関西・城と飲みテツの旅(2)-彦根城

彦根駅から徒歩5分ほどで、彦根城が見えてきます。
彦根城にも過去2回来たことがあり、これが3回めです。

画像
枡形虎口の両側の石垣の上に、多聞櫓まできっちりとのこっている城は、めずらしいんじゃないでしょうか。

佐和口からはいってすぐ右手に開国記念館があります。
このなかに100名城スタンプがあるので、まずはスタンプを押します。
さらに奥へとすすんでいくとチケット売り場があり、そのすぐ先に彦根城博物館があります。

僕は城と博物館の共通券を買ったので、まずは博物館を見学しました。
うれしいことに、この博物館は撮影可能でした。

彦根城博物館では、井伊家伝来のかずかずの宝物を展示しています。


画像
伝11代井伊直中所用の甲冑。
典型的な井伊の赤備えのヨロイですね。


画像
さすが、刀剣類も充実。
太刀・銘来国光。


画像
鞘も豪華絢爛。


画像
能につかうさまざまなお面類も。


画像
般若の面。


画像
彦根城博物館内部。


画像
硯箱も豪華なものです。

博物館の奥は、復元された表御殿になっています。

画像
能舞台。


画像
こちらは藩主がつかったという茶室、天光室です。


画像
庭園には梅がさいていました。


画像
博物館を出て階段をのぼり、城の本丸へと向かいます。


画像
こちらも重要文化財だという太鼓門


画像
いわずとしれた国宝天守です。
現在国宝に指定されている天守は、姫路、松本、犬山、松江、彦根の5つのみ。


画像
内部にはいると、梁の木材などが重厚な雰囲気です。
さすがはホンモノですね。


画像
彦根城天守からの景色です。


画像
天守をべつの角度から。


慶長5(1600)年の関ヶ原合戦の功により、家康の重臣、井伊直政は近江佐和山18万石に封じられます。
直政は佐和山にかわる新城をきずくことを計画しますが、まもなく死去。

あとをついだ若年の嫡男、直継は重臣の助けを借りて彦根城の築城をはじめます。
これは天下普請によっておこなわれ、元和8(1622)年に完成します。

その後35万石の大藩となった彦根からは、幕末に15代藩主井伊直弼が大老に就任します。





画像
開国記念館で押した100名城スタンプです。


画像
彦根城に特徴的な登り石垣があることは聞いてたんですが、過去2回来たときには、どこにあるのかわかりませんでした。
今回あらためてさがしてみたら、意外にも入ってすぐのところにありました(汗)。

登り石垣をそなえた城は、全国でもわずかしかありません。


画像
彦根城ちかくの石材屋さんにかざってあった“ひこにゃん”。
今回城内ではひこにゃんに会いませんでしたね。

彦根駅までもどった僕は、名物の近江ちゃんぽんを食べようと思いたちました。

(その3に続きます)




城下町の記憶―写真が語る彦根城今昔
サンライズ出版
西川幸治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





井伊氏サバイバル五〇〇年 (星海社新書) [ 大石 泰史 ]
楽天ブックス
星海社新書 大石 泰史 星海社イイシサバイバル500ゴヒャクネン500 オオイシ ヤスシ 発行年月:


楽天市場

この記事へのコメント

2019年03月22日 23:51
こんばんは。

彦根城、いいですね。
国宝ですもんね。
井伊家の城ですね~。
ひこにゃんはいませんでしたか。
2019年03月23日 15:28
今回は関西の城巡りですか。
彦根城は、若い時に一度だけ
訪ねた事があります。その時は、
琵琶湖沿いを北上し、若狭まで抜ける
という旅の途中でしたが、彦根城の
立派さに驚きました。太鼓門櫓辺りの
風景は、今でも覚えています。
登り石垣なるもの、初めて知りました。
家ニスタ
2019年03月24日 22:43
トトパパさん、こんばんは。
はい、彦根城、国宝です。
僕が行ったときにはひこにゃんはいませんでした。
さいきんはゆるキャラが乱立しているので、“元祖”のひこにゃんもちょっと影がうすい感じですね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2019年03月24日 22:46
yasuhikoさん、こんばんは。
はい、今度は関西の城めぐりです。
僕も20歳のころに初めて城めぐりをはじめたころに、犬山や安土、小谷とともに彦根城を訪れた記憶があります。
全国でも、登り石垣をそなえた城はめずらしいようです。
いつもコメントありがとうございます。
2019年03月25日 01:35
もう3回目ですか
さすがですね
私も早く訪れたいです(笑)

登リ石垣も見つかって良かったですね
2019年03月25日 12:19
井伊直弼さんて 桜田門で暗殺されて
なんかものすごく悪い官僚のイメージが
強いんですけれど 困窮していた幕府を
建て直そうと孤軍奮闘した方なんじゃ
ないかなぁ…って思えるんです・・・
家ニスタ
2019年03月27日 01:42
とまるさん、こんばんは。
はい、3回目です。
とまるさんは行きやすいと思うので、ぜひ行ってこられたほうがいいです。
登り石垣、さがしてみるとあっさりと見つかりました。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2019年03月27日 01:46
おとめさん、こんばんは。
井伊直弼は有能な人で、暗愚な人物ではありません。
安政の大獄はちょっとやりすぎでしたが・・・。
そのころ慶喜を推した、「開明派」のはずの薩摩などの人たちが、その後慶喜を排斥しようとするあたり、たんなる方便じゃないか、と思えます。
直弼の行動のほうが筋が通ってますね。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック