岐阜、愛知・城と飲みテツの旅(2)-加納城

犬山城をあとにした僕は、犬山遊園駅へともどり、ふたたび名鉄に乗りました。

画像
名鉄岐阜駅まで行きます。

まずは駅からすぐのところにある今夜の宿、サンホテル岐阜に荷物を置きます。
このホテル、建物は若干くたびれていますが、内部は改装されたばかりのようですごくキレイ。
部屋がやや狭いのが難点とはいえ、朝食込みで1泊4500円という安さ!
かなりの当たりでした。


ホテルから南へ向かって徒歩10分ほどのところに、加納城跡があります。

画像
加納城の石垣が見えてきます。


画像
本丸は公園となっており、市民の憩の場になっています。


画像
随所に豪壮な石垣が見られます。


加納城の創建は文安2(1445)年、美濃の守護代であった斎藤利永によるものです。

一時廃城となっていた加納の地に、関ヶ原戦後の家康は山上の岐阜城に代わる拠点を置くことにします。
慶長6(1601)年に奥平信昌が城主となりますが、やがて奥平家は断絶。
以後たびたび城主は入れ替わり、最後の永井氏のときに明治をむかえます。




画像
野面のワイルドな石積み。


いったん宿にもどった僕は、あらためて夜の岐阜の町へとくりだしました。
サンホテル岐阜は、岐阜の繁華街からもすぐです。


画像
やってきたのは、魚楽(うおらく)
「内陸の岐阜で魚料理?!」
とも思ったんですが、HPを見ていたら岐阜の地酒が充実しているようなので、ここにしました。


画像
まずは生ビールで、長時間列車に乗りっぱなしだった疲れをいやします。
くーっ、ウマい!


画像
お通しがほう葉のみそ焼きとは、豪勢ですなあ。


画像
かわり種のツマミ、まぐろカツのタルタルチーズ。
おおっ、こういうマグロの味わい方もアリです。


画像
岩魚の塩焼き。
これは内陸部の岐阜らしいメニュー。


画像
日本酒に移行。

飲んだのは中津川の恵那山と、
各務原の長良川です。
どちらも素朴ながら味わい深く、おいしいお酒でした。


画像
シメは、“漁師のまかない飯”。
海の幸がたっぷりとのったごはんに、出汁をかけていただきます。
これまた至福。

この居酒屋はツマミがどれもおいしく、岐阜の地酒がそろっていて、良かったです。
しかもさんざん飲んで食べて、5000円ちょっととリーズナブル。
岐阜の夜をたんのうすることができました。


明日は岐阜城、ロープウェーを使わず登山に挑戦したいと思います。




サンホテル岐阜
楽天トラベル
JR岐阜駅より徒歩4分・名鉄岐阜駅より徒歩2分! 朝食無料サービス(6:30?9:30)


楽天市場





恵那山 純米吟醸 無濾過生酒 720ml 新発売
地酒ワタナベ
恵那山より新発売、純米吟醸無濾過生酒 お米ふくよかさ、甘味に加え無濾過ならではの香りとうま味山田錦5


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 45

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年10月23日 08:53
こんにちは。

次は岐阜に移動ですか。
加納城跡、ここは私もちょこっとだけ行ったことありますよ。
2018年10月23日 12:32
こんにちは

岐阜ですか
多分 一度も行ったことのない土地です

↑地酒がいろいろおいてある居酒屋さんは
良いですねぇ!
お料理もなかなかいい感じです!
家ニスタ
2018年10月24日 23:07
トトパパさん、こんばんは。
加納城に行ったことがあるとは、なかなか通ですね。
岐阜に移動しました。
ここから、岐阜と愛知を行ったりきたりしながら、いくつかの城をまわります。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018年10月24日 23:13
おとめさん、こんばんは。
岐阜にまだ行かれたことがないのですか。
とくに何があるというわけでもないですが、
(僕の言うことじゃないですけどw)
一度行ってこられたらいいと思いますよ。
地酒が充実している居酒屋は、行ってうれしくなります。
なかには地元の酒をまったく置いていない店もありますので。
いつもコメントありがとうございます。
2018年11月18日 20:04
岐阜は前職の関係でちょこちょこ行っていたので案外地図に明るい僕^^V 
大河の「国盗り物語」や小説を読んだ関係で、加納城址にはしっかり行ってきました。大規模な石積みがあるんだと感心したものですが、16世紀中に廃城になった上に関ケ原後に築城されたのだと後で知りました。 今の城址の前は美濃守護代家の斎藤家の居城で、斎藤道三が美濃を手中に収める前に居城としていたのが加納城だと云われていました。美濃守護家の川手城はここから南に4.500m行った済美高校(せいび、愛媛のとは別物)が跡地で学校の真ん中道路の片隅に城址碑がポツンとありました。道三は稲葉山城が出来るまではここにいたそうです。岐阜市内も歩いてみると色々見つけられそうな町ですねえ^^
家ニスタ
2018年11月21日 01:53
つとつとさん、こんばんは。
加納城に行かれたことがあるのですね。
僕も今回の旅では100名城以外で唯一行った城ですので、貴重でした。
川手城ですか、それは知りませんでした。
しかし高校の中では、ちょっと行きづらそうですね。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック