「みんなの九州きっぷ」の旅(3)-知覧城

〈3日目〉
今日は九州新幹線に乗って南下し、鹿児島へ向かいます。
考えてみれば、7月の豪雨で肥薩線やおれんじ鉄道が寸断されて再開のめどがたっておらず、熊本から鹿児島まで鉄道で行くとしたら、新幹線を使ういがいない状況なんですね。
そういう意味では、新幹線OKの「みんなの九州きっぷ」で旅行することにして正解でした。

きのうは熊本から大分までの特急「あそぼーい」の指定席が取れなかったんですが、今日は朝熊本駅に行って新幹線の指定席をとったら、あっさりと取れました。
ま、あそぼーいが1日1往復しかない観光列車なのに対して、九州新幹線はひんぱんに走ってますからね。
というわけで、熊本から新幹線に乗りこみます。

0221熊本駅.jpg
熊本駅に九州新幹線がやってきます。
じつはワタクシ、九州新幹線に乗るのはこれがはじめてです。

山陽新幹線直通のN700系ですね。
転落防止柵のために良く写ってなくて申し訳ないですが・・・。


0223車窓の風景.jpg
出発してすぐ、新幹線の車両基地らしきところを通ります。


0228車窓の風景.jpg
新幹線のスピードでは、肉眼で車窓の風景を追うのはむずかしいですね。


0229鹿児島中央駅.jpg
鹿児島中央駅に到着。

改札を出て、すこし行ったところにあるスカイ・レンタカーで車を借ります。
今日の目的地は、知覧です。

車で南下すること1時間とちょっとで、ミュージアム知覧に着きます。


0240ミュージアム知覧.jpg
ここで、知覧城の続100名城スタンプを押すことができます。


0242ミュージアム知覧.jpg
ミュージアム知覧内部。
常設展は撮影禁止でしたが、企画展は撮影可能でした。


0243ミュージアム知覧.jpg
昭和初期の民家の再現。

となりには特攻平和会館があり、ここまで来て素通りするわけにもいかないので、こちらも見学していきました。

0245特攻平和開館.jpg
特攻平和会館では、出口のところにあるゼロ戦のみ、撮影可能でした。


0246知覧城入口.jpg
さらにすこし車を走らせると、知覧城の入口に着きます。
じつは以前、ミュージアム知覧まではバスで来たことがあって、知覧城にものぼろうと思ったのですが、そのときは真夏で、ミュージアムからここまで歩いて来る体力がなく、断念したことがあります。
レンタカーだと、城のすぐ目の前まで来れるので、いいですね。


0249知覧城.jpg
れいによってシラス台地に切りこんだ、雄大な切り通しが見えてきます。
これまでにご紹介してきた、清色城や志布志城といった城とおなじ系統の、群郭式の城郭です。


0275知覧城.jpg
蔵之城、と呼ばれる曲輪へののぼり口。
じっさいは、写真から受ける印象ほどけわしくはありません。


0278知覧城.jpg
蔵之城内部では、検出された建物跡が平面展示されています。


0292知覧城.jpg
「本丸」へといたる虎口。


0294知覧城.jpg
本丸はひろびろとしています。


0295知覧城.jpg
周囲は土塁でかこまれています。


文和2(1353)年に島津忠宗の三男、佐多忠光が、足利尊氏より知覧領をたまわります。
以後、知覧城は佐多氏の拠点となります。
しかし天正19(1591)年に佐多氏十一代久慶は秀吉の怒りを買い、移封されます。
その後、城は廃城となりました。





0423続100名城スタンプ知覧城.jpg
ミュージアム知覧で押した続100名城スタンプです。

知覧城は南九州の典型的な群郭式城郭で、薩摩の山城らしい、シラス台地に切りこんだ雄大な切岸や空堀を目にすることができますが、やはりマニア向けで、(正)100名城を回り終えたばかりの方には、少々ハードルが高いかもしれません。

姫路城のようなぴかぴかのお城ばかりが城だと思っている方が、100名城を終えた次のステップとして、いきなりこの城に来たら、びっくりするでしょうね。
続100名城には入門編からマニア向けまでさまざまなタイプの城がありますので、回る順番は慎重にえらばれたほうがいいかもしれませんね。


このあと、知覧城の城下町の武家屋敷街である、知覧麓をおとずれます。


島津貴久 戦国大名島津氏の誕生 (中世武士選書) [ 新名一仁 ] - 楽天ブックス
島津貴久 戦国大名島津氏の誕生 (中世武士選書) [ 新名一仁 ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年10月15日 19:35
新幹線で鹿児島まで行かれたのですね。
九州新幹線は新八代-鹿児島が先行して開業。
私はその時に
新八代から新幹線で鹿児島へ「白くま」食べに行きました。
個人的にはその際に使用されていた
リレーつばめ787系が好きでした。
九州新幹線800系も可愛いと思います。
N700系に乗られたのですね。
車両基地は新幹線祭で毎年解放されますよ。

鹿児島の城も特徴がありますね。
家ニスタ
2020年10月15日 20:53
torさん、こんばんは。
九州新幹線は新八代ー鹿児島間が先行開通だったのですか!
こちらにもリレー特急があったのですね。
個人的には、東北新幹線開通時に上野→大宮まで走っていた、「新幹線リレー号」の印象がつよいです。
車両基地が新幹線まつりで解放・・・!
ぜひ行ってみたいです。
いつもコメントありがとうございます。
2020年10月15日 21:51
こんばんは
知覧というと 特攻隊で 有名ですね
そして 今は お茶でも有名ですが
知覧城もあったのですね

新幹線だと 熊本から鹿児島も近いんでしょうねぇ
天文館とかいらしたのかなぁ♪
家ニスタ
2020年10月16日 07:51
おとめさん、おはようございます。
たしかに知覧といえば特攻基地が有名ですが、立派な城跡もあります。
いちおう続100名城にもえらばれているんですが、土塁づくりの城で、マニアでないとあまり楽しめないかもしれません。
新幹線だと熊本から鹿児島まであっというまですね。
すみません、今回はあくまで知覧へ行くことが目的だったので、天文館などは行ってません。
いつもコメントありがとうございます。
2020年10月16日 15:37
私も九州新幹線には乗ったことがありません。
福岡、佐賀、熊本までは行ったことがあるものの、
その先の鹿児島というと、一段と遠いような
気がしていました。知覧城、上りの階段が
ちょっと大変そうですけど、本丸跡は
ずい分広々としてるんですね。
家ニスタ
2020年10月16日 22:48
yasuhikoさん、こんばんは。
たしかに鹿児島は遠いですね。
僕も以前は肥薩おれんじ鉄道や肥薩線で行ったりしたんですが、先日の豪雨で両方とも被害を受け、しばらくは鉄道で鹿児島へ行く手段が、新幹線しかない状況です。
今はピーチなどのLCCが成田から鹿児島へ飛んでいるので、以前よりは行きやすくなりましたね。
知覧城ののぼり階段は急そうに見えますが、写真うつりの関係で、じっさいにはそれほどでもないです。
いつもコメントありがとうございます。
2020年10月28日 22:15
九州新幹線に乗られたんですねえ@@白の車体がいいですねえ@@

薩摩のシラス台地を掘り起こしたり掘削して造る大規模な城 知覧城ですか@@ 知覧と聞くとどうしてもゼロ戦や特攻機の印象が強いですが、こういう城も観られるんですねえ^^
前の記事に書いた祖父の出どころは知覧城の道を真っ直ぐ西にいった海の町らしいです。我が家の発祥の地で、いつか行ってみたいです。
だいぶ昔に、通り越しているみたいで、数年前に戸籍の関係で調べて場所が解りました。
家ニスタ
2020年10月29日 19:30
つとつとさん、こんばんは。
はい、九州新幹線にはじめて乗ってきました。
車体はJR西日本と共通のN700系ですね。
九州オリジナルの800系はまだ乗っていません。
つとつと家の発祥の地は知覧城の近くなんですね。
おそらく海岸線がうつくしいところかと思います。
近いうちに行く機会があるといいですね。
いつもコメントありがとうございます。