スリランカ遺跡めぐりの旅(2)-ダンブッラ

〈2019年2月8日(金)(その2)〉
昼食を終えた僕は、ダンブッラ石窟寺院の見学に向かいました。

画像
宿から10分ほど南へあるいていくと、ひときわめだつ、金色にかがやく大仏が見えてきます。

この大仏の裏手の山に、ダンブッラ石窟寺院があります。


画像
大仏の背後、石窟寺院への入口あたりからふりかえると、このような景色が。


画像
石窟寺院のチケット売場の前では、ネコが寝ていました。


画像
このような階段を、えんえんとのぼっていきます。

今日2つめの観光地だというのと、暑さと湿度から、僕はグロッキー寸前になってしまいました。
ふだん山城のぼりで鍛えているというのに、情けないです・・・。

休み休みのぼり、なんとか山頂にたどりつきました。


画像
山頂近くからの景色です。


画像
山頂にある岩山をくりぬいてつくられた石窟のなかに、寺院がつくられています。

ここでも、やはり入口で靴をぬぎます。


画像
第1窟には、巨大な寝釈迦があります。


画像
広大な第2窟は、この遺跡のハイライトといえます。


画像
第2窟。


画像



画像
第2窟の内部です。


画像
第2窟の見どころのひとつとして、華麗な天井画があります。


画像
第2窟よりややせまい第3窟。


画像
さらにせまい第4窟。


画像
第5窟には寝釈迦もあります。

こちらのダンブッラ石窟寺院も、世界遺産に選定されています。





画像
石窟寺院を出たところにいた子ザル。
スリランカには、本当にいろいろな動物がいますね。


画像
ネコちゃんもいました。


画像
こちらはスリランカでよく見る、ぐったりしたワンコ(笑)。


いったん宿にもどってから、あらためて夕食をとりに出ます。

画像
夕暮れどきのアヴィンカ・ホリデイ・ホームです。
なかなかいい雰囲気でしょ?


画像
町で見かけた広告の看板。
インドやパキスタンでは、クリケットが国技なのだ、と聞いたことがありますが、スリランカでも人気みたいですね。
クリケット選手がミロの宣伝をしています。


宿からちょっと歩いたところにある、レストランというか食堂に入りました。
(レストランというほどのところじゃないので・・・)

ところが、ここで聞いたらビールを置いてないとのこと。
えっ!? こんなことはスペイン南部のアラブ・レストラン以来ですよ。
仕方がないので、スプライトをたのみました。


画像
メインは焼きそば。
文字どおり焼きそばです。
ビーフンみたいなめんでした。

しかしスプライトなんて飲むのは、ずいぶんひさしぶりだな・・・。


画像
食堂で飲めなかった腹いせ(?)に、近くの売店で缶ビールを2本買ってきて、部屋で飲みました。
結局酒量が増えた気がする・・・。


明日はシーギリヤへ行く予定です。




アユボワン! スリランカ ゆるり、南の島国へ [ 岩瀬幸代 ]
楽天ブックス
ゆるり、南の島国へ 岩瀬幸代 光文社アユボワン! スリランカ イワセ サチヨ 発行年月:2017年0


楽天市場



この記事へのコメント

2019年02月10日 02:49
こんばんは。

ダンブッラ石窟寺院ですか。
初めて知りました。
えらいエラの張った仏様ですね。
岩山をくりぬいてつくられた石窟、素晴らしいですね!
家ニスタ
2019年02月10日 09:37
トトパパさん、おはようございます。
ダンブッラ石窟寺院は世界遺産にも選ばれていて、ちまたでは有名みたいです。
(僕もここに来るまで知りませんでしたが・・・)
ふもとの黄金大仏は、たしかにエラがはってますね。
いつもコメントありがとうございます。
2019年02月11日 14:07
こんにちは♪
スリランカの仏様も色鮮やかですね!
タイみたいに仏様が寝ているんですね(笑)

スリランカも以前はイギリスの植民地
だったのでしたっけ?
2019年02月11日 21:22
石段を登って行くんですね
山城めぐりされてる家ニスタさんでもバテるんですか
すごいところに行かれたんですね
家ニスタ
2019年02月13日 11:28
おとめさん、こんにちは。
ふもとの黄金大仏はたしかに色あざやかですね。
寝釈迦は東南アジアでも南アジアでも、一般的なモチーフみたいです。
スリランカも以前はイギリスの植民地で、その前はオランダが進出してたみたいです。
僕も詳しくは知らないんですけれど・・・。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2019年02月13日 11:30
とまるさん、こんにちは。
長~い石段をのぼっていきました。
暑さと湿気がすごくて、汗だらだらになり、日本の山城とは全然ちがったきびしさでした。
でも鍛えなおさなくちゃだめですね・・・。
いつもコメントありがとうございます。
2019年03月04日 07:42
気候が変わると、やはり動くにも大変そうですねえ。
東南アジアの仏像もきらびやかですが、ダンブッラの大仏も派手ですねえ。家ニスタさんが音を上げるほどの山上にこんな巨大な大仏をどうやって作ったんでしょうねえ。ダンブッラ石窟寺院の仏像群も壮観ですが眼が大きく白くしているせいか、怖さを感じるくらいです。
日本では涅槃図という絵画くらいで、あまり見かけない涅槃仏ですが仏像になると迫力ありますねえ@@
家ニスタ
2019年03月06日 23:28
つとつとさん、こんばんは。
比較的暑いところには耐性があるつもりだったんですが、やはり山城のぼりなみの運動をするとなるとだめですね。
ちなみに金色の大仏は麓にあり、山の上ではありません。
たしかに石窟寺院の中はうす暗くて、仏像がずらりと並ぶすがたには一種恐怖をかんじます。
東南アジアや南アジアでは、寝釈迦の像がたくさんありますね。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック