僕の駅弁ベスト30(6)-5位~1位

外出自粛特別企画、ついに最終回!

1か月以上にわたって連載してきましたバーチャル食の旅行企画、
駅弁ベスト30
いよいよ今回がラストです。

書いている間、僕もそれぞれの駅弁を食べたときに行った旅先のことが思いだされて、なつかしい気分になりました。
終わってしまうのがすこし名残りおしい気もしますが・・・今日もまいりましょう!



それでは、第5位!

海の輝き
小樽駅

0213海の輝き.jpg


0216海の輝き.jpg
つい某食べ歩きタレントさんのまねをして、
味の宝石箱やあとさけびたくなってしまいますね。

しかしあの方って、若いときはもっとイケメンで、シュッとした感じだった気がするのですが、長年の食べ歩き生活が肉体におよぼす影響って、すごいんですね・・・。
タレントとして、一芸にひいでて売れ続けることって、たいへんなんですね。

さて、より道はこのくらいにして・・・。
いくら、うに、卵、れんこんが敷きつめられた弁当箱は、開けた瞬間に「わあ」と声が出てしまいます。
北海道の海と山の幸を凝縮した、まさに「宝石箱」だと思います。

いくら系、うに系の弁当はたくさんあり、おいしいものも多いのですが、今回これとかぶるかなあ、と思って泣く泣くランキングから除外した弁当も多いです。
(仙台の「鮭はらこめし」等)
やっぱり、ベスト30じゃ足りないですね。



さて、第4位!

かき飯
広島駅

0614かき飯.jpg


0616かき飯.jpg
ぷりっぷりの大ぶりな牡蠣が4つものっている!
瀬戸内海の海のうまみを存分に味わえる弁当です。

僕は母が宮城県出身のために、圧倒的に「牡蠣といえば三陸」派なのですが、この弁当を食べたときに、
「うーん、広島の牡蠣もうまいものだなあ」とあらためて再認識しました。

ところでこの前ネットで見ていたら、どうやらこの駅弁が廃番になった的なことが書いてありました。
もうひとつ「しゃもじかきめし」という駅弁があり、そちらに統一されるような形で・・・。
しゃもじかきめしはしゃもじ型の独特な容器が楽しい駅弁ですが、これに関してはシンプルに牡蠣の味を楽しむほうがいいような気がするのですが・・・。
まあ、広島駅で牡蠣の駅弁が継続して売られていることはまちがいないので、安心ですけれどね。



いよいよ押し詰まってきました!
第3位!

焼き鯖寿司
福井駅

0161焼きさば寿司.jpg


0163焼きさば寿司.jpg
若狭小浜は焼きサバでもつ!
(僕は福井駅で買ったのですが・・・)
さいしょは、この弁当を1位にしようと思ったんです。
なにしろ、この駅弁を福井駅で買い、車内でほおばったところ、
「ほっぺが落ちるとはこのことか!」という経験をしたものですから。

シンプルながら濃厚な焼き鯖のうまみが口の中にじゅわーっと広がり、すめしの適度な酸味とあいまって、えもいわれぬおいしさです!
ランキング1位の資格は十分にあり、なのですが、今回ランキングの選定にあたって写真を見ていたところ、あまりにシンプルな包み紙
(まあ、それが良さでもあるんですが・・・)
とおかずもない内容の地味さから、ブログに載せても映えないのでは?・・・との保身がはたらいてしまい、3位にしました。
(1位を期待していた福井県民の皆さまにはおわびいたします・・・)

「焼き鯖寿司」という駅弁は各地にありますが、
(僕は岩手でも食べましたし、じつは茨城にもあります)
朝ドラ「ちりとてちん」で「焼きサバ、焼きサバ」と連呼していたように、やはり焼き鯖といえば若狭ですので、福井のものがえらばれるのはふさわしいと思います。


さあ、のこり2つです。
第2位!

特上カルビ弁当
米沢駅

0887特上カルビ弁当.jpg


0890特上カルビ弁当.jpg
厚めに切られたカルビが、ごはんが見えないほどぎっしり敷きつめられて、食べごたえたっぷり!
まさに特上!
タレの味つけはやや濃いめですが、ごはんとよくからみ絶妙なおいしさ!
おかずにシュウマイまでついていて、これほど満腹感の得られる弁当をほかに知りません。

これも本当は1位だったんです(また)。
非のうちどころのない弁当の唯一の問題が、お値段。
そう、1箱1600円は、僕が1回の昼食にかけられる金額を、若干超えてしまっています。
もちろん、内容はお値段にふさわしいというかそれ以上なのですが、駅弁が本来、車内で気楽に食べるものだと考えると、やはりちょっと・・・。
ということで、僅差で(本当の僅差)1位をゆずってもらいました。



さあ皆さん、お待たせいたしました!
第1位はなんでしょうか!

じゃーん・・・!!!

かに寿司
鳥取駅

0086かに寿司.jpg


0087かに寿司.jpg
日本人はかにが大好き!!!
・・・ということで、1位は鳥取のかに寿司でした。

「かにさえあれば何もいらない」というシンプルな内容は自信のあらわれ。
ぎっしりとしきつめられたほぐし身のほかに、むき身まで!
錦糸玉子が味のアクセントを添えて、見た目も華やか。
食べ終わったときに、「ああ~かに食った!」とこの上ない満足感が得られること、うけあいです。

「かに寿司」という駅弁も各地にありますが、
(松江駅にも、福井駅にもあったと思いました)
このアベ鳥取堂さんのものが、文字どおり元祖だそうです。
鳥取まで来て、この駅弁を食べずに帰ることはできません!



以上で「駅弁ベスト30」のランキングは終了となります。
さいごまでごらんいただき、ありがとうございました。


・・・連載を終え、あらためてランキングを見てみますと、やはり「かに!」「牛肉!」「さば!」と一点豪華主義の駅弁が強いなと。
「なんでもあります」の幕の内系駅弁は、こういうランキングで上位に入ってくるのは、なかなかむずかしいかもです。
ランキングの中で幕の内系といえるのは、「秘境駅弁当」「印籠弁当」「小原庄助弁当」くらいですか・・・。
それらにしても、容器やキャラづけで特色を出した弁当で、強く印象にのこるものです。

もちろん、幕の内系の魅力を否定するつもりはまったくありません。
牛肉系やうにかに系の味の強い弁当ばかりでは飽きてしまいますし、いろいろなおかずをつまみながら、車窓の景色をたのしむのは、鉄道旅の王道ともいえます。
こうしたランキングではむずかしいですが、おりにふれ、幕の内系の魅力にも触れていきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年05月13日 19:42
さすがトップ5ですね。
どれも素晴らしいです。
甲乙つけがたいですね。
個人的には「焼き鯖寿司」ですね。
シンプルな包み紙で減点でしたか・・・
見た目も大事ですよね。
でも私はこのシンプルさ悪くないと思います。
購買意欲がわくかと聞かれると
どうでしょうかね。
2020年05月13日 21:17
こんばんは
1位から5位 順番を決めるのが難しい
どれも秀逸のお弁当ですね!

私は 鉄道旅を そんなにしないので
もっぱら駅弁というと 東京駅とか品川で
買えるものとか 京王百貨店の駅弁祭り
とかでしか 買えないんですが 早く
駅弁買って 楽しめる日々が待ち遠しいです!
2020年05月14日 09:38
こんにちは。

駅弁ベスト30、楽しませてもらいました。そして大いに参考になりました(^^)
駅弁は鉄道の旅の楽しみ、車窓を眺めながら食べる、これは高速バスや飛行機では体験できない鉄道の旅ならではですね。

1位は鳥取駅のかに寿司なんですね。かにのほぐし身が敷き詰められた駅弁は福井か敦賀で買った記憶があるのですが、鳥取が元祖なんですね。
2020年05月14日 10:11
こんにちは

1位は鳥取のかに寿司ですか。
これは私も食べたことありますよ!
美味しいですね。
米沢牛も美味しそうですね。。。
じゅるる。
家ニスタ
2020年05月14日 10:34
torさん、おはようございます。
本当にベスト5まで来ると甲乙つけがたくて・・・。
焼さば寿司が包み紙で減点、というのは、あくまでブログの記事にしたときの「映え」の問題ですので、心情的にはぜんぜん1位で問題ありません。
むしろ旅先では、シンプルな包み紙が「職人気質」を感じさせて、よけい購買意欲がわくかもです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年05月14日 10:38
おとめさん、おはようございます。
本当にここまで来ると、順位をつけるのがむずかしくて・・・。
とくにベスト3は、さいごまで迷ったのが文章からもおわかりいただけるかと思います。
じつは僕は、京王百貨店さんの駅弁大会に行ったことがないんです。
駅弁は旅先で食べる主義だったんですが、駅弁好きとして片手落ちかとも思いますので、コロナが落ちついたら行ってみたいと思います。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年05月14日 10:43
narayama2008さん、おはようございます。
車窓の風景を見ながら駅弁を食べる鉄道旅、最高ですよね。
飛行機では「空弁」というものもあるようですが、僕のよく利用するLCCでは、持ちこみの制限がいろいろとありますしね・・・。
かにのお寿司はあちこちにありますが、鳥取のものが元祖だそうです。
福井駅のものもおいしかったと思いましたが、ここは元祖に敬意を表して、鳥取を1位にしました。
鳥取は「カニ県」を名乗っていますしね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年05月14日 10:48
トトパパさん、おはようございます。
1位は鳥取のかに寿司です。
トトパパさんも食べたことがおありなんですね。
このおいしさをどんどん広めていきましょう!
「特上カルビ弁当」もおいしいですよ。
おなじ米沢駅のライバル、「牛肉どまんなか」が最近では東京駅などでも買えて、希少価値が落ちてきたので、こちらを上位にしました。
いつもコメントありがとうございます。
2020年05月16日 14:44
京王デパートの有名な駅弁フェスでも、
人気の上位を占めるのは、カニやウニや肉など、
メインになるものをドドーンと乗っけて、
後は何も無しというスタイルのものばかりだそうです。
でも、食いしん坊の私は、土地の名産品を
あれもこれも少しずつ食べたいんです。
その点、家ニスタさんが6位~10位の中で
そういうタイプの弁当を取り上げて下さったのは、
大変よかったなと思いました。
家ニスタ
2020年05月16日 23:32
yasuhikoさん、こんばんは。
そうなんです、どうしても牛肉とかカニとか、一点豪華主義の弁当のほうが印象に残るので、こうしたランキングではそういうものが多くなってしまいますね。
うーん、秘境駅弁当も印籠弁当も幕の内系とはいっても、かなりキャラづけのはっきりした個性的な弁当ですので・・・。
たとえば印籠弁当があの容器じゃなかったら、印象に残るのかというと・・・。
やはりただの「○○の幕の内弁当」といったものをランキング上位にするのは、むずかしいですね。
とはいえ僕も、旅先ではその土地の名物を、何種類も少しずつ食べるのは好きですよ。
いつもコメントありがとうございます。
2020年05月17日 13:55
駅弁ランキングのベスト1-5。もうこの辺りに来ると、紙一重の差なのでしょう。それぞれに特徴があって、どれも美味しそうです。
本当に、駅弁も日本の文化であり、旅の楽しみですよね。
海外ではこういう楽しみ方は、なかなかできません。
個人的には、福井の焼き鯖寿司を是非食べてみたいです。
2020年05月17日 14:50
こんにちは、僕の駅弁ベスト30楽しく拝見しました、、素晴らしい企画に感心しています。
今までに私が食した駅弁が10ほどはありましたが、やはりカニ、イクラ、ウニなどの海鮮ものをふんだんに散りばめたお弁当は、食指が動きますね。
サバ、マスなどの寿司弁当も、日持ちがしますし、冷えてても美味しい。
一方、肉やシューマイ、てんぷらなどは、冷めてからでも美味しく食べられるように工夫はされているのでしょうが、どうしても二の足を踏みますね。
京都駅ではちょっとずつ京風の惣菜が入った幕の内弁当も人気はあります。
私が過去に食した一番の駅弁は、天浜線び新所原駅構内で限定販売しているウナギ弁当、駅のうなぎ屋・やまよし、、これの味は忘れられません。
家ニスタ
2020年05月17日 22:58
ミクミティさん、こんばんは。
本当に紙一重・・・というか、ほとんど差はないと思います。
たしかに駅弁は日本の文化ですね。
日本ほどバラエティに富んではいませんが、台湾では比較的駅弁めぐりの旅が楽しめました。
あとイタリアでは、駅の売店で四角いピザを売っていて、それを車内で食べるとめっちゃおいしかったです。
おっ、福井の焼き鯖寿司人気ありますね。
やっぱり一位にすればよかったかな・・・。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年05月17日 23:06
OTSUKYONさん、こんばんは。
素晴らしい企画、とお褒めいただきありがとうございます。
そうですね、たしかに海鮮もの系は冷めてもおいしいし、無難だと思います。
僕のランキングでは特上カルビ弁当と近江牛ステーキ弁当が牛肉系の両雄だと思いますが、それでも焼きたてに負けない味かと言われるとさすがに・・・。
でも駅弁には駅弁の良さがあると思いますよ。
僕も少しずつ多くのおかずが楽しめる幕の内系は好きです。
ランキングにはあまり入りませんでしたが・・・。
おっ、天浜線新所原駅のうなぎ弁当ですか。
それは一度ぜひ食べてみたいですね。
いつもコメントありがとうございます。
2020年06月18日 10:40
いや~~楽しかった\(^o^)/ もうたまらないお弁当の数々、自分の食べたことあるものが出てくると、そうそうなどとつい頷いちゃいました^O^
カニ飯の元祖は鳥取なんですか@@ずっと敦賀だと思ってました^^; いつか食べてみたいですねえ。。
にっくき米沢特上カルビ^^;米沢で駅弁買ってホテルで家族で食べた時、じゃんけんで負けて嫁さんに取られたんですよね^^;僕は負けてどまん中でした^^;いつかリベンジに食べたいよ~~
とはいえ、福井の焼さば、たしかに絶品です。駅弁に関しては北陸では福井、特に敦賀や若狭が一番ですねえ^^
富山ではますずしがありますが、地元ではなかなか駅弁買わないのもありますが、石川も頑張って欲しいもんです^^;

是非、次回もこの企画お願いします^^/
家ニスタ
2020年06月20日 11:19
つとつとさん、こんにちは。
お楽しみいただき、ありがとうございます!
かに寿司の元祖は鳥取のようですが、福井のものも有名ですよね。
ぜひ鳥取へいらしていただき、食べくらべしてみてください。
食べたかった駅弁が食べられなかったときの落胆、よくわかります。
僕も一度「あんこう三昧弁当」を食べそこねたあと、すぐまた水戸にリベンジに行っちゃいました。
(まあ、近場だったからですが・・・)
「特上カルビ」はリベンジのために米沢まで行く価値のある弁当だと思います。
たしかに、福井、敦賀はおいしい駅弁の宝庫ですよね。
コロナ次第なのですが、近々また北陸へ行き、「焼き鯖寿司」も再チャレンジしたいと思っています。
金沢にもおいしい駅弁は多かったと思いましたが、やはり幕の内風の総花的な弁当が多いように感じましたので、今回のランキングではえらびませんでした。
それも、次回の北陸再訪の結果しだいで、変わってくるかもです。
うーん、なかなかこうした企画を連続でやっても、似たような内容になっちゃうかもしれませんしね・・・。
ただ、「ベスト30」では足りないことははっきりしましたので、次回「ベスト50」くらいになって、数年後に復活するかもです。
いつもコメントありがとうございます。
2020年07月14日 23:44
ご無沙汰してます

やっと5位~1位が見れました(笑)

豪華なラインナップですねぇ
残念ながらカキは食べれません(笑)
焼き鯖は2切れぐらいなら食べれるかな(笑)

かに寿しは間違いなく美味しいでしょうね

食べてみたいです
家ニスタ
2020年07月15日 23:24
とまるさん、こんばんは。
はい、この回は豪華なラインナップになったとおもいます。
カキ、食べられないんですね。
それは残念ですね。
焼き鯖寿司は2切れといわず、もっと食べてください(笑)。
皆さんの支持も多かったので、次回またランキングをやるようなことがあれば、こちらを1位にしようか、とも思っています。
かに寿司、まちがいなくおいしいです(笑)。
いつもコメントありがとうございます。