熊本、佐賀・城と遺跡めぐりの旅(5)-八代城~帰宅

3日目は16時の飛行機に乗らなくてはならないので、実質半日しかありません。
この日はレンタカーは借りずに、鉄道を使うことにしました。
ようやく最終日になって、ちょこっと飲みテツです。

まずは市電に乗って、熊本駅まで出ます。


画像
817系と815系がそろいぶみです。
手前の817系が、僕の乗る八代行きです。


画像
さっそく、駅で買った駅弁をあけます。
阿蘇あか牛弁当です。

あか牛のバラ肉とロース肉の2種類が味わえます。
どちらもしっかりと味がついていてウマい!


やがて八代駅に到着。

画像
八代駅から八代城へとあるく途中、ところどころにくまモンがたっています。


画像
徒歩20分ほどで、八代城の石垣が見えてきます。


画像
水堀では水鳥のつがいが仲よさそうに泳いでました。
うらやましいな・・・。


画像
本丸には八代宮がたっています。


画像
本殿。


画像
天守台ふきんから水堀を見おろしたところ。
なかなか堅固なつくりになっているのがわかります。


画像
天守台です。


元和5(1619)年、熊本藩主加藤忠広は地震により大きな被害を受けた麦島城に代わり、八代城の築城に着手します。
もともと麦島城は、島津へのおさえとして、一国一城令の例外で存続がみとめられていたものです。

寛永9(1632)年には加藤氏が改易、代わって細川忠利が52万石で熊本藩主となります。
忠利の父である細川忠興は、隠居城として八代に入ります。

忠興の没後は、細川家の筆頭家老であった松井興長が八代に入り、以後明治維新まで松井家が八代城主をつとめます。





画像
城跡に隣接して、八代市立博物館がたっています。
写真は江戸時代の妙見祭の行列を再現したミニチュアです。


画像
非常に精巧につくられた模型で、見ていて飽きません。
これ以外の展示品は撮影禁止でした。


画像
市立博物館で、続100名城スタンプを押しました。
続100名城達成状況・・・86/100。
続100名城スタンプ達成状況・・・18/100。


ふたたび徒歩20分ほどかけて八代駅にもどります。

八代駅前の弁当屋、より藤で駅弁を買います。
駅前に弁当屋がどーんとたってるのって、北海道の森駅や人吉駅以来ですね。


画像
帰りは815系です。


画像
買った弁当はその名も天草大王地鶏めし
こちらもそぼろと切り身の2種類がのっていて、それぞれちがった食感を楽しめます。
やはり天草大王は身がしっかりとしていて、いかにも地鶏、といった味わい。
まさに大王ですね!


やがて熊本駅に到着。
熊本駅前からバスに乗り、阿蘇くまもと空港へ向かいます。

空港に着いて、まだ時間があったので、熊本でさいごの食事をとることにします。
入ったのは空港内にある、ラーメンダイニングくすのきです。

メニューを見ていたら、太平燕という謎の料理が目にはいりました。
店の人に聞いたら、これは“タイピーエン”と読み、熊本名物だとのこと。
よし、これにしよう!


画像
やがて太平燕がはこばれてきました。
一見、ちゃんぽんのように見えますが、めんには“はるさめ”が使われています。

ちょっと体験したことのない味ですが、なかなかおいしい。
ふつうのラーメンやちゃんぽんよりヘルシーだし、いいと思います。

画像
もちろん生ビールも飲みました。
熊本でさいごの一杯。


ロビーでは、離着陸する飛行機が見れます。
画像
ジェットスター機の背後で、ソラシドエア機が離陸する決定的瞬間!


やがて時間になり、荷物検査を受けた僕は機内に乗りこみました。

今回は3日間のみじかい日程でしたが、いろいろな史跡を見ることができ、熊本名物を食べて飲んで、なかなか密度が濃かったです。


年末には四国へ行く予定です。
それではまた!




熊本城物語 加藤家三代、細川家十二代、そして西南戦争 (中村彰彦史伝シリーズ 歴史の裏に真あり 1) [ 中村彰彦 ]
楽天ブックス
加藤家三代、細川家十二代、そして西南戦争 中村彰彦史伝シリーズ 歴史の裏に真あり 1 中村彰彦 自由


楽天市場





古代山城鞠智城を考える 2009年東京シンポジウムの記録 [ 熊本県教育委員会 ]
楽天ブックス
2009年東京シンポジウムの記録 熊本県教育委員会 笹山晴生 山川出版社(千代田区)コダイ ヤマジロ


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年12月16日 00:48
こんばんは。

阿蘇あか牛弁当、美味しそうですね~。
八代城ですか。
綺麗な石垣が残ってるんですね。
いいですね。
家ニスタ
2018年12月16日 17:51
トトパパさん、こんにちは。
あか牛弁当、おいしかったです。
八代城は石垣がきれいに残っています。
九州は立派な石垣のある城が多いですね。
いつもコメントありがとうございます。
2018年12月16日 18:48
ハードスケジュールの旅だったですね。地元民とは違う目線での紹介もあって楽しく読ませていただきました。熊本のグルメも楽しめて良かったですね。八代市には全国区?のB級グルメ「シュードーナツ」がありますよ。トマトラーメンも美味しいですよ。
2018年12月17日 12:37
お弁当もしっかり2度食べて 太平燕も
召し上がったんですね!
太平燕 おいしそうですね♪
インスタントは食べたことがあるのですけど

以前 日高屋さんにあったんですが 日高屋
さんも なかなか入るきっかけがなくって
今は ないみたいなんですよね・・・
家ニスタ
2018年12月17日 22:52
torさん、こんばんは。
なかなか忙しい旅でした。
部外者ならでは視点がお見せできたでしょうか。
シュードーナツですか、ちょっと気になります。
トマトラーメン・・・話のタネには良さそうですね。
こんど機会があったらチャレンジしてみます。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018年12月17日 23:05
おとめさん、こんばんは。
えっ、太平燕、日高屋のメニューにあったのですか?
けっこう全国的に知られた料理なんでしょうか。
僕は初めてでした。
駅弁も太平燕もおいしかったです。
いつもコメントありがとうございます。
2018年12月18日 12:18
八代城の石垣と堀を観ると堅固な城だというのが解りますねえ@@ 細川忠興の隠居城、こちらの小松城と同じような名目になっていたんでしょうか。こちらは薩摩に対する城で目的ははっきりしますが。。
家ニスタ
2018年12月19日 02:06
つとつとさん、こんばんは。
八代城はなかなか堅固なつくりに見えました。
そうですね、まさに小松城とおなじような役割だったかもしれません。
島津にたいするおさえという目的があったので、一城令の例外として認められたようです。
もっとも、その島津も“麓”の名目でいくつもの外城をもっているのですが・・・。
江戸幕府も、大藩にたいしてはあまり強くいえなかったということかもしれません。
いつもコメントありがとうございます。
2018年12月21日 22:26
道案内がくまもんというのが
熊本らしくていいですね。
次の古城・遺跡間繰りの旅は四国ですか。
またレポート楽しみにしています。
家ニスタ
2018年12月22日 21:41
yasuhikoさん、こんばんは。
いたるとことに道案内のくまモンがたっていましたね。
次の旅行は四国になります。
ご覧いただければ幸いです。
いつもコメントありがとうございます。
2019年01月01日 16:55
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします
(こちらで、すみません)

阿蘇あか牛弁当も天草大王地鶏めしも美味しそうです
最後の太平燕も美味しそうです
食べてみたいなぁ~

九州はリベンジしなきゃなんで参考になりました
家ニスタ
2019年01月01日 17:53
とまるさん、あけましておめでとうございます。
2つの駅弁も、太平燕もおいしかったです。
とくに太平燕という料理については知らなかったので、今回食べられたのは貴重な体験でした。
とまるさんも九州に行かれたら、ぜひ食べてみてください。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック