2016年7月期テレビドラマ評&感想

すっかりドラマ好きとなってしまった最近の僕。
3、4年前までは、テレビドラマにまったく興味がなかったのですが、さいきんでは毎期4~5本のドラマを見るようになってしまいました。
きっかけは“MOZU”あたりですかねえ。
視聴者のドラマ離れがいわれる昨今、時代の流れに逆行しているような気もしますが・・・。

そこで今回は、ドラマ好きのワタクシ家ニスタが、今期(2016年7月期)のドラマの初回~2回めを見た感想をつづりたいと思います。

まずは『ON~異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』
(フジテレビ系、火曜夜10時)
画像
(写真は番組Facebookからお借りしました)

朝ドラ“あさがきた”で絶好調だった波留をむかえ、ドラマ戦線で苦戦続きのフジが起死回生をねらった意欲作。
今回はなんと波留が心の闇をかかえた刑事役に挑戦しています。
僕のなかで、はじまる前の期待値がいちばん高かったのがこのドラマです。

遺体の描写がグロい、というのがネットで話題になっているようですが・・・。
渡部篤郎、波留、原田美枝子、と芸達者をそろえ、なかなか重厚な刑事ドラマに仕上がっています。
が、僕には気になることが・・・。
横山祐の演技ひどすぎ!

ハードボイルドな感じのキレやすい刑事の役なんですけれど、そんなキャラでしたっけ?
どうも、明らかなミス・キャストという気がしてなりません。
せっかく面白いのに、横山ひとりですべてブチこわしの感が・・・。
ジャ○ーズ枠って、いいかげんいらない気がしますけどね。

この役を、もしあとで出てくる桐谷健太あたりがやってくれてたら、とってもいいドラマになったのに・・・。
と思うと、つくづく残念でなりません。

波留はがんばっているんですけれど、横山の演技が鼻につきすぎ、これからも見続けるかどうかはちょっとわかりません。


続いて『家売るオンナ』
(日テレ系、水曜夜10時)
北川景子が不動産会社の女性社員役。
画像
(写真は番組ツイッターより拝借)

といっても僕は別に不動産屋には興味がなく、まったく期待しないで見始めたのですが、これが面白い!
北川景子は優秀な不動産営業ウーマンなんですが、性格がぶっとび過ぎ。
こんなヤツいねーよ、と毎回ツッコミながら見ています。

北川景子が昔事件のあった事故物件に住んでいて、「怖くないんですか?」
と聞かれ、
「怖いです。夜中にひとりでにドアが開いたりしまったりします」
と真顔でこたえるくだりでは、思わず笑ってしまいました。

北川景子のまったく笑わない演技に注目。
期待度が低かったワリには面白く、いがいな掘り出し物かもしれません。


お次は『はじめまして、愛しています』
(テレビ朝日系、木曜夜9時)
特別養子縁組、ネグレクトといった重い問題に、正面から取り組んだ意欲作。
画像
(画像は番組ツイッターより借用)

テレビドラマは娯楽とはいえ、何かしら勉強になったり、考えさせられたりする部分が必要だと思うのです。
その点このドラマは、特別養子縁組やネグレクトといったむずかしい問題に、真っ向からむきあっており、はじまる前から注目していました。

尾野真千子の抑えた演技は重みがあり、このドラマのシリアスさにふさわしい好演といえます。
いっぽうで江口洋介のネジが飛んだようなスーパーポジティブ・キャラは笑いをさそい、ともすれば重くなりがちなこのドラマの空気をなごませています。

ほかにも、ただのおしゃべりなおばちゃんキャラの坂井真紀や、ふらふらしたダメ男の速水もこみち、クールな児童福祉司の余貴美子など、キャストはみな適材適所で、どっかのドラマのように一人のヘタクソのためにぶちこわし、といったようなストレスはまったくありません。

これからどうやって仮の親子が本当の親子になっていくのか、物語は予断をゆるさず、楽しみで仕方ありません。
現在までのところ、今期のベスト・ドラマにあげてもいいのでは、と思いました。


『時をかける少女』
(日テレ系、土曜夜9時)
いま上昇気流の黒島結菜が、原田知世の名作のリメイクにチャレンジ。
画像
(番組ツイッターより)

黒島結菜チャンかわいい。
以上。

話は・・・何十年も前の作品のリメイクだし、だいたいが予想の範囲内で、まあ可もなく不可もなく、といったところ。
でも僕はこのドラマを見続けるでしょう。
なぜなら結菜チャンかわいいから(何度もいう)。

期待の新人として、黒島結菜には『アオイホノオ』のころから注目していました。
主役の女の子がかわいい、というだけで見続けるドラマがあってもいいのでは、とアイドル好きの僕は思いました。


『水族館ガール』
(NHK総合、金曜夜10時)
朝ドラ『あまちゃん』でブレイクした松岡茉優がハツラツ演技!
画像
(NHKドラマツイッターより借用)

NHKのドラマって変な時期にはじまるんですよね・・・。
このドラマも、すでに7回中4回が終わってしまっています。
ちょっと取り上げるのが遅かったかもしれませんが。

ちょっとおっちょこちょいで、一人で突っ走っちゃうところはあるけど、ひたむきにがんばる、そんな主人公のキャラが、松岡茉優にぴったり。
ほかにも、横暴なドSの先輩に桐谷健太、主人公をあたたかく見守るドクター役に内田朝陽と、キャストが適材適所。
何度もいいますが、キャストがぴたっとはまったドラマって、見ていて気持ちいいですよねー。

こうした、
「思いもしない場所に投げこまれた主人公が、逆境にめげずにがんばる」
式のドラマ、僕はけっこう好きなんです。
NHKのドラマは、地味だけどじわっと面白いものが多いですよね。
この作品も、そうしたものに仕上がっていると思います。

ところで、『あまちゃん』といえば気になるのは能年玲奈(のん)チャンの動向ですよね。
有村架純、松岡茉優と共演した人たちが次々と出世していくなか、あいかわらず干されたまんまですが・・・。
このまま消えてしまう、というのはあまりに残念。
能年ファンの僕としては、なんとしても復活してくれることを願っています。


さて、今回は今期のドラマで、僕が注目しているものを集めてみました。
最終回まで楽しませてくれるのか、それとも途中で失速するのか。
あるいはイマイチだった作品が急に面白くなるのか。
これからも目がはなせません。




時をかける少女改版 [ 筒井康隆 ]
楽天ブックス
角川文庫 筒井康隆 角川書店 KADOKAWABKSCPN_【KADOKAWA3倍】 発行年月:20


楽天市場 by 時をかける少女改版 [ 筒井康隆 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





水族館ガール [ 木宮条太郎 ]
楽天ブックス
実業之日本社文庫 木宮条太郎 実業之日本社発行年月:2014年06月 ページ数:409p サイズ:文


楽天市場 by 水族館ガール [ 木宮条太郎 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

わらび
2016年07月25日 09:46
この頃、テレビドラマを殆どみなかったですね(゜o゜; この記事を読んで、みてみようかという気になりました。
特に「家売るオンナ」おもしろそうです。数年前に放映されていた小泉今日子主演の「最後から2番目の恋」毎回みてましたねぇ。
映画やドラマって、ハマるものがあると2回、3回とみたくなります(´▽`)。

家ニスタ
2016年07月25日 23:09
わらびさん、こんばんは。
たしかにドラマは1本見始めちゃうと、2本、3本と見たくなっちゃうんですよね~。
『家売るオンナ』は面白いので、ぜひ見てみてください。
この記事がご参考になればさいわいです。
いつもコメントありがとうございます。
2016年07月30日 17:23
なんだかんだと、僕もちょくちょく見ていますよ^^
今季は続けてみてるのはON~~と水族館ガール。ただ、ちょこっと飛ばしてしまうので、、、ON~~は僕も一番期待していたんですが、ストーリー展開はまずまず期待どおりでした。波留さんはまずまず現在の実力いっぱいで、これからという感じで良いと思いますが、横山君はやはり気になりましたね。。3回目からは反省したのか抑え気味に変更したようです。抑えた演技の方が彼には合うと思います。
イルカが今回は一番良かったかなと、ホントに配役が適材適所でしたねえ。たまたま初回を観て、すっかり続けてみています。あと、刑事七人もまずまずの出来で観てますよ。
大河に期待してたんですが、なにせ途中からすべてが中途半端で脚本の責任ですね。良いメンバーが揃っているのにもったいない。歴史おたくで懲りすぎてこけた作品だった平清盛とは正反対の創作や演出の偏りで江の二の舞になりそう
家ニスタ
2016年07月30日 22:34
つとつとさん、こんばんは。
つとつとさんも、横山気になりましたか。
3回目から抑えたというよりは、出番自体が減った気が・・・。
僕の評価が効いたのでしょうか(笑)。
『水族館ガール』は良いですよねえ。
大河僕も期待して見てたんですが、変に笑いをとろうとするところが鼻につきます。
まあ、一応これからも見るとは思いますが・・・。
三谷幸喜って、基本的に時代劇向いてないと思います。
いつもコメントありがとうございます。
2016年08月03日 15:50
5作品の中で『はじめまして、愛しています』を観ています。
余貴美子のさめた演技がいいです。江口洋介はちょっとはしゃぎ過ぎかなと・・・
私のお勧めは小泉孝太郎の「受験のシンデレラ」です。
小泉孝太郎、演技上達しましたよ。
あのように要領よく勉強していたら、私だって成績優秀になれただろうにと思っちゃいました。
あと韓流が好きなので「イニョプの道」を観ています。
韓流は徹底的に楽しませてくれる脚本が魅力です。
家ニスタ
2016年08月04日 00:28
かっちゃんさん、こんばんは。
たしかに江口洋介ははしゃぎすぎですね・・。
まあ尾野真千子が抑えぎみですので、バランスとしてはいいかなと。
重いテーマを含む作品で、さいきんのドラマの中では貴重かなと思います。
『受験のシンデレラ』は見ていないのですが、なるほど面白そうですね。
韓流はむかし例のごとく『チャングム』あたりは見ていたのですが、最近はごぶさたですね。
あと映画『猟奇的な彼女』でのチョン・ジヒョンの美しさは、今も記憶に残っています。
こんな人になら殴られたい、と思いました。
コメントありがとうございます。
ieurulab
2016年08月24日 17:39
はじめまして。
家売るオンナでいろんな記事を探していたら
こちらの記事を拝見し、私のブログで紹介させていただきました。
もしご迷惑になるようでしたら削除します。
私の記事は下記になります。
http://ieurulab.blog.jp/archives/5839339.html
本当にお手数ですが、削除の場合は
上記の記事にコメントを残していただけると助かります。
こちらにメールアドレス、書いたらダメですよね…。

8/17の記事もとても楽しく拝見しました。
石岡の出身なんです。
小学校は石岡小学校でしたし
9月にはお祭りがあるので
地元を離れてもう数十年ですが
毎年帰ってますww

もし良ければ、これからも仲良くしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
家ニスタ
2016年08月24日 23:13
ieurulabさん、こんばんは。
ブログでの紹介、リンク大歓迎ですよ。
こちらこそよろしくお願いします。
家売るオンナ、毎回期待を裏切らない面白さですね。
石岡のご出身なんですね。
石岡にはいろいろな史跡があり、歴史好きの僕としては楽しい街でした。
コメントありがとうございます。
ieurulab
2016年09月05日 17:58
こんにちは。
コメントへの返信とブログ紹介の許可、
ありがとうございます!
あまりブログに慣れていなくて
すごくうれしいです。

また、ここで良いのかちょっと迷ったのですが
実はサイトで家売るオンナの最終回予想コンテストの
ようなものを開催しているので、そのお誘いにきました(#^^#)

家売るオンナ感動の最終回
あらすじコンテスト!
http://ieurulab.com/#contest

良かったら参加してください。
そんなに長くなくても、こんな感じじゃない?なんて
軽い予想でもOKです。

もうドラマは見てないですか?
あと2回で終わってしまうので
最後まで盛り上げていければと思っています。
よろしくお願いいたします。
家ニスタ
2016年09月05日 23:38
ieurulabさん、こんばんは。
家売るオンナ、まだ見続けてますよ。
あいかわらず面白いですね。
イモトアヤコのダメ社員が、いい味を出しているかなと。
最終回予想コンテスト、ぜひ参加させていただきます。
どんな最終回になるのか、楽しみですね。
コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック