神奈川のお城めぐり~足柄城、河村城

春の青春18きっぷの時期がやってまいりました。
とはいえワタクシ、今までこの時期に青春18きっぷを使ったことはありませんでした。
理由はこの時期にまとまった休みが取りにくかったのと、花粉症の時期とかさなるからです。

今年はこのあと、花粉症にもめげず、青春18きっぷを使った何日間かの旅行に出る予定でおります。
ただ、そこで5日分ぜんぶ使い切ってしまう予定ではないので、1日分を先行して使うことにしました。
今まで行こう行こうと思ってなかなか行けなかった、神奈川県西部の城めぐりの一日旅に行ってまいりました。

いつもの青春18きっぷの旅とおなじく、まず東京に出て、そこから東海道線で西へ向かいます。
国府津で乗りかえ、御殿場線で足柄をめざします。
足柄城に行くためです。

画像
足柄駅に到着した御殿場線です。
車両じたいは、いつもの東海道線のものと同じで、新鮮味はありません。

足柄駅から、足柄城へ向けてあるきはじめます。
地図を見て、だいたい3キロぐらいかな、と甘い見当をつけていた僕。
じっさいには、そのちかくあったみたいで・・・。(^^;)
城につくまでに、1時間10分ほどかかってしまいました。

鉄道をつかっての城めぐりが趣味である以上、こうしたことはおこりがちなのですが、それにしても疲れました。
皆さんは、よく下調べをしてから行きましょうね。

ようようたどり着いたのがコチラ。
画像
足柄城入口です。


画像
階段をのぼりきると、いきなり一の郭に出ます。
かなりの広さがありますが、この曲輪は平坦ではなく、けっこうデコボコしています。
この城はもともとあった城を、北条氏が秀吉軍の来襲にそなえて改修したものですが、急場しのぎだけあってきちんと造成する時間がなかったのでしょうか。

この城は静岡県と神奈川県のちょうど県ざかいに位置しますが、城のメインがどちらに属するのかはちょっとわかりませんでした。
足柄の駅は静岡県ですし、城の一の郭には、駿河国小山領、と看板がありました。
ただ、多くのサイトでこの城を神奈川県の項に分類してあるので、ここでもそれにしたがうことにします。


画像
一の郭からは富士山が間近に見えます。
ちょっとかすんでしまっていてゴメンナサイ。
きれいな富士をとるためには、早朝におとずれるのがいいようです。


画像
二の郭です。
こちらは細長い曲輪。


画像
二の郭から一の郭を見たところ。
あいだは幅のひろい堀切でくぎられています。


画像
こちらは三の郭から二の郭を見たところ。
僕が歩いてみた範囲だけでも五の郭まであり、それなりの規模をもった城であったようです。


画像
二の郭からの富士山。

この城は有名な山中城とならんで、秀吉の北条攻めにあたって国境をかためる重要な拠点でした。
それが、山中城がわずか一日で落城したのを受けて、ほとんど戦わずに開城してしまいます。
北条氏の運命は、山中城、足柄城の両境目の城が短期間のうちに落とされたことで、ほとんど決まってしまったのかもしれません。



足柄城まで往復10キロ以上をあるいたことで、すっかりへとへとになってしまった僕。
おまけにおりからの陽気と、花粉の猛攻撃にもだいぶ体力をうばわれました。
ここは昼食をとって体力回復、といきたいところですが、あいにく食料は持参しておらず、足柄の駅もまったくのイナカで、食料を売っていそうな店は見あたりません。

僕の旅にはありがちなことですが、こりゃ昼食抜きで次の城に行くしかないかな、と覚悟を決めました。
ところが、やや高いところにある足柄駅のホームにのぼってみると・・・。
「あっ、あんなところにファミリーマートが!」
気づいたときにはあとの祭でした。
すぐ次の列車が来る時間になってしまいました。

えーん、列車まちの時間が20分もあったっていうのに。
皆さんには、昼食を持参して城めぐりをすることをオススメします。


画像
足柄駅から、国府津方面へもどること3駅。
山北駅につきます。
ここの南1キロほどのところに、河村城があります。
こんどは、あるいてもまったく問題のない距離です。


画像
河村城入口です。
しかし、足柄城への往復で足が棒のようになっていた僕は、また登りか、と思うとちょっとげんなりしてしまいました。
こんなことではいけませんね。


画像
中腹からの景色です。

僕はどうやら裏道からのぼってしまったらしく、城の主要部ではないところに出ました。
ところが、ここで「河村城改修工事のため、このコースはここから先へはすすめません」との看板が!

なんということだ・・・。
もう1回下におりて出直すか、とも思いましたが、ここは豪胆で知られる(いきあたりばったり、ともいいます)家ニスタ。
そのままずんずんと進んでいきました。
けっきょく、工事現場のなかへと出てしまいました。
(関係者の方にはないしょですよ)
土曜日だったので工事はやすみなのか、だれもいませんでした。

河村城の一角では、何やら大がかりな工事をしているもよう。
いけないと思いつつ、工事の内容を見てみますと・・・。
なんと、畝堀コンクリートで固めるという、無粋きわまりない工事をおこなっていますっ!
世の中、整備しないほうがよかった城、というのはいくつもありますが、河村城もそのひとつになってしまいそうな予感が・・・。

事情により、ここで見学した部分の写真は公開しません。


画像
河村城主郭部です。
ここはふつうに見学していい部分。


画像
主郭部からの景色です。
手前の木に、なにやら茶色の物質がびっしりとついているのがご覧になれるでしょうか。
あれこそが、われらが天敵、スギの花粉ですっ!


画像
この河村城の一番の見どころが、この畝堀です。
こちらはコンクリートで固められていなくてヨカッタ!
畝堀、障子堀といえば、山中城のものが有名ですね。
ここにも、北条氏による改修の手がはいっているようです。


画像
城のあちこちで見られる畝堀。


画像
河村城遠景です。



翌日、僕がひどい筋肉痛におそわれたのはいうまでもありません。




関東の名城を歩く(南関東編(埼玉・千葉・東京・神) [ 峰岸純夫 ]
楽天ブックス
峰岸純夫 齋藤慎一 吉川弘文館発行年月:2011年08月 ページ数:297p サイズ:単行本 ISB


楽天市場 by 関東の名城を歩く(南関東編(埼玉・千葉・東京・神) [ 峰岸純夫 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

easy2luv
2013年03月15日 10:41
お疲れ様でした。足柄城、なかなか規模の大きなお城でしたね。

セイシュン8での城廻の苦労、分ります。私は竹田城が大変でした、ロ-カル線に合わせ、1時間で往復しなくてはなりませんでした。
家ニスタ
2013年03月15日 22:13
easy2luvさん、こんばんは。
足柄城はけっこう規模が大きかったです。
青春18での城めぐりはなかなか大変ですが、同時に楽しみもあり、やめられないんですよね。
竹田城、兵庫県朝来市にある竹田城でしょうか。
あの城まで1時間で往復できましたか!
私は行きだけで1時間かかったような気が・・・。
だいぶ苦労されたことと思います。
いつもコメントありがとうございます。
2013年03月16日 13:59
えっ!! 畝掘をコンクリート漬け。。 う~~む ホントに無粋です。
駅からとなると、時間がかかるのは確かですねえ。。
この時期になると、重症の花粉症患者の家族はお出かけには誰も付き合ってくれないんですよTT 結局一人で行くんですが、、、、まあお城に登るのは一人がいいかなと思いつつ
家ニスタ
2013年03月16日 21:11
つとつとさんこんばんは。
そうなんです、本当に無粋なんです。
今からでも、もとに戻してほしいです。

駅からだと時間のかかる城が多いですが、鉄道での城めぐりの宿命です。
といいつつ、けっこう楽しんでいます。
僕も花粉症なので、本当はこの時期は外出したくないんです。
でも城めぐりの誘惑のほうが勝るので、花粉にめげずに外出しています。
いつもコメントありがとうございます。
メミコ
2017年07月03日 13:45
こんな所にお城があるなんて知りませんでした

小田原へ行くのも 山北方面も すっと素通りしてました

いつか 訪れてみましょう と思います

いろんな所へ出かけられていらっしゃるので ブログが読み飽きません
家ニスタ
2017年07月03日 23:00
メミコさん、こんばんは。
足柄城のほうは駅から離れすぎているので、行かれるときは交通機関をお考えになったほうがいいと思います。
河村城は歩いて問題のない距離です。
いろいろなところへ行ってとりとめのない文章を書いていますが、もしご参考になれば幸いです。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック