千葉のお城めぐり(1)~勝浦城、土気城

〈2014年9月14日(その1)〉
先日、友人のゴルド君とともに、1日かけて千葉県内のお城めぐりをしてきましたので、そのご報告をしたいと思います。

画像
まずは東武野田線に乗って、柏駅を出発。
この野田線、さいきんアーバン・パークラインという愛称をあらたにつけたのだとか。
しかし車両は旧来のものですね。
新型車両は数がすくないんでしょうか。


画像
“TOBU URBAN PARK LINE”の文字が。
しかし、野田線と“アーバン”って、なんか合わねーよなー。


画像
千葉駅で外房線に乗りかえ。
209系がやってきます。

“自称”鉄道ファンの僕。
形式を語ることができるようにならねば、と、形式も勉強することにしました。
(^^)


画像
車窓の景色です。
のどかな田園風景。

1時間と少々で、勝浦駅に到着。
勝浦駅から徒歩20分ほどで、勝浦城に着きます。

画像
勝浦城址は八幡岬公園となっています。
写真は二郭のあったところで、後方の小高い丘が一郭の跡です。


画像
一郭。
太平洋を一望にできる絶好のロケーション!


画像
一郭からの景色です。


画像
沖合をのんびりとヨットが走っていきます。


画像
一郭にはお万の方の像がたっています。

お万の方、とは正木頼忠の娘で、ここ勝浦で生まれた女性。
のちに徳川家康の側室となり、紀伊徳川家の祖・頼宣や、水戸徳川家の祖・頼房を生んだそうです。

ここ勝浦城にはお万布さらしという伝説が残っています。
小田原の役のさい、勝浦城は豊臣勢に攻められて落城します。
そのとき、お万は勝浦城の断崖絶壁に布をたらし、それをつたって海へとのがれたというのです。

これについては、小田原の役のさいには勝浦正木氏は里見氏についており、反北条方だったので、豊臣勢に攻められるはずがない、などの疑義が呈されているようです。


画像
写真は二郭裏手の八幡神社への石段です。

この勝浦城、一郭と二郭、それに現在駐車場となっている三郭を合わせても非常にちいさく、勝浦正木氏の本拠にしては小規模だなあ、と思いました。
それについては、岬の基部にあたる新地ヶ台というところが、拡大された城域であるようです。
新地ヶ台には、時間の関係で行けませんでした。



続いて外房線を東京方面へ戻り、土気へ行きます。
土気城(とけじょう)を見るためです。

画像
土気駅から徒歩15分ほど。
貴船神社に着きます。

神亀3(726)年、陸奥国に多賀城をきずいて鎮守府をおいたさい、鎮守府将軍大野東人が、蝦夷にそなえるための拠点としてきずいた貴船城が、土気城の前身であるようです。

画像
祠のあるあたりが三郭です。
三郭は畑になっています。


画像
同様に畑になってしまっている二郭。

一郭は“土気城址ひまわりの郷”という高齢者専用賃貸住宅となっていて、入ることができませんでした。

画像
一郭下の土塁。

一郭と二郭のあいだには、深い空堀もあったのですが、ヤブがひどくてうまく写真をとることができませんでした。
土気城は畑などで改変されていて、総じて当時の面影をたどることがむずかしい城でした。
はっきりとした遺構がのこっていることを期待して行くと、肩すかしをくらいます。

訪城歴も300を超えると、こうした“ハズレ”城を見ることも多くなります。
ま、これは仕方のないことですがねー。



訪城数に含める城の数え方を、ちょっと変えました。
今回の土気城のように、「あまり遺構が残っていないから」といって数に含めないことにすると、なかなか数が増えません。
これくらい遺構が残っていれば、数に含めることにしました。

結果、以前行った千葉の佐是城や、和歌山の太田城も数に入ってくることになります。
そんなこんなで、現在、385城です。
(^^)

(その2に続きます)



図説房総の城郭 [ 千葉城郭研究会 ]
楽天ブックス
千葉城郭研究会 国書刊行会発行年月:2002年08月10日 予約締切日:2002年08月03日 ペー


楽天市場 by 図説房総の城郭 [ 千葉城郭研究会 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





東葛の中世城郭 千葉県北西部の城・館・城跡
ぐるぐる王国 楽天市場店
千野原靖方/著本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名崙書房出版出


楽天市場 by 東葛の中世城郭 千葉県北西部の城・館・城跡 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





関東の名城を歩く(南関東編(埼玉・千葉・東京・神) [ 峰岸純夫 ]
楽天ブックス
峰岸純夫 齋藤慎一 吉川弘文館発行年月:2011年08月 ページ数:297p サイズ:単行本 ISB


楽天市場 by 関東の名城を歩く(南関東編(埼玉・千葉・東京・神) [ 峰岸純夫 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

時遊人69号
2014年09月16日 18:18
土気城址より、近くの昭和の森公園の方が
山城址の雰囲気一杯でした。

ホキ美術館のあと、ここを探索しました。

東武線、地元でありながら殆ど利用しない路線。名前変えても、別に、それで利用する気になれない。日光方面は別、JRより安いから。
家ニスタ
2014年09月17日 00:14
時遊人69号さん、こんばんは。
土気城はたしかに、遺構らしい遺構はほとんどありませんでしたね。
昭和の森公園は山城址なのですか?
だとしたら今度行ってみないと。
野田線は名前を変えても、“アーバン”って雰囲気はしませんよね。
いつもコメントありがとうございます。
2014年09月28日 18:36
お万の方は勝浦出身だったんですね。。知らなかった

385城ですか@@ もう少しで400ですね。。すごい数ですね。。でも考えたら日本にはたくさんの城があるもんですね。つくづく・・

そうそう城と云えば、金沢城の橋爪門2門が完成間近です。今回は枡形も復元するそうです。来春には玉泉院丸も復元工事終了だそうです。
家ニスタ
2014年09月28日 22:37
つとつとさん、こんばんは。
日本には3万から4万の城跡があるといわれてますので、僕なんかはまだまだです。
(^^)
おおっ!金沢城、枡形復元ですか。
北陸新幹線開通のせいで、北陸には行きづらくなったと思っていましたが、金沢~敦賀間が開通する前に、米原経由でなら18きっぷでも行けることに気づきました。
その間に、ぜひ金沢に行ってこなきゃなりませんね。
自○党が敦賀まで早期開通なんてよけいなことをしませんように。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック