ガンバレ佐賀県!

長崎新幹線のフル規格化計画に、沿線自治体の佐賀県が反対しているようです。

画像
(写真は2018年の9月に、僕が長崎本線に乗ったときのもの)

考えてみれば当然のことです。

さいきん開業した新幹線の例を見ても、終着駅など大きな都市には恩恵があっても、途中駅の自治体には在来線が3セク化されて料金が上がり本数も減るなど、マイナスの面が見られることのほうが多いです。
たとえば北陸新幹線は金沢のひとり勝ちで、途中駅の富山や高岡にはほとんど恩恵をもたらしていません。

むしろ大都市に買い物客や観光客や集中してしまい、中小都市には地盤沈下が起こるケースが多いようです。
九州新幹線では鹿児島あたりでも、休日に新幹線を使って博多に買い物に行く人が増え、地元商店の売り上げ減につながっているそうです。

政治家のセンセイ方は新幹線を敷けば
「すべてバラ色」
みたいな話をされ、こうしたマイナス面にふれることはほとんどありません。

僕は鉄道好きではありますが、全国あまねく新幹線を敷くべきだとは思っていません。
とくにさいきんの整備新幹線(この単語も聞かれなくなりました)では、在来線がJRから切りはなされて3セク化され、沿線住民に不便を強いている場合が多いです。
すでに車社会だからいいじゃないか、という考えもあるでしょうが、車を運転できない学生やお年寄りにとっては大問題です。

そもそも、在来線を切りはなして3セク化しなければやっていけないようなところには、新幹線をつくるべきではないのではないでしょうか。
僕がこれまで全国を旅してきた経験からすると、沿線に100万都市が2~3ある地域でないと、採算をとることはむずかしいと思います。

多くの大都市をかかえる東海道、山陽にはとうぜん新幹線があったほうがいいでしょうが、沿線にさいたま市と仙台のある東北新幹線が、なんとか採算がとれるラインだと思います。
東北新幹線も仙台以北はあまり採算性はないでしょう。
札幌は東京から遠すぎ、多くの人が飛行機をえらぶでしょうから、これも有用ではありません。

多くが高架、トンネル、橋で成り立つ新幹線のような高規格鉄道は、開通までにばく大な費用がかかるばかりか、それ以後の維持にも膨大な費用がかかることを忘れてはいけません。
開通後に在来線を維持できないような地域に、将来まで地元住民に大きな負担をかける新幹線を、無理してつくるべきでしょうか。


長崎新幹線は本来、フリーゲージトレイン(FGT)をもちいて整備される予定でした。
FGTなら、新鳥栖-武雄温泉間は在来線のままでも、標準軌と狭軌の両方を走る車両自身が車輪の幅を変えることで、直通運転を実現することができます。

僕も長崎新幹線の必要性はあまり感じられなかったものの、
「FGTが使えるならまあいいか」
と思っていました。

ところが、技術的な問題からJRがFGTの開発を断念することになってしまったのです。
今のままでは長崎新幹線の武雄温泉-長崎間が完成しても、
博多→新鳥栖《新幹線》
新鳥栖→武雄温泉《在来線特急》
武雄温泉→長崎《新幹線》
と博多から長崎に行くのに2度の乗りかえをしなければならないことになります。
いちじるしく利便性が損なわれるばかりか、まったく採算が合いません。

そこでJRや長崎県は新鳥栖-武雄温泉間のフル規格での新幹線整備をもとめることにしたそうですが、これだともともと乗り気でなかった佐賀県に多額の財政負担を強いることになり、佐賀にすればまさに
「聞いてないよ」という話になります。

現状でも佐賀から博多までは在来線の特急で30~40分で着くので、新幹線の必要性がないばかりか、在来線の3セク化によるマイナス面のほうがはるかに大きいのです。
佐賀県知事の、
「佐賀県として新幹線建設を求めたことは一度もない」
との発言は、正直なところでしょう。

これに対し自○党のある議員が、
「北朝鮮のよう」
と評したようですが、国の決めた方針に地方は四の五のいわずにすべてしたがうべき、という考えこそ北朝鮮的ではないでしょうか。

仮にフル規格化にかかる費用をすべて国税でまかなうとしても、これもまったく関係のない多くの国民に負担をまわすことになり、問題です。

在来線の特急でも長崎から博多まで2時間ていどしかかからないのに、多額の建設費を投じてフル規格の新幹線をつくることが本当に必要なのか、もういちど考えてみるべきではないでしょうか。
FGTの開発が挫折した時点で、
(もう武雄温泉-長崎間はだいぶ出来てしまっているようですが)
長崎新幹線の構想じたいを白紙にもどすべきだと、個人的には思っています。

日本の経済成長は頭うちになり、これからは人口減もすすみます。
そろそろ、高規格の高速道路や新幹線をばんばんつくれば景気がよくなる、といった高度成長期的な発想は、やめるべきではないでしょうか。
もうそんなのは幻想でしかありません。
日本には全国あまねくはりめぐらされた在来線網、というすばらしい遺産があるのですから、もっと今あるものを活用していくことを考えるべきです。


画像
これは僕が今年の1月に四国に行ったときに見た、四国新幹線計画のポスターです。
「四国新幹線は採算がとれる」
ということをさかんにうたっていますが、御用学者、御用シンクタンクによる試算で当てにならず、噴飯ものです。
四国新幹線が採算がとれるわけがありません。
山陰新幹線などもってのほかです。

国会議員のセンセイ方は、
「自分が新幹線を引いた、高速道路を引いた」
と実績にしたいのでしょうが、それにかかる莫大な費用、その後の維持、後世にのこす借金のことなど、まったく考えていません。

佐賀県知事および沿線の市町村長には、国の圧力に負けず、
「いらないものはいらない」
という姿勢をつらぬいて欲しいと思います。





<図解>超新説 全国未完成鉄道路線ーますます複雑化する鉄道計画の真実 (講談社+α文庫) [ 川島 令三 ]
楽天ブックス
講談社+α文庫 川島 令三 講談社ズカイチョウシンセツゼンコクミカンセイテツドウロセンマスマスフクザ


楽天市場



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック