです。ブログに紹介されてるところのハイキングコースなど、景色がいいところなんかは特に、行ってみたいと思いつつ、女性一人じゃ怖そうで、帰国したときに行ってみたいと思っても、やはり無理ですね。と、いうわけで、直接行けない私のようなファンのためにも?!これからもアップしていってくださいね!
家ニスタ
2012年02月19日 22:13
hokukeastarさんこんばんは。
すみません、hokukeastarさんのことをずっと男性だとばかり思っていました。
(>_<;)
たしかに山城で人気のないところなどは、女性一人ではあぶないかもしれません。
もっとも、一人で行ってらっしゃる方もいるとは思いますが。
暖かい励ましの言葉をいただき、ぜひとも新しい記事をアップしたいところですが、前述のように僕は花粉症でして、しばらく遠出をする予定がありません。
(ToT)
ですからまったくネタがない状態でして・・・。
残念ながら更新はしばらく先のことになりそうです。
愛想をつかさずに見守っていてくださいませ。
いつもコメントありがとうございます!
hokukeastar
2012年02月22日 01:21
では、そのまま男と思っていてください(笑)
花粉症、私もなるのでわかります。
季節が変わったら、またアップしてくれるの期待して首長くして待ってます(^_^)b
家ニスタ
2012年02月22日 21:09
わかりました、hokukeastarさんは男性ということで(笑)。ウソです。
まあ、花粉の季節が終わる前に、外出しなくて済む形の記事はアップしようと思います。
あるいは勇気をふりしぼって、花粉の中突入してみるとか(笑)
それまで、過去記事を見直したりしていただけるとうれしいです。
(^^)
ピラン猫
2012年02月23日 21:45
花粉の時期こそ映画!
と思いましたが、映画館に行くまでが大変なんですよね。
映画といえば、現在上映中の映画ですと、マシンガン・プリーチャーが気になっています。
元麻薬売人が改心してボランティアに行ったスーダンで悲惨な現状を目の当たりにする。というストーリーですね。

家ニスタ
2012年02月23日 22:32
ピラン猫さんこんばんは。
映画! 『サラの鍵』以来、しばらく行ってないです。
マシンガン・プリーチャーですか。何かのときに予告編を見た記憶があります。
ノーマークでしたが、ピラン猫さんに言われて興味が出てきました。行ってこようかな・・・。
でもたしかに、映画館に行くまでが大変ですね。
いつもコメントありがとうございます!
hmd
2012年03月02日 00:20
家ニスタさん、こんばんは。ご無沙汰しております。
都合で、ブログから暫く離れておりました。少しずつ、再開したいと思います。ご心配をお掛けしてしまい、申し訳ないです。

精力的に探訪されていますね (^_^) 川越も都心に近いながら、古い建物が多く残るので、好きな人には好きな場所ですね(笑)遠くばかり目が行きがちですが、近場も見落とせないかも? 野田線も懐かしいです。
また参ります。花粉症とのことで、お大事に (^_^)/
家ニスタ
2012年03月02日 23:30
hmdさんこんばんは。
無事にブログ再開されて何よりです。いつも楽しみにしておりますので。
川越は近郊にもかかわらず古い町並みがよく残っているので、おすすめですね。
野田線も近郊にしては旅情が味わえる路線ですよね。
コメントありがとうございます!
2012年06月02日 08:31
挨拶遅れましたが、ブログ玉、有難う御座いました。

埼玉の平城、菖蒲城はこれから菖蒲と紫陽花、ラベンダ-も楽しめます。その近くには騎西城が。

どちらも城と言っても、館ですが。
家ニスタ
2012年06月03日 00:18
easy2luvさんこんばんは。
菖蒲城、騎西城、どちらも行ったことないです。
花には以前は興味なかったのですが、最近花の写真をとる面白さも少しわかってきたので、城と花、両方楽しめるとなると、行ってみる価値はありそうですね。
こんど行って来ようかな。
コメントありがとうございます!

この記事へのトラックバック