カンボジア遺跡めぐりの旅(9)-タ・ソム~プリア・カン~帰国

〈2018年3月3日(土)(その2)〉
東メボン寺院をあとにした僕たちは、次の目的地、タ・ソムに向かいました。

画像
やはりバイヨン様式の塔門をもつ。


画像
森の中の参道を進んでいきます。


画像
寺院の中は迷路のよう。


画像
境内は猫パラダイスになっていました。


画像
寝ている子猫たちを起こさないよう、静かに撮影します。


画像



画像
荒れ果てた雰囲気。


画像
タ・プロームと同様、木のからみついた塔門があります。


続いてニャック・ポアンに向かいます。

画像
池のまん中に浮かぶ遺跡。
水の上の参道をあるいていきます。


画像
水に浮かぶ中央祠堂。


画像
遺跡には赤トンボがとまっていました。


さらに次の寺院、プリア・カンに向かいました。

画像
ひろい境内をもつ寺院。


画像
ここのウリは二階建ての建物があることです。
アンコール地域にはいくつもの寺院がありますが、ほかに例を見ません。


画像



画像
プリア・カン遺跡の前でドリンクを売っていた少女。
“ポカリスエット”を買いました。


これで予定していた遺跡はだいたい回りましたが、最後に運転手のプットに頼んで、アンコール・トム南大門に寄ってもらいました。

画像
バイヨン様式のおおきな門。


画像
門の前には力士像がたちならび、巨大なナーガ(蛇)をひっぱっています。


画像
こちらが運転手のプット。
シェムリアップ滞在中、お世話になりました。


画像
18時から宿で最後の晩さん。
おいしかったフィッシュ・アモクを、もう一度たのみました。


画像
いい雰囲気の、夜のバベル・ゲストハウス。


画像
二本目のビールは今まで飲んだことのない、ラオ・ビール。

19時半、ふたたびプットに空港まで連れていってもらいます。
これで旅も終わり。

実質5日間の旅、短かった~。
もっとカンボジアにいたいです。

画像
シェムリアップ空港で、セブ・パシフィック機に乗りこみます。
さようなら、カンボジア!

3時間ほどでフィリピン、マニラに着き、成田行きに乗りかえます。

画像
朝焼けのマニラ空港。


画像
雲のうえをとぶ。


画像
5時間後、日本の大地が見えてきました。


画像
セブ・パシフィック機が成田に到着。
お疲れさまでした~。

今回の旅は実質5日間(6日目の朝に帰国)というみじかいものでしたが、たくさんの遺跡を見ることができ、おいしいものを食べて酒を飲み、アプサラの踊りも見て、とても密度が濃かったです。
カンボジアを訪れるのはほぼ20年ぶりでしたが、とても平和になり、国が発展しているのが実感できました。
また近いうちに、戻ってきたいです。

それでは、また世界のどこかでお会いしましょう!




D22 地球の歩き方 アンコール・ワットとカンボジア 2018?2019 [ 地球の歩き方編集室 ]
楽天ブックス
地球の歩き方編集室 ダイヤモンド社D22 チキュウノアルキカタ ワンコール・ワットトカンボジア チキ


楽天市場 by D22 地球の歩き方 アンコール・ワットとカンボジア 2018?2019 [ 地球の歩き方編集室 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

2018年03月16日 00:02
木の根っこに絡みつかれた建物(画像でも衝撃受けましたが、実際、目にされると圧倒されるでしょうね😵)や ここいらでは珍しい二階建ての寺院など、珍しいものを紹介していただきました🙇
2018年03月16日 15:40
遺跡三昧の素敵な旅でしたね。
「寺院の中は迷路のよう」と
ありましたが、森の中に、忽然として
遺跡が姿を現す様子自体が、すでに
迷宮的な雰囲気たっぷりです。
湖に浮かぶ遺跡にも目を奪われました。
家ニスタ
2018年03月16日 23:17
わらびさん、こんばんは。
木がからみついた寺院はタ・プロームが一番有名ですが、ここタ・ソムでも同様のものが見られます。
たしかに実際に目の前にすると迫力があります。
二階建ての建物は、アンコール地域では非常に珍しいものです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018年03月16日 23:20
yasuhikoさん、こんばんは。
カンボジアの寺院は、東西南北おなじ形をしているものが多く、本当に迷ってしまいそうになります。
たしかに森の中に寺院があらわれるのは幻想的ですね。
池に浮かぶニャック・ポアンはたしかに美しいです。
いつもコメントありがとうございます。
2018年03月18日 07:38
うわぁああああパラダイス!
猫がうじゃうじゃ
朝焼けのマニラも綺麗。
家ニスタ
2018年03月18日 11:45
現実逃避な旅人さん、こんにちは。
タ・ソムには、本当に猫がたくさんいました。
まさに猫パラダイスでした。
マニラ空港の朝焼けは、ホワイトバランスをいじってありますので、実際に見るより赤みが強くなっています。
でも綺麗でした。
コメントありがとうございます。
2018年03月19日 12:19
こんにちは
色々まわられてあっという間の5日間
と言う感じだったのですね
素敵な景色がいっぱいで 時間が
足りなさそうでしたね
お疲れ様でした
2018年03月19日 18:20
最終日も遺跡三昧ですね

猫ちゃんたちのパラダイスですか
くっついて平和そうに寝てて可愛いですね♪

トゥクトゥクってタクシーみたいなものなんですか

20年ぶりの旅で色いろ収穫があったようで良かったですね
家ニスタ
2018年03月19日 22:49
おとめさん、こんばんは。
本当にあっというまの5日間でした。
シェムリアップの周辺には遺跡が密集していますので、毎日の密度が濃く、5日間では足りませんでした。
また来たいと思います。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018年03月19日 22:52
とまるさん、こんばんは。
タ・ソムはにゃんこパラダイスでした。
何匹も重なりあって寝ていました。
トゥクトゥクはバイクのうしろに客席をつけたもので、いわば三輪タクシーです。
日本に昔あった、三輪自動車を思いうかべてもらえばいいと思います。
20年ぶりのカンボジアはまったく変わっていて、つくづく平和っていいなと思いました。
いつもコメントありがとうございます。
2018年03月21日 15:29
カンボジアの遺跡の旅、これまた充実していたようですね。
確かにその建築物の美しさや精緻な彫刻の数々に驚かせられます。本当に高度な文化を持っていたのだとあらためて感じます。
以前よりずっと整備され安心して見られるようになっているようですね。観光を活かした国の発展も素晴らしいことだと思います。益々そうあって欲しいなと思いました。
家ニスタ
2018年03月21日 16:56
ミクミティさん、こんにちは。
本当にカンボジアの建物や彫刻はうつくしいです。
地方にはまだまだ危ないところもあるようですが、基本的にシェムリアップの周辺は非常に安全になり、旅行しやすくなっています。
観光立国で発展している例といえますね。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック