『ムンク展』を見てきました

開催中の『ムンク展』を見るため、上野の東京都美術館へ行ってまいりました。

画像

ムンク展に行こう! と決めてから、あらためて自宅の書棚を見てみたら、昔のムンク展に行ったときの図録が、2冊も出てきました。
1993年に出光美術館で行われたものと、1997年に世田谷美術館で行われたものです。

2回もムンク展に行ったうえに、図録まで買っているとは、今まで意識してませんでしたが、僕ってムンクが大好きなんだなあ、とあらためて思いました。
それとも、母が展覧会に行って買ったものでしょうか。
(はっきりおぼえていないので・・・)

まあ、今までに2回行って、しかも図録まで持っているとなれば、今回はパスしてもいいところですが、結局行ってくることにしました。
やっぱりムンク好きみたいですw


昼に上野駅に着き、東京都美術館へ向かいます。


画像
美術館の中にも看板。

しかし、ちょうどフェルメール展と時期が重なっていたので、ムンクのほうは空いているだろう、と期待して行ったのですが、この時点では入場するまでに長い列ができていました。
(入場まで20分待ちの表示)

待てば列がみじかくなるかどうかはわかりませんでしたが、とりあえず国立科学博物館のほうにも行く予定だったので、そちらを先に見てくることにしました。
(科博のほうは、のちほどあらためて記事を書きたいと思います)
こういうとき、たくさんの美術館や博物館のならんでいる上野は、便利ですね。


科博の見学を終え、2時間ほどしてもどると、さいわい入口の前の列は消え、入場までの待ち時間はゼロになっていました。
チケットを買い、なかへと入ります。

まあ先ほどよりは混雑も緩和されているとはおもいますが、それでもけっこうな混みようです。
多くの人がフェルメール展のほうへ行ってしまうだろう、という僕の目論見ははずれましたね。
やはり日本人(僕も含め)ムンクが好きみたいです。

さて、目玉の『叫び』ですが、現存する4つの『叫び』のうち、今回はオスロ市立ムンク美術館所蔵のテンペラ+油彩画のバージョンが来ています。
ムンクはおなじモチーフの絵をなんども描くことがあったようですね。

『叫び』の前には柵が張られ、最前列で見る人には、
「歩きながら見てください、歩きながら見てください」
の声が係員からかかります。

ただ、柵の後ろで見るぶんには、
(ちょっと離れていますが)
いつまで見ていてもいいので、僕もちょっと離れたところからじっと見ていました。

『叫び』以外にも、ムンクの代表作といえる作品がいくつか来ていて、内容の濃い展覧会になっています。
それでは、いつものようにおみやげの絵はがきをスキャンしたものを載せていきたいと思います。


画像
『星月夜』。
これ大好きです。
神秘的でファンタジック。
北国の月夜のしんとした静けさが、伝わってくるようです。


画像
『並木道の新雪』
ほのぼのとしていながら、なんだか不安感をあおるような感じもあります。
ムンクの真骨頂といった絵ですね。


画像
叫びとほぼ同じ構図、同じ色彩の、『絶望』。


画像
こちらがいわずと知れた『叫び』。
発表された当初は酷評だったとか。
でも、現代人の不安や孤独が、みごとに表現された絵ですね。


『叫び』ばかりでなく、ムンクの代表作が多く来日した今回の展覧会。
個人的には、フェルメール展よりこちらのほうが面白かったです。
入場料も安いですし。
会期は1月20日までですので、お時間のある方はぜひご覧になってみてください。


画像
夜の東京都美術館です。


画像
東京都美術館。











ムンクへの招待 [ 朝日新聞出版 ]
楽天ブックス
朝日新聞出版 朝日新聞出版ムンクヘノショウタイ アサヒシンブンシュッパン 発行年月:2018年10月


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 40

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年11月24日 23:41
こんばんは。

ムンク展、いいですね!
めっちゃ行きたいんですよ。
先週、東京に行った時に、仕事の合間を縫って行ってやろうかと思ってましたが、無理でした。
今週も東京に行くんですが、日帰りなんで無理です。。。
大阪に来ないかな。。。
家ニスタ
2018年11月25日 23:05
トトパパさん、こんばんは。
ムンク展、良かったですよ。
出張の合間に見てくるというのは、なかなか難しいかもしれませんね。
日帰りだとなおさら・・・。
残念ながら、関西のほうに巡回する予定はないようです。
次回に期待ですね。
いつもコメントありがとうございます。
2018年11月26日 12:31
こんにちは♪
精力的に 展覧会やコンサートに
足を運ばれてますね!

私も行きたいと思いながら 人混みを
思うと ついつい腰があがりません・・・

ムンクと言うと叫びばかりがクローズアップ
されますけど 他にも良い絵が展示されて
いるんですね♪
家ニスタ
2018年11月27日 23:11
おとめさん、こんばんは。
はい、展覧会もコンサートも、精力的に行ってます。
ムンクは『叫び』のイメージが強いですが、ほかにも良い絵がたくさんありますので、ぜひ多くの人に見ていただきたいと思っています。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック