スリランカ遺跡めぐりの旅(6)-アヌラーダプラ

〈2019年2月11日(月)〉
朝8時に宿を出て、ラジャのトゥクトゥクでアヌラーダプラまで送ってもらいます。
ポロンナルワからアヌラーダプラまでは、3時間ほどの道のりです。


画像
途中、朝食に寄ってもらいました。
パン2個に、紅茶の朝食。
しかしセイロン・ティー、いつ飲んでもうまい。


画像
アヌラーダプラへと続く道です。


画像
稲穂もたわわに実っています。


ポロンナルワを出発しておよそ3時間、アヌラーダプラに到着しました。
ローカル・バスを使うともっと疲れたでしょうから、まあトゥクトゥクを使って正解だったといえるかもしれません。

『地球の歩き方』に載っていた、レイク・ビューというホテルに連れていってもらおうとしましたが、ラジャにはそのホテルの場所がわからないようでした。
道行く人に聞きながら、なんとかホテルにたどりつきました。

エアコン付きの部屋が3500ルピー(2300円)だというので、ここに決めました。
部屋もそこそこきれいでした。

お礼を言ってラジャとわかれます。
最初会ったときはうさんくさいと思ったんですが、結果的に2日間彼に案内してもらって、よかったと思います。


今日は宿で400ルピーで自転車を借りて、ゆっくりとアヌラーダプラ遺跡をまわろうと思います。
昨日ポロンナルワではできなかったんですが、ここでチャリでの遺跡めぐりを実現できました。

自転車を走らせ、まずは町なかへ出て、昼食を取ることにしました。
町なかはけっこう交通量が多くて、チャリで走っていると若干恐怖をかんじます。

画像
道ぞいの食堂に入り、フライドライス(チャーハン)を食べました。
これから自転車で遺跡めぐりをしなければならないので、アルコールを頼むのはやめておきました。

食事を終え、次に明日のコロンボ行きの切符を取るために、鉄道駅へ行きます。
スリランカで2回目の鉄道利用ですが、明日列車に乗ってしまえば、この旅もほとんど終わりです。
駅では、あっさりと明日の13:50発コロンボ行きのチケットがとれました。
2等車で450ルピー(300円)という安さです。

ぶじに列車のチケットも取り終え、まずは遺跡エリアの入口にある、チケット売り場兼博物館へと行きます。


画像
チケット売り場兼博物館の建物です。
こちらの遺跡も、入場料25USドルと高い。
スリランカは物価は安いのですが、連日遺跡に入っているので、手もちのキャッシュがどんどんなくなっていきます。

チケットを買ったあとに、おなじ建物内にある博物館を見学しました。
『歩き方』によると、考古学博物館は別のところにあると書いてありますが、チケット売り場とおなじ建物でした。
考古学博物館は改装中とのことだったので、こちらに移ってきたのかもしれません。
いずれにしろ撮影は禁止で、たいした展示物もありませんでした。


画像
今日の僕の愛機チャリンコ。


画像
チケット・オフィスから少し自転車を走らせると、ルワンウェリ・サーヤ大塔が見えてきます。
こちらも典型的なスリランカ式仏塔。
ただ、あまりにまっ白なその外観は、少々“復元やりすぎ”の観がなくもありません。

ミャンマーのバガンなどは、修復に現代的素材(コンクリート等)が使われているために世界遺産にならない、という話を聞いたことがありますが、こちらはそれには当てはまらないんでしょうか。


画像
大塔の前にある像の彫刻と、熱心に祈りをささげる地元の人。


画像
ルワンウェリ・サーヤ大塔です。

この大塔のちかくへ行くには、靴をぬいで裸足にならねばならず、南国の太陽で熱せられた石畳は、足をやけどしそうに熱い!
小走りになりながら見学しました。


画像
こちらは祈りをささげる学僧たち。
ちかくに仏教学校があったのですが、どうやらその敷地内にまぎれこんでしまったようです。


画像
ルワンウェリ・サーヤ大塔からさらに北へ1キロちょっと自転車を走らせると、こんどはアバヤギリ大塔が見えてきます。
こうしたレンガ色の外観のほうが、僕にとっては落ちつきます。


画像
アバヤギリ大塔の前に立つ仏像。

この大塔には付属のアバヤギリ博物館もあるのですが、こちらも撮影禁止でした。
スリランカでは、撮影のできない博物館が多いですね。


画像
猫もいます。
スリランカで見かけるのはイヌやサルばかりで、ネコはめずらしいですね。


画像
建物の周囲を一歩はずれると、このような景色が。


画像
アバヤギリ大塔から、さらに東へとチャリを走らせると、サマーディ仏像があります。


画像
こちらは自転車を走らせていて見かけた子犬。
すっごいかわいくないですか?!

ちかくに母犬らしきイヌがいて、心配そうに見守っていました。
僕が子犬に危害をくわえるのでは、と思っているかもしれないので、
「何もしないよ」
といって立ち去りました。


画像
十字路のところから、すこし東へ行くと、ツイン・ポンドがあります。
ここはちかくの僧院にいた僧たちの沐浴場だったそうです。


画像
ツイン・ポンドの横の売店でココナツを買い、ココナツ・ミルクを飲んでみました。
これまで数々の南国を旅してきた僕ですが、じつはココナツミルクは初体験です。

飲んでみると、あたり前ですが冷えてなくて、思ったよりおいしくない・・・。
でも喉がかわいていたので、一気に飲んでしまいました。


画像
十字路からこんどは南へとチャリを走らせると、レンガ色のおおきな仏塔が見えてきます。


画像
これがジェータワナ・ラーマヤです。
この仏塔はかつて120メートルの高さがあったといいますが、現在では上部の尖塔の部分がうしなわれ、70メートルほどの高さになっています。

このあと、イスルムニヤ精舎なども見ようと思っていたのですが、ここで16時半になってしまったので、アヌラーダプラ見学を終えることにしました。


このアヌラーダプラ遺跡も、世界遺産です。





画像
遺跡の周囲は、いかにも南国、といった風景。

いったん宿にもどり、自転車をかえして、部屋でシャワーを浴びます。
夕方18時ごろになって、夕食をとりに外出します。

宿のちかくにある、比較的おおきなレストランへ行って、まず
「ビールありますか?」
と聞くと、置いてないとのこと。
この旅で、何度かビールを飲めないことがあったので、最初に確認するクセがついてしまいました(笑)。

店員さんは
「ビールなら、100メートルほど行ったところにある、〈コテージ〉という店で飲めるよ」
と親切に教えてくれました。

ためしにそのコテージへ行ってみると、すでに西洋人や地元の人のグループが、ビールを飲んでいるのが目に入りました。
店に入り、
「ビール1本。あと何か食べたいんだけど」
というと、フライドライスがオススメだというので、昼とかぶってはしまいますが、それを頼みました。
それほど待たずに、ビールと食事が運ばれてきました。


画像
フライドライスを口にはこぶと、ごはんがパラパラ、ふっくらとしていて香ばしい。
僕のチャーハン史上、№1といえるほどのウマさです。
ビールも2本頼んでしまいました。

しかしこの店は、食事はおいしいのですがオープンエアで、あまりに蚊が多いので、1時間しないうちに退散することにしました。
店の人が蚊取り線香をたいてくれたんですが、ほとんど効果がないようで・・・。


宿に帰り、2度めのシャワーを浴びながら考えました。
明日は午後1時50分の列車なので、午前中あいています。
疲れをとるために、部屋でゆっくりしてもよかったんですが、午前中適当なところへ外出する手もあります。

僕はラジャが、ミヒンタレーという町について話していたのを思いだしました。
ポロンナルワからの道の途中、アヌラーダプラとミヒンタレーへの分岐点のあたりで、
「ミヒンタレーに寄っていかないか?」
とラジャはいいました。

ミヒンタレーにも、すばらしい遺跡があるといいます。
そのときは早くアヌラーダプラに着きたかったので断ったのですが、明日半日あくなら行ってきてもいいかな、と思いはじめました。

そこでまたまたトゥクトゥクをチャーターして、あいた半日を利用してミヒンタレーに行くことにしました。
宿の人に聞くと、ミヒンタレーまでの往復でトゥクトゥク1800ルピーだそうです。


というわけで、明日はミヒンタレーを訪れます。



アユボワン! スリランカ ゆるり、南の島国へ (知恵の森文庫)
光文社
2017-09-08
岩瀬 幸代

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年02月17日 11:33
こんにちは。

アヌラーダプラですか。
ここもいい感じのところですね。
フライドライス、美味しそうですね~。
2019年02月17日 12:02
食事が、私たちに馴染みのものが
多いのは有難いですね。シンプルな
朝食でも、地元の美味しい紅茶が付くと、
何か豪華なものに見えて来ます。
また、学僧さんたちの凛々しさと言ったら…。
仏教が生活に息づいてる事が偲ばれますね。
猫より猿が多いという話にも驚きました。
2019年02月18日 12:39
こんにちは

最近は 珈琲も飲むようになりましたが
中学生くらいからずーーーっと紅茶が
好きです

紅茶博士みたいな方のエッセーを読んだら
同じ茶葉でも日本で淹れる紅茶がいまひとつ
なのは 水の所為だと書いてありました

日本のお水は軟水だからどうやっても
いまひとつなのだとか
かといって ミネラルウォーターを
沸かして淹れればいいと言うものでも
ないそうです
ボトリングした硬水は 空気が抜けて
しまうのだとか

そんな話を読んで いつかセイロンで
おいしい紅茶を飲んでみたいと思ったのを
思い出しました
家ニスタ
2019年02月18日 23:12
トトパパさん、こんばんは。
アヌラーダプラはいいところでした。
フライドライス、おいしかったです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2019年02月18日 23:15
yasuhikoさん、こんばんは。
カレー、チャーハン、パン、紅茶・・・。
たしかに日本でなじみの食事ばかりですね。
でも日本のカレーよりスパイスがきつくて辛く、似たようなものを期待していくとがっかりするかもしれません。
学僧たちの祈りからは、真摯な姿勢がつたわってきました。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2019年02月18日 23:21
おとめさん、こんばんは。
なるほど、日本は軟水だからなんですね。
スリランカはどこで飲んでもおいしいんですが、基本ティーパックなんですよね(笑)。
それでもおいしいのは、やっぱり水がいいからなんでしょうか。
いつもコメントありがとうございます。
2019年02月21日 01:14
自転車で観光ですか
そういうのもいいですね
私も5月に友人と行く旅で、ある場所はサイクリングしようかなって思ってた所です
まだ大まかな予定しか立ててないのでちゃんと調べてスケジュールを立てなければ。。。なんですけど進んでません(笑)
地図を見ると頭がグルグルになるんですよねぇ

学僧が祈っているところや、猫や犬に出会ったりしながら色いろ行けましたね

フライドライス美味しそうです




家ニスタ
2019年02月21日 23:06
とまるさん、こんばんは。
本当はポロンナルワでも、レンタサイクルを借りて観光しようと思ってたんですが、けっきょくここだけになってしまいました。
地図を見ると頭がグルグル・・・(笑)。
どういう状態でしょうか。
学僧さんたちが祈っているところを見れたのは貴重でした。
フライドライスおいしかったです。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック