埼玉県内お城めぐり(2)~川越城

<2015年1月18日(日)(その2)>
鉢形城をあとにした僕らは、寄居駅からふたたび東武東上線に乗りこみました。


画像
東武東上線の主力、10000系です。
川越駅でおります。

川越駅から、いそいで徒歩30分。
川越城本丸御殿の閉館時間、4時30分に、ぎりぎりまにあいました。


画像
東日本唯一の、本丸御殿遺構だそうです。
西日本には、高知城の天守と一体化した本丸御殿がありますねー。

じつは川越城には、2011年の12月いらい、この3年ちょっとで3回も来ています。
川越の町には、大学院の授業でも一回来たので、これで4回め。

さいしょの時には、本丸御殿が休みで中にはいれず、2回めも中にははいりましたが、百名城スタンプは押さず。
大学院の授業のときには、本丸御殿じたい来なかったので、今回スタンプを押すために、こうして短期間になんども来るはめになったというわけです。
(^^;)


画像
本丸御殿の内部、広間です。
本丸御殿の建物じたいは大きいのですが、中は意外と小ぢんまりした部屋が多いのが印象的でした。


画像
いぜんの記事で、“何やら密談をしている”と書きましたが、これは川越藩が江戸湾の防備をすることになり、どう異国船にそなえるかを相談しているところだそうです。


画像
ともあれ、念願のスタンプを押すことができました。
百名城達成状況・・・96/100
スタンプ達成状況・・・10/100


画像
本丸御殿のちかくに、富士見櫓跡があります。

川越城は長禄元(1457)年、扇谷上杉氏が家老の太田父子に命じてきずかせました。

その後城は北条氏の領するところとなっていましたが、天文14(1545)年9月、山内・扇谷上杉氏と古河公方の連合軍は、川越城奪還をねらって8万の大軍で包囲します。
翌15年4月、北条氏康は長陣に飽いていた連合軍に、8千の軍勢で奇襲をしかけます。

これに城にこもっていた北条綱成の部隊も呼応し、上杉方連合軍は多数の死傷者を出して退却します。
これが世にいう川越夜戦です。

徳川氏の関東入部後は、酒井氏、堀田氏とつづき、寛永13(1636)年には知恵伊豆こと松平信綱が入封し、川越城を大改築します。





画像
あたりもすっかり暗くなってきました。
夕暮れの時の鐘です。


画像
夜の川越の町並み。


画像
今度はJR川越線/埼京線に乗りこみます。
写真はりんかい線直通の70-000形です。

浦和でおり、いつものように居酒屋へとくりだします。
庄や浦和店です。

画像
城めぐりのあとにビールをぐびりと。
最高です!


画像
定番のから揚げです。


画像
香川のお酒、金陵です。
きりりと辛口でウマいです。
いぜんの四国旅行のときにも飲みましたね。


画像
厚揚げです。
このあと、れいによってカラオケにも行ってしまいました。

今日は3つの城が見れて、酒も飲め、なかなか充実した一日になりました。
それではまた!




関東の名城を歩く(南関東編(埼玉・千葉・東京・神) [ 峰岸純夫 ]
楽天ブックス
峰岸純夫 齋藤慎一 吉川弘文館発行年月:2011年08月 ページ数:297p サイズ:単行本 ISB


楽天市場 by 関東の名城を歩く(南関東編(埼玉・千葉・東京・神) [ 峰岸純夫 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

時遊人69号
2015年01月25日 17:21
川越城、何度か行きましたが長らく工事中でした。城内の天満さんの辺りが城址らしさが残って居る気がしました。四国に行っていたのですが、城址が幾つかあり、家ニスタさんの喜びそうな場所、写真と思っても、へとへとでとても寄り道(しかも山道)する気が湧きませんでした、悪しからず。圧巻は天霧山城にある弥谷寺で、まるで城そのものの石垣です。もう訪れて居る事でしょうが。
家ニスタ
2015年01月25日 23:22
時遊人69号さん、こんばんは。
川越城本丸御殿、たしかに僕が以前いったときも閉まっていました。
城内の天満さん、三芳野神社ですね。
たしかに城らしい雰囲気があります。
天霧城、まだ行ったことないです。
地図を見たら、駅からそう遠くもないようなので、こんど行ってこなきゃいけませんね。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック