今年もペルーへ(1)-カハマルカ

今年もペルーへ行ってまいりました。
今回は旅行ではなく、正真正銘の発掘調査への参加です。
埼玉大学時代の担当教授に声をかけていただいたのですが、まあ・・・あれですね。
僕の腕を見こまれてとかではなく、単にヒマそうなのが僕だけだったと・・・(苦笑)。

なにせ、教授の弟子のうち優秀な人材はみな独立し
(自分で発掘調査団を組織etc)、
調査に参加する適当な人物がほかにいなかったので、ライターのまねごとをして比較的時間の融通がきく僕が呼ばれたというわけです。
そのうえ、現役の院生がもう一人参加するはずだったのが、諸事情があって来られなくなり・・・。
そのぶんの負担が僕にくるのはあきらかだったのですが、僕もひと区画の発掘を一人でまかされるほど経験豊富なわけでもなく・・・と若干の(というかかなりの)不安をかかえながらの出発となりました。

まずは教授より、「先に現地入りして発掘の下準備をせよ」との指令をいただいたので、教授に先んじて現場に近いカハマルカの街に入りました。
これまでは、リマからカハマルカまで夜行バスで移動していたのですが、年齢とともに無理がきかなくなり、リマーカハマルカ間も飛行機を使うことにしました。
成田ーロサンゼルスーリマーカハマルカと、途中で一泊したりせずずっと飛行機を乗りついでの移動だったのですが、これはこれでハードだったかなと。
特にリマに深夜に着き、早朝のカハマルカ行きまで7時間ほど空港内で待ったりして、夜行バスほどではないにしてもそれなりに疲れました。


1013カハマルカ空港.jpgカハマルカ到着のLATAM機。
現在成田発ロサンゼルス行きのJAL便がLATAMのコードシェア便になっており、名目上は成田からカハマルカまでずっとLATAMで飛んだことになりますが、そのわりにはロスでもリマでも荷物の受け取りをしました(笑)。

カハマルカ空港に着くと、調査団のおなじみの運転手さん、セニョールLuchoが待っていてくれていて、一気になつかしい気持ちになりました。
カハマルカ、また発掘現場のクントゥル・ワシに来るのは4年ぶりだったのですが、このあともなつかしい顔との再会が続き、4年間のブランクがなかったような、まるでずっとここに住みつづけているような感覚におそわれることになります。

Luchoさんの車でショッピングセンターへ行って携帯を買い、
(ペルーのガラケーです)
ドル紙幣を両替すると、あとは正直カハマルカですることはなくなりました。

ですがカハマルカにはこのあと3泊しました。
というのも航空運賃の関係で早めにペルー入りしたほうが安かったからです。
日本のお盆休みに入ってしまうと、日本からの航空運賃はばかみたいにはねあがりますからね。

1017カハマルカ.jpg
カハマルカの町並み。


1040カハマルカ.jpgリマにくらべると、だいぶ小ぢんまりとしていますが、落ちついた雰囲気で治安もよく、好きな街です。
リマはこわいので、なるべく長居したくないので、今回はこうして直でカハマルカまで飛んでくることにしたわけです。
リマの博物館とかもほとんど見ちゃいましたしね。


1027サント・ドミンゴ教会.jpgカハマルカのシンボル、サン・フランシスコ教会。
このブログでもたびたび登場していますね。


1029犬と猫.jpgちょっとほっこりする風景。
民家の庭先ですが、仲良しの犬と猫。


0006カハマルカ.jpgカハマルカのアルマス広場(中央広場)です。

このあと3日間は、とくになにをするでもなく過ごしました。
ぶらぶらとカハマルカの街中をあるいたり、ホテルの部屋でブログを書いたり・・・。
(まだ九州旅行のときの記事がのこっていたので)
楽しみといえば食で、カハマルカのおいしいものを毎日食べてました。

1045チチャロン・デ・ポーヨ.jpg
クスケーニャ(ビール)を飲んだり、チチャロン・デ・ポーヨ(鶏のから揚げ)を食べたり。


1057クイ.jpgクスケーニャを飲んだり、クイ(モルモットの一種)を食べたり。
・・・飲んでばっかりですが(笑)。

どっちみち発掘がはじまるといそがしくなるのはわかってたので、ここでのんびりと過ごせたのはよかったです。
(8月)12日には、いよいよ発掘現場であるクントゥル・ワシに入ることになります。



ところでブログのことです。
僕がカハマルカにいるころ、僕の九州の記事あてに皆さんからコメントをいただいて、たいへんありがたかったです。
ところが、僕が皆さんのコメントに返事を書こうとしたところ、僕のコメントはぜんぶはじかれてしまいました。
自分のブログに自分でコメントできないなんて・・・。
とうぜん、皆さんのブログにコメントを書くこともできません。

すくなくとも僕はそんな操作をしたおぼえはないのですが、どうやら海外からのコメントを禁止する設定になっているようでした。
ウェブリブログ事務局に問いあわせたところ、「海外からのコメント禁止」を解除するやり方の、ていねいなメールが帰ってきたのですが、
ちょっと「なんだかなあ・・・」と思いました。

リニューアル前は、海外からもふつうにコメントできていました。
もしデフォを変えるんだったら、リニューアルのときに、
「これからは海外からのコメント禁止が標準になります。
もし解除されるときは、~~のようにしてください」
とアナウンスしてから変えるべきじゃないですか?
今回のリニューアルは、万事が万事こんな調子です。

皆さんのブログの設定も「海外からのコメント禁止」のままになっているものが多いようで、コメントできませんでした。
禁止を解除してください、とお願いしようかとも思ったのですが、今回、あまり海外にいることを公けにしたくなかったので、とくにしませんでした。
というわけで、海外にいるあいだ皆さんのブログにコメントできなかったことをお詫びいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2019年09月12日 10:40
こんにちは。

ペルーに行かれてたんですね。
いいですね〜。
行ってみたいです。
家ニスタ
2019年09月13日 00:34
トトパパさん、こんばんは。
はい、ペルーに行っていました。
海外にいる間、皆さまのBLOGにご訪問&コメントができませんで、すみませんでした。
よろしければ、「海外からのコメント禁止」を解除しておいていただけると幸いです。
いつもコメントありがとうございます。
2019年09月13日 08:09
おはようございます!
ペルーにいらしてたんですか!
発掘でいらしたなんて 素敵ですね!

以前 飛行機で隣の席に座った方も
世界各地 発掘して回っていると
仰ってました
雰囲気が やはり考古学好きで有名な
俳優の苅谷俊介さんに似てるなぁって
思って フライト中 いろんなお話伺い
ました

その方は よく空港で怪しまれて
入国審査の時とか別室に連れていかれるん
ですよって笑ってましたが OZMAさんは
大丈夫でしたか
おとめ
2019年09月13日 08:10
あ!!!!!
ごめんなさい
OZMAさんじゃなくて 家ニスタさんでした↑
家ニスタ
2019年09月13日 23:49
おとめさん、こんばんは。
OZMAです(笑)。
僕自身は怪しまれたことはないんですが、今回は知り合いの動物考古学者から預かった白い粉(動物の骨を粉末状にしたものです)を持っていたので、アメリカでつかまるんじゃないかとハラハラしました。
ところで留守中、皆さまのBLOGにお返しのコメントをすることができなくて、すみませんでした。
よろしければ、「海外からのコメント禁止」を解除しておいていただけると幸いです。
いつもコメントありがとうございます。
2019年09月14日 17:25
本格的な発掘調査の先乗り役ですか。
色んな陰の事情はあるのかも知れませんが、
それだけ信頼されてるのは何よりと思います。
「海外からのコメント禁止」解除って、
どうすりゃいいんでしょう。今回のリニューアル、
経費節約のための外部発注というか、
他ブログの既存フォームに100%合わせる事で、
合理化、一体化を図ったもののようです。
多分、担当者自身、細かい部分の相違にまでは、
気付いてなかったんじゃないでしょうか。
家ニスタ
2019年09月14日 22:37
yasuhikoさん、こんばんは。
いえ、本文中にも書いたように、ヒマそうにしてたのが僕だけだったからでです(笑)。

では、ウェブリブログ事務局からもらったメールの一部を抜粋します。

ご連絡をいただいた件につきましては、管理画面にログインしていただき、
「コメント」-「禁止設定」タブにて「国外IPのコメント投稿」を
「許可する」にご変更いただき、[保存する]をクリックしてください。

以上の手順で解除していただけると幸いです。
まあ、担当者もリニューアル後にどうなるか、全部までは把握していなかったんでしょうね。
いつもコメントありがとうございます。
2019年09月15日 21:38
いや~、ペルーへの遺跡発掘調査のお仕事ですか。素晴らしいことですね。
プライベート旅行では無いから、実際は大変なことや制約事項も多いのでしょう。でも、到着後しばらくはリラックスムードですね。いいことです。
これから、発掘のことは少しおしえて頂けるのですか。それは無理なのかな。

ところで、早速、海外からのコメントを受け付けるように設定を変更しましたよ。
家ニスタ
2019年09月17日 21:46
ミクミティさん、こんばんは。
そうなんです、今回は観光旅行ではないので自由がきかず、他の遺跡を見てきたりすることもできませんでした。
それでも、今までこうした機会にはコロンビアに寄ったり、チリに寄ったりして、自分のための観光をする時間もあったのですが、今回はまったくそうした余裕がなく。
まあ、教授が来る前にカハマルカでしばらくゆっくりできたのはよかったです。
今回は調査のための旅行ですので、残念ながら発掘の内容についてお話しすることはできません。
発掘以外のことで、さしさわりのない範囲でちょっとずつ書いていこうかと思います。
さっそく海外コメント禁止を解除していただき、ありがとうございます。
次回僕が海外へ行ったときは、ミクミティさんのBlogにお寄りすることもできるかと思います。
いつもコメントありがとうございます。