富山、石川・続100名城と飲みテツの旅(3)-増山城~森寺城

ホテルにもどった僕は、荷物をまとめてチェックアウトをし、レンタカー・ショップに向かいました。
予約しておいた、オリックス・レンタカー富山駅前です。

貸してくれた車は、トヨタ・パッソです。
小型の割りに室内が広くて、乗りやすいですね。

カーナビをセットし、まずは増山城の続100名城スタンプが置いてある、砺波市埋蔵文化財センターに向かいました。
1時間半ほどのドライブで、センターに到着。
建物はそれほど大きなものではなく、小学校の敷地を借りてたっている感じでした。


0140砺波市埋蔵文化財センター.jpg
砺波市埋蔵文化財センターの内部。
係員の人がいなくて、とくに撮影禁止とも書いてなかったので、
「まあいいだろう」と写真を撮っちゃいました。


0144砺波市埋蔵文化財センター.jpg
増山城からの出土品などがならんでいます。


0143砺波市埋蔵文化財センター.jpg
増山城の模型。
‟別城一郭”の関係にある亀山城と合わせると、かなり広い城域になります。

さてここで、レンタカーで出発する前に富山駅で買った弁当をあけます。
駅弁なので、本当は列車の中で食べたほうが雰囲気が出るのですが、車の中での食事になりました。

まあ、埋蔵文化財センターの周囲にはレストランや食堂もなさそうだったので、ちょうどよかったです。
買ったのはもちろんますのすし(大)です。


0151ますのすし.jpg
前回富山に来たときに食べたのは「ますのすし(小箱)」でした。
つとつとさんにご指摘されたとおり、このおすしは丸くないと雰囲気が出ません。

今回念願の丸い大サイズを食べることができて、よかったです。
ただ、ますのすしすっごくおいしいのですが、(大)は1.5人分くらいあるので、同じ味なので少々飽きてしまう部分がないでもありません。
今回、(小丸)という商品もあることに気づいたので、次回からそれにするかもです。


さて、食事も終え、いよいよ増山城に向かいます。
埋蔵文化財センターから10分弱車をはしらせると、和田川ダムの入口に着きます。

0182増山城.jpg
駐車場から橋をわたると、増山城の城域にはいります。
写真に見えているこんもりした小山が増山城のある山です。


0153増山城.jpg
入口には冠木門がたてられています。


0161増山城.jpg
城内ところどころに案内板がたっています。


0168増山城.jpg
段差のある切岸が見られます。


0172増山城.jpg
こちらが主郭とされる‟二の丸”です(笑)。
かなりの広さがあります。

‟一の丸”へ行く道は、先日の豪雨のためなのか、通行禁止になっていました。
遠回りすれば行けたようですが、猛暑で気力が萎えていたので、やめました。


さて、この二の丸からされに先に進むと、別城一郭の関係にある‟亀山城”の城域にはいります。
しかし、暑さのため水分の減りがはやく、もってきたお茶のペットボトルが、あと3分の1弱しかのこっていませんでした。

亀山城に着くまでにお茶を飲みきってしまえば、熱中症にもなりかねない暑さです。
駐車場の横には自動販売機がありましたが、それを買ってもどってくると、結局増山城の城内を2回通ることになり、かなり時間をロスします。
亀山城には行きたかったのですが、泣く泣く断念することにしました。





増山城は戦国期に神保長職によってきずかれた山城のうちのひとつです。
天文12(1543)年に長職は富山城をきずきますが、これによって圧迫された椎名氏は上杉謙信に助けをもとめます。

永禄3(1560)年上杉謙信は富山城を攻め、落ちのびた長職はその後謙信に降伏します。
その後長職は増山城を本城とします。


1004続100増山城.jpg
砺波市埋蔵文化財センターで押した、続100名城スタンプです。


あまりにも暑いので、駐車場横の四阿でしばらく休んでから、次の目的地に向かうことにしました。
午後2時すぎ、ようやく腰をあげます。

向かったのは森寺城です。
カーナビに目的地を入力して走ったのですが、‟一般道優先”で検索したはずなのに、なぜか能越自動車道に誘導しようとします。
今回乗る区間が‟無料区間”だと知らなかった僕は、チキンぶりを発揮し、本能的に入口の直前で高速に乗ることを回避したのでした(笑)。

しかしカーナビ君は、ぐるっと大回りして、ふたたびもとの入口から僕を高速に乗せようとする意地っぱりぶり(笑2)。
根負けした僕が高速に乗ったことで無料がわかりましたが、このすったもんだでかなり時間をくい、森寺城到着は午後4時すぎになってしまいました。


0185森寺城.jpg
北氷見でおり、ようやく森寺城の入口に着きましたが、案内板の左上に、なにやら不穏な張り紙が見えますね(笑)。
僕がビビっていると、なにかの作業をしていた、トラクターに乗ったおじさんがあらわれました。
僕の顔を見るなり、
「熊よけの鈴もってる?」(笑)

「もってなかったら、そこにある熊よけカンカンをもっていっていいよ」
見ると、城の入口のところに、一斗缶とそれを叩く棒がセットになったものが置いてありました。
なんでも、数日前に近所でクマが出たと聞き、おじさんが手づくりしてくれたものだそうです。

しかしそんなものを持っていくのも大げさなので、
「いえ、鈴をもってますので」
と丁重におことわりして、城内へ向かいました。
じっさい、山城めぐりをすることが多い僕は、つねにクマよけの鈴をもっているのです。

0187森寺城.jpg
森寺城の入口です。
まんなかに見えるのが、「熊よけカンカン」。


0188森寺城.jpg
大規模な土塁・空堀が見えてきます。


0193森寺城.jpg
‟百閒馬場”と呼ばれるエリア。
たしかにこれだけ直線があれば、馬をはしらせることもできそうですね。


0198森寺城.jpg石垣らしきものも見られます。


0207森寺城.jpg
こちらが二の丸。
けっこう広いですね。


0202森寺城.jpg
‟本丸”はどこにあるのかな、と思ったら、二の丸の一画、石垣で区切られた天守台状の部分をそう呼ぶようです。


0209森寺城.jpg
二の丸の一画には井戸もありますね。


森寺城は永正年間(1504~1521)に能登守護の畠山氏によってきずかれたといわれます。
その後上杉氏や織田氏の領するところとなり、城主もたびたび変わります。

天正11(1583)年には佐々成政の支配下にはいり、小牧・長久手の戦いと前後する前田氏との争いにおいては、佐々方の国境の拠点のひとつとして利用されたようです。





さて、本来はこのあと、以前つとつとさんが紹介されていた、阿尾城に行く予定だったのですが、少々遅くなってきたので断念することにしました。
前回も氷見駅から徒歩で行こうとして、雨が強く断念した記憶がありますが、なんだかご縁がないようですね・・・。

僕が帰り道をいそいだのは、はやく次の目的地である高岡に行きたかったからでもあります。
高岡では、この旅で唯一、居酒屋へ行く予定だったのです。


0219高岡駅.jpg
富山駅でレンタカーを返して、あいの風とやま鉄道に乗り、高岡でおります。
車両は国鉄時代の413系ですね。

今日の宿、アルファ―ワン高岡駅前にチェックインして荷物を置き、さっそく居酒屋へ向かいます。
前回(2016年)おとずれてお気に入りの、十魚八(ととはち)さんに行ってみました。
コロナに負けず、元気に営業されていました!

0224十魚八.jpg
ここでは富山湾の新鮮な海の幸がいただけて、つまみがどれも絶品なのです!
左は‟白エビのから揚げ”、右が‟イカの黒づくり”です。


0231十魚八.jpg
この‟すり身あげ”もめっちゃおいしいんです。
酒は生ビールから、日本酒「風の盆」へ移行しました。

こんな状況のなか、お気に入りの居酒屋さんで、おいしい肴とともにお酒が飲めると思うと、(何度も書きますが)涙が出るほどうれしいですね。
山城めぐりのあとは居酒屋で一杯、すごく充実した一日をすごせました。


明日は石川県にはいります。


名物にうまいものあり 源のますのすし | ますのすし二重 - ますのすし本舗源 楽天市場店
名物にうまいものあり 源のますのすし | ますのすし二重 - ますのすし本舗源 楽天市場店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年08月13日 23:12
こんばんは
ますの寿司 私も大好きです
でも 確かに1個一人で食べるのは
大変ですよね
我が家は いつも1個を 4つに分けて
母と2食分 と言う感じかな

熊よけの鈴を持ち歩いているなんて
さすがです!

二の丸の跡に出るまでは 確かに
鬱蒼としていて熊が出てもおかしくない
感じですけど 急に開けるんですね
夕方で無ければ 少し のんびりしたい
ところですね
2020年08月14日 15:23
そういえば、しばらく行っていませんでしたが、増山城は良い城ですねえ^^増山城の最後の城主は中川光重(宗半)ですが、ほとんどが大阪や金沢勤め、左遷逼塞で留守がちで、奥さんの簫姫(瑞雲院、前田利家次女)が長く城代だったと云われています。秀吉は利家の三女を側室にしましたが、実は簫姫が好きでいろいろと贈り物をしていましたが袖にされ諦めたと云われています。おかげで砺波や加賀では意外にに人気のある女性城主で、増山城で行われる秋の祭りではいつも主役です。
そうそう今年は意外に熊さんが多く出没してるみたいで、五箇山の相倉では観光客が怪我したそうです。今年はクマ鈴は必需になりそうですね。
ますすし、でかすぎますか?僕にはあの大きいのがペロリでございますーO^それにしても富山の海幸山幸、美味しいものが多いですねえ^^
2020年08月14日 20:17
お城巡りは私も好きですが
暑いですね。
写真を拝見すると涼しそうですが。
夕食のビールとお酒が美味しかったでしょうね。
家ニスタ
2020年08月14日 22:56
おとめさん、こんばんは。
はい、ますのすし少し大きかったです。
旅行のときはいつも熊よけの鈴を持ち歩いています。
カメラの手入れの道具などといっしょに、「旅行用小道具セット」に入れているので、それをリュックにつっこむだけです。
たしかに二の丸から急にひらけますね。
猛暑のうえに蚊も多かったので、早めに着いてもあまりのんびりはできなかったかも・・・。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年08月14日 23:00
つとつとさん、こんばんは。
はい、増山城すごく良い城で、僕も大好きです。
なるほど、蕭姫が実質上の女城主だったんですね。
それにしても、利家の娘は美人ぞろいだったんですかねえ。
ますのすし、ちょっとだけですが大きすぎる気が・・・。
あれをぺろりとは、つとつとさんお若いですねえ。
本当に富山にはおいしいものが多くて、テンション上がります!
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年08月14日 23:03
torさん、こんばんは。
北陸というと涼しそうなイメージですが、本当に暑かったです。
写真はうっそうとした森の中が多いので、涼しそうに見えますが、とにかく湿度が高かったですねえ。
実は生ビール2杯飲んだあと日本酒に移行してます。
本当においしかったです!
いつもコメントありがとうございます。
2020年08月15日 01:51
こんばんは

増山城ですか。
知りませんでした。
いい感じですね。
あ、この前、備中松山城に行きましたよ。
ます寿司、美味しいですよね。
大好きです。
2020年08月15日 22:19
東京都埋蔵文化財センターで、受付の方に
撮影の許可を願い出たところ、全部言い終わらない内に
「どうぞ、どうぞ」と言われましたから、他県の
博物館から借りたものでも無い限り、こうした施設の
撮影は全く問題ないでしょう。お昼は鱒寿司ですか。
東京でもけっこう見かけますが、少し大きいサイズのを、
専用の付属ナイフで切り分けながら食べるのが、
一番美味しいような気がします。熱中症に気を付け、
更に熊除けの鈴を鳴らしながらの山城巡りは大変ですね。
家ニスタ
2020年08月15日 22:20
トトパパさん、こんばんは。
増山城はあまり知られていないかとは思いますが、続100名城にえらばれました。
すばらしい山城跡だと思います。
備中松山城に行かれたんですね。
ますのすしはさすがのおいしさでした。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年08月15日 22:33
ysuhikoさん、こんばんは。
昭和の時代はどの博物館・資料館も撮影禁止があたりまえでしたから、意外と地方ほどそれを引きずっているところが多い気がします。
たとえばつくば市の小田城横の資料館は、たいした収蔵品もない(失礼)くせに撮影禁止です。
むしろ東博とか科博とか、メジャーな博物館のほうが、さいきん撮影可のところが増えてきましたね。
まあ、人がいなかったので写真撮ってしまったのでいいのですが(笑)。
ますのすし、僕の近所のスーパーの「駅弁祭り」でも時々見かけます。
たしかにプラスチックの小さいナイフで切り分けながら食べたら、おいしかったです。
猛暑、コロナ、熊、と何重もの障害を乗りこえながらの城めぐりでした(笑)。
いつもコメントありがとうございます。
2020年09月13日 23:11
ますのすし美味しそうです
食べてみたいです

熊よけの缶を持って行くのは邪魔そうですね(笑)
家ニスタ
2020年09月14日 22:32
とまるさん、こんばんは。
ますのすし、おいしいですよ。
大阪のデパートの駅弁祭りとかでも、たぶん売ってると思います。
クマよけカンカンのでっかいのを持ち歩くのは、やっぱり邪魔くさいですよね(笑)。
僕はいつも熊よけの鈴を持ち歩くようにしています。
いつもコメントありがとうございます。