カンボジア遺跡めぐりの旅(4)-ベン・メリア

〈2018年3月1日(木)(その2)〉
コー・ケーをあとにした、僕のチャーターしたタクシーは、いったん来た道をもどり、次の目的地ベン・メリア遺跡をめざしました。

画像
この遺跡は、2015年のミャンマー旅行のときに、ホテルで同室になった日本人に、
「遺跡好きだったら、ぜひベン・メリアに行ってきたほうがいいですよ。保存の手が入ってなくて、いかにも廃墟、って雰囲気が最高なんです」
といってススメられたところです。
それ以来、僕もどうしても行きたいと思っていました。


画像
ジャングルまではいきませんが、熱帯の雰囲気たっぷりの路上。

プラサット・プラムから1時間半ほども走ったでしょうか、やがて車はベン・メリアの入口にたどり着きました。


画像
参道をあるいていくと・・・。


画像
遺跡が見えてきました。


画像
石材が散乱し、ほんとうに廃墟そのものです。


画像
デバター像もさびしげな雰囲気。


画像
ナーガ(蛇神)像はよく残っていました。


画像
この遺跡は意外と人気があるらしく、多くの団体客が訪れていました。


画像
精緻なレリーフもありますが、やはり荒れ果てています。


画像



画像



画像
木のからみつくさまがすごい。


画像
廃墟感たっぷりの遺跡を見学できて、よかったです。

ベン・メリア遺跡見学を終え、ちかくのレストランで昼食をとりました。


画像
“海老と野菜の炒めもの”を食べました。
おいしかったです。


画像
この旅の定番になった、アンコール・ビール。

昼食後、ふたたびタクシーに乗りこみ、シェムリアップに帰りました。
運転手さんに約束したチャーター代を払い、宿へともどります。

今日は外へは行かず、宿に付属したレストランで夕食をとることにします。
バベル・ゲストハウスには、ちょっとお洒落なレストランがあります。

画像
いい雰囲気でしょ。


画像
フィッシュ・アモクを食べました。
ココナッツミルクを使った、カレーのようなソースで、白身魚を煮込んであります。
うーん、これはウマい!


明日はアンコール・ワットで朝日を見ます!




D22 地球の歩き方 アンコール・ワットとカンボジア 2018?2019 [ 地球の歩き方編集室 ]
楽天ブックス
地球の歩き方編集室 ダイヤモンド社D22 チキュウノアルキカタ ワンコール・ワットトカンボジア チキ


楽天市場 by D22 地球の歩き方 アンコール・ワットとカンボジア 2018?2019 [ 地球の歩き方編集室 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

メミコ
2018年03月07日 09:51
お久しぶりです すてきな旅ですね
カンボジアは わたしには怖いエリアでしたがこの旅で今の様子を知りえ いつか行きたくなりましたが 無理かな~

カンボジア独特の彫像が魅力的ですね

家ニスタ
2018年03月07日 22:42
メミコさん、こんばんは。
カンボジアには、一部いまだ怖い地域も残っているようですが、シェムリアップ周辺に関しては、ごく安全に旅行ができると思います。
ぜひいらしてみてください。
彫刻、レリーフ、クメール芸術の数々は本当にすばらしいです。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック