茨城の城跡めぐり~多良崎城、小坂城

車で、茨城県内の城跡をいくつか(といっても2つですが^^;)
まわってきましたので、そのご報告をしたいと思います。

まずは、水戸市のさらに北、ひたちなか市にあるこの城から。
多良崎城

画像
多良崎城の入口です。
勝田ゴルフクラブという、ゴルフ場のとなりにあります。
城もゴルフ場の一部になる予定でしたが、かろうじて残ったのだとか。

県道31号からの曲がり口は、看板もなくわかりにくいです。


画像
道をすすんでいくと、一の木戸、つづいて二の木戸があらわれます。
といっても両側に土塁があるわけでもなく、あまり木戸の雰囲気はありません。
写真は二の木戸。


画像
ふた股にわかれているところで左におれ、坂道をのぼっていくと、本郭に出ます。
この道には大手門の表示がありますが、『余湖くんのお城のページ』で指摘されているように、もともとはこの道はなかったんじゃないでしょうか。
下の道から直接本郭に行けてしまうようでは、二の郭、三の郭の意味がなくなってしまいます。
(勝手にリンクすいません)

本郭はけっこうな広さのある、ほぼ方形の曲輪で、三方に土塁がのこっています。


画像
本郭、二の丸間の空堀と土塁です。
左側が本郭。堅固なさまがわかります。


画像
こちらが二の郭。
三方を土塁でかこまれています。


画像
さらに進むと、三の郭を経て、四の郭に出ます。
かつては多良崎城の周辺にまで海が入りこんでいて、三方を海にかこまれた要害だったようです。
ちょうどこの四の郭が岬の突端にあたります。


画像
本郭の手前で分岐する道をおりていくと、水の手に出ます。
井戸のあとがのこっています。

多良崎城の歴史については、よくわかっていないようですが、一説によると、大掾氏の一族、多良崎氏が鎌倉時代初期にきずいたといわれています。
しかし発掘調査の結果では鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて築城されたと推測されるようです。
戦国時代には江戸氏によって利用され、現在のこる遺構はこの時代に改修をうけたものでしょう。

画像
多良崎城の遠景です。
手前の道を水面と考えると、海に浮かぶ浮き城のようだった往時のさまが想像できるかもしれません。
(ちょっとむずかしいか・・・^^;)

この城はうなぎの寝床のように細長い、ちょっと変わった形をしていて、見ていて面白いです。
土塁などもよく残っていて、近くにお住みの方はぜひ一度行ってみられるといいんじゃないでしょうか。
(近くに住んでいない方には、どうしても見ろとはいいませんが)



このあと、真崎城という城に行く予定だったのですが、さがしまわったあげくにどこなのかわからず、けっきょく断念しました。
このあたりだろう、と見当をつけてのぼりはじめた山には、こんな表示が。
画像
県下一ひくい山、ってことですが、どれが一番ひくい山かって、いちがいにはいえないですよね?
おそらく、名前のついている山の中で一番ひくいってことでしょうが、もっと低い山に名前をつけてしまえば、それが県下一ひくい山になります。

それはともかく、帰ってからしらべたところ、当たらずとも遠からずで、この天神山は城跡の一部だったみたいです。
うーん、もっとよく探索してみればよかった!

さて、お次はぐーんと南下し、僕の地元のちかくの牛久市までもどって、最近きれいに整備されたと聞いたこの城をおとずれることにしました。
小坂城(おざかじょう)

小坂城に向かう途中に、空の気配があやしくなり、突然の豪雨にみまわれました。
ところが、城につくころには、すっかり晴れていました。
これも日ごろの行いのおかげでしょうか。

画像
小坂城の入口です。
なんと駐車場まで完備されていました!
(マイナーな城に行くと、車をとめるところがなくて、苦労することが多々あります)

駐車場の横の階段をのぼっていくと、すぐに城址に出ます。


画像
入ってすぐのところにある三ノ曲輪。
看板なども完備されて、ひじょうに見やすくなっています。


画像
三ノ曲輪と二ノ曲輪のあいだにかかる土橋です。
両側は深い空堀になっています。


画像
三ノ曲輪と二ノ曲輪のあいだの空堀です。
この城は全体に空堀や土塁がよくのこっていて、規模は大きくないとはいえ、ひじょうに見ごたえがあります。
草なども刈られていて、たいへん見学しやすいです。


画像
“く”の字の形をした二ノ曲輪を経て、一の曲輪に出ます。
この曲輪は昭和の国道建設のさいに、一部が削られてしまっています!
うーん、残念。


画像
一ノ曲輪からの景色です。

小坂城の歴史については、これまたよくわかっていないようですが、戦国期に牛久城主の岡見氏が、江戸崎城の土岐氏に対するおさえとしてきずいたと考えられているようです。

きれいに整備され、土塁や空堀のよく残る小坂城は、オススメの城だといえます。
牛久城も非常に見ごたえのある城ですし、牛久市は城跡にめぐまれていますね。
近所といわず、県外の方にもぜひ来ていただいて、見ていただきたいと思います。


画像
小坂城の遠景です。



ところで、当ブログ“旅セル”は、先日ぶじに開設3周年をむかえることができました。
これもご覧いただいている皆さんのおかげです。
この間の累計アクセス数は、6万を超えております。
本当にありがとうございました。

例によって1年間でアクセス数の多かったものをあげてみますと・・・。

一位は“『大英博物館 古代エジプト展』に行ってきました”でした。
たまたまタイミングがよかったものか、『大英博物館 古代エジプト展』でググってみますと、この記事が上位に来ていました。
そのおかげか、アクセスが900以上ありました。

これからも、“旅セル”をよろしくおねがいもうしあげます。
m(_ _)m



図説茨城の城郭 [ 茨城城郭研究会 ]
楽天ブックス
茨城城郭研究会 国書刊行会発行年月:2006年08月 ページ数:290p サイズ:単行本 ISBN:


楽天市場 by 図説茨城の城郭 [ 茨城城郭研究会 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





関東の名城を歩く(北関東編(茨城・栃木・群馬)) [ 峰岸純夫 ]
楽天ブックス
峰岸純夫 齋藤慎一 吉川弘文館発行年月:2011年06月 ページ数:274p サイズ:単行本 ISB


楽天市場 by 関東の名城を歩く(北関東編(茨城・栃木・群馬)) [ 峰岸純夫 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック