ギリシャ=アテネとペロポネソス半島・遺跡めぐりの旅(5)-オリンピア遺跡

〈2019年1月22日(火)(その1)〉
昨日の夜はぎりぎりになって泊まるホテルを見つけましたが、部屋は快適でした。
朝8時すぎにホテルをチェックアウトし、徒歩10分ほどのところにあるオリンピア遺跡へ向かいます。

画像
入口で入場料6ユーロを払い、遺跡のなかへと入っていきます。


画像
こちらがフィリペイオン
紀元前4世紀に、アレクサンドロス大王の父であるフィリッポス2世が、戦争の勝利を記念してたてたそうです。


画像
多数の列柱がならぶのは、パレストラ(闘技場)。
メキシコ=チチェン・イツァの「戦士の神殿」をおもいだします。


画像
フェイディアスの仕事場には、十字架のモチーフがのこっていますが、これはキリスト教がオリンピアに進出してきた、ビザンティン時代のもの。


画像
レオニデオン(宿泊所)。


画像
遺跡の背景には、いつも印象的な山が見えています。


画像
ゼウス神殿
柱が1本だけ復元されているのが、なんだかわびしい。


画像
ぽつんと建つニケ女神像の台座。
ニケ女神像の本体は、オリンピア考古学博物館に展示されています。


画像
印象的なアーチは、スタジアムへの入口。


画像
スタジアム。
こっ、ここで、さまざまな競技がおこなわれたのですね・・・。
トラックの長さは200メートルちかくあるそうで、短距離走をするには十分な広さですね。


画像
ヘラ神殿。
ヘラといえば嫉妬ぶかく、夫ゼウスの浮気相手にさかんに呪いをかけたりするコワ~い女性、というイメージがありますが・・・。
やはり古代は一定の信仰をあつめていたのでしょうか。


画像
このヘラ神殿の前の祭壇で、現代でもオリンピックの聖火が採火されています。





画像
オリンピア遺跡の入口ふきんは緑がきれいです。


画像
市内にたつ銅像。
ニケでしょうか?


このあとオリンピア考古学博物館をおとずれます。

(その2)に続きます。



ギリシアの古代オリンピック
講談社
楠見 千鶴子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

2019年01月27日 10:52
こんにちは。

オリンピア遺跡ですか。
いいですね。
行ってみた位です。
家ニスタ
2019年01月28日 01:37
トトパパさん、こんばんは。
まさにここが、古代オリンピックのおこなわれていたオリンピア遺跡です。
遺跡の知名度のわりに、観光客が少なく、落ちついたいいところですので、ぜひ一度いらしてみてください。
いつもコメントありがとうございます。
2019年01月28日 12:28
すごいですねぇ
このころの日本は『サル』の時代
でしょうか・・・ ^^;
家ニスタ
2019年01月28日 23:23
おとめさん、こんばんは。
ローマの時にも書きましたが、このころの日本人はおサルさんじゃありません(笑)。
稲作が伝わったころですから、すでに未開の時代は脱しています。
ヨーロッパと比べて、あまり自分たちを極端に下に見ないほうがいいと思いますよ。
いつもコメントありがとうございます。
2019年02月09日 10:22
バツイチのゼウスはヘラに惚れて結婚したけど、浮気好きの本性は隠せず、ヘラの嫉妬を買うことに、その度にヘラの嫉妬と暴走に辟易して何度も別れようと考えたみたいです。
ところがヘラは年に一度、泉で沐浴すると美の女神・アフロディーテより美しく、性格も清純その物の理想の女性に変身に。。その度にゼウスは惚れ直して結婚生活が続いたそうです。
ちなみにヘラは男女の出会い、結婚、貞節の女神であれだけ色恋沙汰の多いギリシャ神話の中で唯一浮気話のない女神で信者には優しい存在、裏切るととっても怖い女神の二面性^^
家ニスタ
2019年02月09日 18:20
つとつとさん、こんにちは。
ヘラでわからないのは、なぜ浮気したゼウスを責めずに、浮気相手に対して強烈な攻撃をくわえるのかです。
でも、今でも浮気をした夫本人は憎めない、という女性もいるかもしれませんが・・・。
なるほど、そういう訳でヘラが信者の崇敬を集めていたのですね。
勉強になりました。
いつもコメントありがとうございます。
2019年02月13日 21:38
オリンピア遺跡にも行かれましたね。アテネからは結構遠いですがよく行かれました。さすがです。
確かに観光客は少なく落ち着いた感じですね。じっくりと見られたのではないですか。
私が行った時は夏で、観光客が多く更に暑くて日影で休み休み見学したのを覚えています。古代遺跡の季節感を感じました。
家ニスタ
2019年02月15日 22:37
ミクミティさん、こんばんは。
はい、オリンピア遺跡にも行ってきました。
アテネから直接行ったのではなく、スパルタから行ったので、本来それほど遠くないはずだったのですが・・・。
バスはかなり時間がかかりましたね。
僕が行ったときは本当に観光客が少なかったです。
おかげでゆっくりと見ることができました。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック