今年もペルーへ(3)-クントゥル・ワシ遺跡

クントゥル・ワシに入って3日目、午前中にラボの掃除や備品の整理を終えた僕は、今回の調査地となる遺跡へ行くことにしました。
クントゥル・ワシの遺跡は、村から15分ほどのぼった丘の上にあります。

1121クントゥル・ワシ.jpgなつかしい遺跡が見えてきました。
丘の上に、石づくりのプラットフォームが見えています。


1091クントゥル・ワシ.jpg今は大基壇が露出しているので、山上の要塞みたいに見えますね。


1110クントゥル・ワシ.jpg方形半地下式広場には、以前はおりられたんですけれど、今はロープが張られておりられないようになってしまいました。


1095クントゥル・ワシ.jpg当Blogをずっとごらんになっている方には、こんな石彫もおなじみでしょうか。


0017第4テラス.jpg山頂の神殿からすこしおりると、今回の調査地である第4テラスがあります。
現状、灌木がまばらに生えているだけで、なにもありません。


8月16日、教授がやってきました。
ここからいよいよ本格的に発掘の準備に入り、格段にいそがしくなります。

この日の夕方に村民たちの会合があり、そこで発掘に参加する現地の作業員さん(人夫さん)たち18人が決まりました。
教授や僕は実際に土を掘ることはないので、掘ったり埋めたりの作業は彼らが担当することになります。
何十年もこの遺跡で発掘に従事しているベテランが多いので、心づよいかぎりです。

僕の役割は平板測量という(ちょっと年代ものの技術ですが・・・)
方法をもちいて図面を作成したり、出土した遺物にタグをつけ、記録保管することなどです。


19日の月曜日に発掘区の設定をし、翌日から発掘がはじまります。
月曜日には、Co-Directora(副責任者)のDianaもやってきました。
現在ペルーで発掘をするためには、日本人だけのチームではだめで、かならずペルー人の考古学者をつけなければいけません。
本来来るはずだったベテランのRaul氏(2013年度の発掘にも参加)がトルヒーヨで役人になったとかで来れなくなったので、トルヒーヨ大学の考古学科を出たばかりの彼女がかわりに来ることになったようです。
基本的に僕の作業は彼女と共同ですることが多くなります。

副責任者とはいえ、大学を出たばかりですので、まあ小娘です(笑)。
しかも発掘をはじめてから明らかになったのですが、プロの考古学者のくせに平板で図面を書いたこともレベルを覗いたこともないと(!)
「いったいペルーの考古学者養成システムはどうなっているんだい」
とちょっと思っちゃいました。
本人は学生時代にワカ・デラ・ルナ(モチェの大遺跡です)
の調査に参加したといってるんですが・・・。

そのうえ経験もないくせに、僕に
「ここはこうしたほうがいいんじゃないか」
とかいろいろと意見を言ってきます。
けっこうな生意気ちゃんですが、ペルーではこれがふつうみたいです。

まあペルーで大卒(=お金もち)の若い人の場合、現地の作業員さん(=農民)に偉そうな口をきいちゃったりする場合もあるんですが、彼女は作業員さんもみんなセニョール(・・・さん)づけで呼んでいたので、そのへんは好感がもてました。
僕が平板のやり方やレベルの見方をおしえてあげると、
「今日は新しい技術が学べた!」
とよろこんでいたりするので、すなおなかわいいところもあるヤツです。

そんなこんなで、ドタバタしながらも発掘は順調にすすんでいきました。



博物館にはたくさん犬がいる、と書きましたが、そのなかで一匹、やたらと僕になついてくるのがいました。

1123ソリータ.jpgこれがそのソリータです。
すぐにごろんとして「お腹なでろ」というおバカちゃんな犬です。


1126ソリータ.jpg眠そう。


1134ホテル.jpg僕がくらしていた、ホテルの一室。
こうして見ると、りっぱなホテルみたいに見えますね。
じっさいには、時々お湯が出なかったり、断水したりします。


ちょっと駆け足になりますが、次回で連載最終回になります。
発掘の内容じたいは明かせないですし、今回は個人的に他の遺跡を見てまわったりしてもないので、あまり書くこともないので・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2019年09月20日 11:55
こんにちは。

遺跡の調査をされてるんですか。
どんな調査なんですか。
面白そうですね。
2019年09月20日 12:39
こんにちは♪
なんかコンドルは飛んで行くが流れてきそうな
風景ですね♪
家ニスタ
2019年09月20日 22:06
トトパパさん、こんばんは。
遺跡の調査をしていました。
発掘調査です。
大変な部分もありますが、面白かったです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2019年09月20日 22:08
おとめさん、こんばんは。
そうですね、コンドルに似た鳥(ガジナソ)は飛んでます。
荒涼とはしていますが、それなりに美しい風景だと思います。
いつもコメントありがとうございます。
2019年10月01日 23:27
山上の要塞跡ですって言ったら、そうなんやぁって思いそうですね(笑)
石彫とバックに見える風景が素敵ですね
家ニスタ
2019年10月02日 22:55
とまるさん、こんばんは。
要塞っぽくも見えるんですが、じっさいは神殿(といわれている)です。
まあ文字もないので、正確な用途はわからないんですけどね。
石彫のバックの景色はかなりいいと思います。
けっこう高度感のある山の上にたってます。
いつもコメントありがとうございます。