茨城のマイナーな城めぐり(2)-野友城

地元のあまり知られていない城めぐりの第2弾です。
先月末、前回と同様に感染対策をじゅうぶんにとった上で出かけてきました。
今回の最初の目的地は、鉾田市の野友城です。

やはり城めぐりとしてはちょっと遅めの10時半に家を出て、1時間半ほど下道を走り、鉾田市にはいりました。
目的地にごく近いはずの‟野友公民館”に車をとめ、あるきはじめたのですが・・・。
「野友城」の看板もまったく見あたらず、まよってしまいました。

2人の地元の人に道を聞き、2人目のトラクターに乗ったおじいさんが親切におしえてくれたので、やっとたどり着くことができました。

0025源照院.jpg
城の入口にたつ、源照院というお堂が目じるし。


0006野友城.jpg
さらに進むと、ようやく「野友城跡」の表示が見えてきました。
しかし城域にはいってはじめて見えてくる表示では、これを目印に探しあてることはできませんね。

先ほど道を聞いたトラクターのおじいさんは、
「くっきりと堀がのこっていますよ」
と言っていました。

0022野友城.jpg
たしかに空堀や土塁は良くのこっているのですが、木立やヤブが深すぎ、写真に撮るとほとんどなんだかわかりませんね。


0023野友城.jpg
奥には主郭らしいものが見えていますが、空堀が立派すぎて、ヤブに踏み入ってまで進むことができませんでした。
そもそもこの日は暑すぎ、虫よけもかゆみどめもなしにヤブに突入するのは無謀です。

前回の城めぐりから1カ月、季節がすっかり真夏に変わっていたのに気づきませんでした。
秋ごろに涼しくなったら、またリベンジするかもしれません。


野友城は常陸武田氏の居城です。
築城は永禄年間(1558~1569)。

常陸武田氏は「南方三十三館の仕置き」のさいに佐竹氏によって当主が常陸太田城に招かれ、他の鹿行地域の領主とともにだまし討ちにされます。
その後地域の各城は佐竹氏に接収され、野友城も廃城となります。





0027野友城周辺の景色.jpg
野友城の周辺には、ごくごくのどかな風景がひろがります。


野友城跡をあとにし、来る途中に案内板を見かけた富士見塚古墳公園へ向かいます。
その途中、おおきなタワーが目にとびこんできました。

来るときも目に入ってはいたのですが、まずは野友城へ着くことを優先しパスしていました。
野友城の見学が意外とはやく終わったので、近くまで行ってみることにしました。

0030虹の塔.jpg
このタワーは霞ケ浦ふれあいランドの中の施設で、
というんだそうです。

あいにく、コロナのため現在は塔にのぼることはできないようです。
ふれあいランドの中にある、「水の科学館」なども、見学は休止中のようです。


0031虹の塔.jpg
近くへ行くと、そのおおきさがよくわかりますね。
高さ60メートルあって、霞ケ浦が一望にできるようです。
コロナがおさまったら、再訪したいですね。


0032行方市観光物産館.jpg
ふれあいランドのとなりは道の駅になっていて、
行方市観光物産館こいこいがたっています。
夜のつまみにと、行方名産のなまずやわかさぎの製品を買いました。
その内容は後編で。

この日の後半に続きます。


続 図説 茨城の城郭 [ 茨城城郭研究会 ] - 楽天ブックス
続 図説 茨城の城郭 [ 茨城城郭研究会 ] - 楽天ブックス


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年06月07日 00:59
こんばんは

いい感じの城ですね。
ほんとマイナーそうですね。
それがまたいいですね。
それに。。。このタワーはなんですか。
これは萌えますね。
私実はプチタワーマニアなんですよね。
あくまでプチですが。
家ニスタ
2020年06月07日 12:06
トトパパさん、こんにちは。
すみません、昨日書きかけで記事をUPしてしまったもので・・・。
このタワーは「虹の塔」といいます。
地方の謎のタワーって、時々ありますよね。
トトパパさんはタワーマニアでもいらっしゃったんですね。
もし機会がありましたら、ぜひのぼりにいらしてください。
マイナーな城は雰囲気はいいのですが、整備されていないので見学はしづらいです。
いつもコメントありがとうございます。
2020年06月07日 15:57
こんばんは~
お城なんですね…
すみません… 城ガールでないので ハイキングにしか…
石垣跡とかあると 私みたいな素人には わかるかも
しれませんが…

それより 後編の物産館にわくわくします!(苦笑)
2020年06月07日 18:27
マイナーなお城巡りには厳しい季節となりましたね。
私も地図でも道がさだかでない
寺院跡へ今日行ってみたのですが。
狭い道が不安だったので車は下に駐車して
Tシャツ・ランパンにジョギングシューズで走って。
藪状態で蚊はブンブン。
散々な目に遭いました。
やはり秋から冬ですね。
タワーには上ってみたいですね。

リンク貼らせていただきました。
ご承諾ありがとうございます。
家ニスタ
2020年06月07日 23:16
おとめさん、こんばんは。
ええ、城です(笑)。
東日本では戦国時代に石垣のある城は少なく、近世に入ってからの大規模な城でも水戸城や越後高田城のように、土塁だけの城もあるくらいです。
といってもあまり城に興味ない方が土塁の写真を見ても面白くないと思いますので、それ以外の部分に興味を持っていただければ幸いです。
物産館の話はおみやげに買ったものをあとで食べましたというだけですが、次回のせたいと思います。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年06月07日 23:33
torさん、こんばんは。
本当に急激に暑くなって、ヤブの深い城跡には蚊が大量発生していて、ヤブにつっこんでいくことができませんでした。
たしかに秋以降に行くほうがいいですね。
コロナがおさまったら、タワーにはのぼってみたいと思っています。
オズランドに関する拙記事をご引用いただき、ありがとうございます。
いつもコメントありがとうございます。
2020年07月24日 19:09
南方三十三館の仕置き そうでしたか、この辺りの領主がだまし討ちにあったんですか。急遽の制圧のためとはいえ、何とも言えない行為ですねえ。。

虹の塔というんですか@@ なかなか、優雅な形の塔ですねえ^^
霞ヶ浦が一望できる。いいですねえ、登ってみたいですねえ^^
家ニスタ
2020年07月24日 23:05
つとつとさん、こんばんは。
この時期の佐竹氏はかなり悪らつなことをやっていて、「関東奥惣無事令」の後にもかかわらす、水戸城の江戸氏を攻めほろぼしたりしていましたが、その最たるものが「南方三十三館の仕置き」です。
この事件で鹿行地域の小領主はことごとくだまし討ちにされました。
この後近世大名へと変貌する佐竹氏の汚点だと思います。

虹の塔はとつぜんあらわれるので、びっくりしました。
(それまで存在を知りませんでした)
コロナがおさまったら、僕ものぼってみたいと思います。
いつもコメントありがとうございます。