富山、石川・続100名城と飲みテツの旅(2)-富山城

2日目の朝は7時前から、ホテルで無料の朝食をたべます。

0075朝食.jpg
おにぎりが中心のシンプルな朝食ですが、ありがたいです。
右の皿左側の、おぼろこんぶのおにぎりがおいしかったです。


さて、「飲みテツの旅」というタイトルですが、今日からはレンタカーがメインの旅になります。
さっそく車に乗って・・・と行きたいところですが、まずは徒歩で富山城へと向かいます。

というのは、ネットでしらべたら富山城の駐車場は有料だと書いてあったのです。
ケチな僕は、レンタカーを借りる前に徒歩で富山城へ行き、駐車場代を節約しよう、と考えたのでした。
さいわい、アルファ―ワン富山駅前のチェックアウト・タイムは11時ですので、部屋に荷物を置いたまま、朝の散歩感覚で城めぐりができます。

それにしても、まだ朝8時前だというのに、すごい暑さです。
北陸のほうが、関東よりいくぶん暑さがましかと思っていましたが、ぜんぜんそんなことはなかったですね。


0078富山城.jpg
徒歩10分ほどで、公園化されている富山城跡のひろい敷地と、少々問題アリの天守が見えてきます。


0132富山城.jpg
一見立派な天守に見えますが、この建物は1954年開催の富山産業大博覧会において、犬山城や彦根城の天守を参考に、「美の殿堂」として建てられたものです。
初代富山藩主前田利次いらい、富山城に天守閣がきずかれたことは一度もないので、まったくの模擬天守、虚偽天守ということになります。
佐々成政時代の富山城に天守がたっていたかどうかはわかりませんが、こんな立派なものではなかったのはたしかでしょう。


0115富山城.jpg
館内は現在、富山市郷土博物館となっており、富山城をきずいた神保氏や、その後の城主である佐々成政、前田氏支配時代などの歴史についての展示がされています。

きのうホテルにチェックインするときに、
路面電車まちめぐりパスポートというのをもらっていました。
そのチケットの1枚を切りとって出すと、博物館の入場料がタダになりました。
これはいいですね。


0081前田正甫.jpg
城内には前田正甫の像がたっています。
前田正甫は富山藩二代藩主で、‟富山売薬の父”と呼ばれているそうです。

元禄3(1690)年ごろ、江戸城に登城した正甫はある大名が腹痛を起こしたのを見て、常に懐中にもっていた富山の丸薬、「反魂丹」をさしだしました。
すると、その大名の腹痛がたちまち治ったというのです。
それが評判となり、以来富山の売薬がさかんになったということです。


0082富山城.jpg
城内は公園としてきれいに整備されています。


0083アジサイ.jpg
アジサイのほとんどは枯れていましたが、なかにはまだ元気に咲いているものもありましたね。


0127富山城.jpg
石垣のなかには、‟見せる石”としてもちいられた巨石が見えますね。


0102富山城.jpg
千歳御門は数すくない現存遺構のひとつです。
ただし場所はもとの位置から変わっているそうです。


富山城は天文12(1543)年、神保長職によってきずかれました。
天正4(1576)年、越後の上杉謙信は越中に侵入し、富山城もその勢力圏となります。
天正7年には織田信長の部将・佐々成政が富山城主となります。

小牧・長久手の戦い後、秀吉の越中攻めで佐々成政が降伏すると、越中の大部分も前田家の領するところとなります。
慶長10(1605)年に前田利長は隠居城として富山城に入りますが、火災が起きたため高岡城をきずいてこちらに移り住みます。
その後、前田利常の次男利次は越中のうち10万石を分け与えられ、万治4(1661)年に富山城を修復して居城とし、富山藩が成立します。





1003続100富山城.jpg
富山市郷土博物館では、続100名城スタンプを押すことができます。


0106富山城.jpg
模擬天守ですが、建てられてから年月がたち、風格のようなものさえ出てきていますね(笑)。


0136富山市電.jpg
帰りは‟丸の内”電停から市電に乗り、富山駅まで行きます。
これもチケットをわたすとタダでした!
富山の市電に乗るのははじめてだったので、よかったです。


このあとはレンタカーを借り、増山城に向かいます。


富山城の縄張と城下町の構造 [ 古川知明 ] - 楽天ブックス
富山城の縄張と城下町の構造 [ 古川知明 ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

OZMA
2020年08月11日 08:04
富山城スタンプGET、おめでとうございます。
「続日本100名城」も着々と制覇されていますね。
私は実に2年半ぶりに「日本100名城」に行ってきましたw
2020年08月11日 09:43
こんにちは

富山に行かれたんですね。
いいですね。
富山城、偽物天守ですが、富山市のシンボル的になってますね。
私も行った事あります。
2020年08月11日 20:24
北陸が意外に暑いなと
最近の最高気温を見ながら思ってました。

富山には行ったことないのですよ。
行ってみたいですね。
越中富山の薬売り
昔は置き薬がありましたね。

富山城天守は別にして
石垣は当時のものなのでしょう。
それを見ながら想像を膨らませるのもありですね。
2020年08月11日 21:51
金沢は行ったことがありますが
富山は無いんですよねぇ
城下町は 町並みがきれいで
見所いっぱいでこの後が楽しみです!

私がこどもの頃 富山の置き薬が家に
ありました
定期的に薬屋さんが来て 補充してくれる
のですが その時に きれいな紙風船を
くださって それが楽しみでした
家ニスタ
2020年08月11日 23:39
OZMAさん、こんばんは。
「続100名城」のスタンプも、だいぶたまってきました。
もっとも、今回行った3つの城はいずれも以前来たことのあるところで、スタンプを押していなかっただけなのですが。
OZMAさんも100名城再開されたのですね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年08月11日 23:47
トトパパさん、こんばんは。
はい、富山行ってきました。
うーん、模擬天守であってもここのように地元のシンボルになっている場合、評価がむずかしいんですよね・・・。
地元の人に親しまれているのに、僕のような部外者が行って、「ウソだ」「インチキだ」と断じるのもどうかと思いますし・・・。
でも、公園としての全体の雰囲気はすばらしかったですよ。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年08月12日 23:09
torさん、こんばんは。
そうなんです、北陸予想外に暑かったです。
富山に行かれたことがないんですね。
富山には史跡もあるし、いろいろおいしいものもあるので、オススメですよ。
富山の置き薬は、以前は各家庭にあったようですね。
さいきん、TVCMなどで復活していますね。
はい、石垣はホンモノのようです。
われわれマニアは模擬天守などなくても、想像だけでいけるんですけどね(笑)。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年08月12日 23:14
おとめさん、こんばんは。
おとめさんも富山未経験でしたか。
なかなか金沢の影に隠れて、特色が思い出しづらい街かもしれませんね。
おっしゃる通り見どころはたくさんあります。
ただ、僕はマニアなので、おとめさんの期待どおりの旅になるかはわかりませんが・・・(笑)。
やっぱり置き薬ありましたか。
紙風船は、子供時代のきれいな思い出ですね。
いつもコメントありがとうございます。
2020年08月14日 14:19
北陸の夏は高温多湿で、じめじめで余計暑く感じ、住んでる僕でも大嫌いな季節TT
富山の市電・ライトレールなどは行くたびに羨ましくなるほど生活に密着していて整備されていますねえ。しかも古い車両から郊外を走る先進車両とバラエティに富んでいますから
路面電車を持たない石川は福井・富山に、こと市内電車となると劣等感を感じているんですよ^^;
たしかに富山城の天守、模擬天守ですが、長い年数で色も馴染んで、見慣れたこともあって、すっかり街に馴染んでいますねえ^^
家ニスタ
2020年08月14日 22:47
つとつとさん、こんばんは。
はい、北陸予想外に暑かったです。
市電は新型の低床車両がはしっているのも見ました。
僕が乗ったのは古いタイプでした。
金沢がコンプレックスを感じるほどのものでもないとは思いますが・・・。
模擬天守は築造から年月が経って、風格さえ出てきちゃってますね(笑)。
このままいくと大阪城に続き、現存天守でもないのに登録文化財、ということもあるかも・・・。
いつもコメントありがとうございます。