「みんなの九州きっぷ」の旅(4)-知覧麓~帰宅

ミュージアム知覧からさほど遠くないところに、知覧麓があります。
観光駐車場に車をとめ、見学することにします。

(ふもと)とは江戸時代に島津藩の外城制(とじょうせい)により整備された武家屋敷街で、一種の支城の役割をはたしていました。
入口のお茶屋さんで入場料を支払い、町並みのなかへと入っていきます。

0308知覧麓.jpg
みごとに整備された町並みがつづきます。

知覧麓では現在、7つの屋敷の庭園が公開されています。


0309知覧麓.jpg
そのうちのひとつ、西郷恵一郎氏邸の門。


0311知覧麓.jpg
南国情緒ただよう庭園は、みごとに整備されじつにすばらしい。


0316知覧麓.jpg
こちらは平山克己氏邸庭園。
豪快な岩が目を引きますね。


0323知覧麓.jpg
平山亮一庭園はシンプルで、なんだか抽象絵画を見ているような気分になります。


0346知覧麓.jpg
こちらは佐多直忠氏邸ですが、屋敷に入るとすぐ、石垣のついたてに視界をさえぎられるようになっています。
こうした構造は、麓の多くの武家屋敷でも見られ、いわばそれぞれの屋敷に「小さな枡形虎口がある」状態になっています。


0364知覧麓.jpg
こちらは森重堅庭園。

結局、7つの庭園すべてを見ました!
3~4つ見る人はいても、コンプリートする人はあまりいないんじゃないでしょうか。

しかし庭園の優美さのあいまに、屋敷の軍事的要素がかいま見え、興味ぶかかったです。





今日はこのあと、伊作城へ行ったり、できれば志布志城まで足をのばしたいと思っていたのですけれど、ミュージアム知覧に特攻平和会館、武家屋敷と盛りだくさんで、とてもそんな余裕はなくなってしまいました。
せっかくレンタカーを借りたのに、おとずれたのが知覧1か所とは心外なんですが、まあ内容的には充実してましたからね。
結局、これまでにレンタカーを借りた経験のなかでは、もっとも短い走行距離になってしまいました。

鹿児島中央駅前でレンタカーを返し、駅ビル(アミュプラザ)へ行きます。
大分と同様、駅ビルで「みんなの九州きっぷ」を見せると、500円ぶんの商品券がもらえます。

駅弁売り場が使用対象になっていたので、今日は駅弁を買って新幹線の車内で食べることにしました。
熊本までの帰りの新幹線の指定席も、あっさりと取ることができました。


0375さつま幕の内べんとう.jpg
買ったのは、さつま幕の内べんとうです。
鹿児島といえば、黒豚など肉系のがっつりした駅弁が多い印象だったのですが、ちゃんと幕の内もあるのですね。
バラエティ豊かな地元の食材がたのしめるのは、やはりいいですね。


0381車窓の風景.jpg
車窓の風景。
だんだん日も暮れてきました。


0391熊本駅.jpg
熊本駅には、ピクサー仕様の新幹線がとまっていました。

きのう居酒屋へ行ったので、今日はすぐホテルに行って寝ることにしました。
まあ、ちょっとは飲んだんですけどね(笑)。





〈4日目〉

今日は旅行最終日です。
飛行機まで時間があるので、ホテルでチェックアウトぎりぎりまでゆっくりしてから出ました。

昼は鶴屋百貨店のレストラン街で、熊本らしいものを食べてから空港へ行くことにしました。

0397のっぺ定食.jpg
食べたのは、のっぺ汁定食です。
のっぺ汁(のっぺい汁)とは、たっぷりの根菜や鶏肉の入った熊本の郷土料理で、素朴な味わいですがおいしいです。
もっとも、似たような名前の汁は全国にあるようですね。

百貨店目の前の通町筋バス停から、空港行きのバスに乗れるので便利です。


0407機上の風景.jpg
たちまち機上の人となりました。


0412機上の風景.jpg
羽田に着くころには、夜になっていました。


0420羽田空港.jpg
LCCを使うことの多い僕は、たいてい成田なのですが、今日はJALなので羽田です。

「東京国際空港」といえば、一時成田のことだったのですが、今は羽田もそう名乗っているんですね。
(国際線も飛んでいるので、あたりまえですが)
ちょっとまぎらわしい気もしますが・・・。
ま、もとの名前にもどった、ということかもしれません。



それではまたいつの日か!・・・といっていつもは終わるのですが、じつは今回行きそこねた場所が気になってしまい、しばらくしてまた九州を訪問することになりました。
計算したら、JALのマイルがまだ九州一往復分のこっていましたし・・・。
というわけで、「みんなの九州きっぷの旅」パート2、よろしければお待ちください(笑)。



島津貴久 戦国大名島津氏の誕生 (中世武士選書) [ 新名一仁 ] - 楽天ブックス
島津貴久 戦国大名島津氏の誕生 (中世武士選書) [ 新名一仁 ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年10月17日 12:19
こんにちは♪
そして お帰りなさい!

知覧麓 美しいお屋敷街ですねぇ
石垣の組み方が 南国的というか
沖縄とかにも見られそうな感じです!

幕の内弁当も おいしそうですし
鶴屋さんでのランチも良いですね♪
九州のものが色々食べられてお得感と
満足感と一緒においしく味わえそうです!

また九州にいらっしゃるんですね!
楽しみですね!
2020年10月17日 20:37
薩摩の外城制度は独特ですね。
何か所か残っていて私も武家屋敷巡りしています。
知覧は見どころもありますから
ここで終わっちゃいましたか?
列車にも思ったほど乗れなかったのではないでしょうか。
また次回もぜひお楽しみください。
家ニスタ
2020年10月17日 22:40
おとめさん、こんばんは。
知覧麓は本当に美しい武家屋敷街でした。
鹿児島にはこうした麓がいくつもあります。
庭園にはどことなく南国情緒がただよってますよね。
今回の旅では、九州のおいしいものをいくつも食べることができました。
結局、また九州に戻ってくることになりました。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年10月17日 22:51
torさん、こんばんは。
鹿児島はいくつも武家屋敷街がのこっていていいですね。
僕も入来麓や出水麓など、いくつか行ったことがあります。
知覧は見どころが多すぎ、結局ここだけになってしまいました。
リベンジのため、このあと鹿児島再訪しました。
あそぼーいの指定席が取れなかったことなどもあり、当初の予定よりは列車に乗れなかったんですが、熊本ー鹿児島の新幹線往復だけでも、切符のモトは取れていたようです。
いつもコメントありがとうございます。
2020年10月20日 21:00
知覧の武家屋敷、いい天気ですね。私もレンタカーで行きましたよ。
ただ、天気が凄く悪かった。雨のなかでそれぞれのお屋敷を見ました。
私も全部見学したと思いますよ。小さい庭ですが丹精込めて造られていたことがよく分かりました。
ここで大河ドラマ「西郷どん」のロケをやったのですよね。
直後にテレビでも見て嬉しかったことを覚えています。
知覧城は行かなかったですね。特攻平和会館で時間を取りますからね。
お茶を買いましたよ。
のっぺ汁、いいですね、郷土料理も楽しいものです。
またの九州を楽しみにしています。
家ニスタ
2020年10月20日 22:49
ミクミティさん、こんばんは。
はい、僕が行ったときはすごく天気がよかったです。
雨の中、武家屋敷めぐりをするのは大変ですね。
ミクミティさんも7つの庭園をコンプリートされたのですね。
西郷どんのロケ地になったという庭園、ありましたね!
たしかに知覧は見どころがありすぎ、知覧城まで足をのばすのはちょっとむずかしいかもしれないですね。
いつもコメントありがとうございます。
2020年10月31日 07:37
最初の武家屋敷通りの画像を見て、美しい通りに思わず見入っちゃいました@@ 電柱や街灯、案内板や看板、大概、何かが目に付くものですが、ないのが逆に通りの美しさを際立たせていますねえ@@
庭園にもこまめな手が加えられていて、景観を保っていますし、枡形虎口を思わせる構造は防備も考えていたのは、さすが雄藩と思わせてもらえます。
家ニスタ
2020年10月31日 22:28
つとつとさん、こんばんは。
知覧麓、本当にうつくしいです。
たしかに電柱や電灯が見えないですね。
多くの屋敷が小さな枡形虎口状の出入口をもっていて、ここが軍事施設なのだなあ、という事実をあらためて気づかせてくれました。
いつもコメントありがとうございます。