愛知・続100名城と飲みテツの旅(4)-吉田城~豊橋市美術博物館~帰宅

今日もホテルで無料の朝食をたべます。

0264朝食.jpg昨日と構成を変えてみました。
おかず豊富にあるので、毎日ちがった気分で食べることができます。

2日間お世話になった、豊橋ステーションホテルをチェックアウト。
市電に乗って市役所まで行き、13階の展望ロビーにのぼります。
昨日見た夜の景色と、昼間の景色をくらべてみようというのです。


0274豊橋市役所展望ロビーからの景色.jpg昼間の展望ロビーからの景色です。

さて、いよいよ吉田城の見学を、とおもったのですが、おり悪くまたまた雨足が強くなってきました。
ほとんど「どしゃ降り」といっていい雨です。
台風は去ったというのに、まったく変な天気ですね。

あわてて、豊橋公園の敷地内にある豊橋市美術博物館にかけこみ、雨やどりがてら見学することにしました。


0305豊橋市美術博物館.jpg豊橋市美術博物館です。

館では、ナインストーリーズと題して、収蔵品の展覧会をやっていました。
一部の展示品は撮影可能になっています。

0281豊橋市美術博物館.jpg
ウサギの彫像。

僕がなかでも興味をひかれたのは、中村正義という画家の作品です。
日展で入選をかさね、2度の特選にもえらばれたという彼。

0286豊橋市美術博物館.jpgこれが日展時代の作品。
じつに正統派の日本画です。

それが、あるとき師ともわかれ、日展からも離脱します。
その後彼のうみだした作品の作風は、それまでとまったくちがっていました。

0288豊橋市美術博物館.jpg
変わりすぎやん(笑)。
よっぽど抑圧されたものがあったんでしょうねー。
それまでの鬱憤が爆発したかのような絵です。

この館は美術"博物‟館といいながら、ほとんどが美術品の展示です。
縄文土器なども少しあるにはあるんですが、あくまで美術品という扱いで・・・。
こうした企画展のとき以外は、博物館らしい展示もあるのかもしれませんが。

まあ、美術のほうでさんざん楽しませてもらったので、不満はないです。


さて、美術館を見学しているあいだに、雨も小やみになってきました。
本題の吉田城見学にうつりましょう。
美術館のちかくから見ていきます。

0308吉田城.jpg土塁の切れ目が虎口状になっています。
当時からの虎口だったかどうかは、ちょっとわかりません。


0314吉田城.jpg
高低差のおおきな切岸も。


0325吉田城.jpg鉄櫓の北には、石垣づくりの枡形虎口があります。


0318吉田城からの景色.jpgそこからさらに北へすすむと、豊川のほとりにでます。
往時、ここには船着き場等があったことでしょう。
ちょっと意外だったのですが、吉田城は水城でもあったのですね。


0323吉田城.jpg豊川のほうから見た石垣と鉄櫓。


0327吉田城.jpg昭和29年の再建だという鉄(くろがね)櫓を見学します。


0329吉田城.jpg内部には吉田城の復元模型などが展示してあります。


吉田城の築城は永正2(1505)年、牧野古白によるものとされています。
その後今川氏や松平氏、戸田氏の間ではげしい争奪戦がくりひろげられますが、天文15(1546)年ごろから今川義元の領有するところとなります。

永禄3(1560)年に義元が桶狭間で横死すると、松平元康が東三河に進出し、元康家臣の酒井忠次が永禄8年にこの城を占拠します。
徳川家康(松平元康)の関東移封後、吉田城には池田輝政が封じられます。
その後城主はたびたび変わり、大河内松平家のときに明治維新をむかえます。





0363続百名城スタンプ吉田城.jpgきのう市役所の展望ロビーで押した続100名城スタンプです。


0340吉田城.jpgこちらはかつて千貫櫓がたっていた石垣。


0346豊橋公園入口.jpg豊橋公園(吉田城跡)の入口です。
明治~戦前までは歩兵18連隊がおかれていたそうです。



さて、吉田城見学も終え、あとは帰るだけです。

今日も車内で食べるため、豊橋駅で駅弁を購入しました、

0349鶏南蛮弁当.jpg
"鶏南蛮弁当”です。
壺屋さんの定番、"吉田伝説”や”壺屋浪漫”のような駅弁らしいしっかりしたパッケージではなく、これはコンビニ弁当のような体裁。
そのせいか600円とリーズナブル!
といって味は手抜きということはありません。

今回の旅で壺屋さんの駅弁を3回食べましたが、どれも食べたことのない弁当だったのはうれしかったです。
これからも旅人に新鮮なおどろきをあたえてほしいですね。


0352島田駅.jpg島田駅で熱海行きに乗りかえ。
いつも通っている道ということもあり、帰りはあまり列車の写真は撮りませんでした。



今回の旅はわずか3日間で、しかも豊橋に2泊という、僕の旅としては比較的近場。
でも行ったことのなかった城3か所を含め、5城を訪れることができ、おいしい居酒屋さん、駅弁との出会いもあって、充実していました。
またどこかへ行ったらご報告します。
それでは!


愛知の山城ベスト50を歩く [ 愛知中世城郭研究会 ] - 楽天ブックス
愛知の山城ベスト50を歩く [ 愛知中世城郭研究会 ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年11月07日 08:43
おはようございます
↑中村画伯 すごい変遷ですね!
ルノアールがピカソになったくらい
違い過ぎです!(笑)

吉田城は 広々としていて 今では
憩いの場としても みんながしょっちゅう
訪れそうですね

2019年11月07日 09:28
こんにちは。

吉田城ですか。
いいですね。
ここはかなり昔に行ったことありますよ。
懐かしいです。
家ニスタ
2019年11月07日 23:26
おとめさん、こんばんは。
本当に中村正義さんの変貌ぶりはすごいですね。
ルノワールがピカソになった!(笑)
たしかにそんな感じですね。
吉田城(豊橋公園)は市民の憩の場になっていて、このときもなにかのお祭りがあって、子どもたちの描いた絵や立体作品が展示されていましたよ。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2019年11月07日 23:27
トトパパさん、こんばんは。
吉田城に行かれたことがあるんですね。
いいところですよね。
いつもコメントありがとうございます。
2019年11月10日 21:20
愛知の城、吉田城ですか、なかなか魅力的なお城のように思えます。
土塁の形状がいいですね。しっかりと復元されているのでしょうか。
鉄櫓も立派ですね。かつては天守もあったのですかね。
駅伝を食べながらゆっくりと電車で帰るのもいいなと思います。
こだま号はちょっと中途半端で味気ないですからね。
家ニスタ
2019年11月12日 23:16
ミクミティさん、こんばんは。
土塁がどこまで当時のまま残っているのかはわかりませんが、あまり土塁を復元するということはないので、基本的にはいじってないと考えていいんじゃないでしょうか。
鉄櫓のことをかつて天守と称していたようで、いくつかこの櫓を天守と書いた図面ものこっているようです。
たしかにこだま号、速いんだか遅いんだか中途半端ですよね。
僕は各駅停車や快速で徹底してゆっくり行くほうが好きです。
いつもコメントありがとうございます。