みたび「みんなの九州きっぷ」の旅(4)-長岩城

ひさびさの更新になりましたが、「みんなの九州きっぷ」の旅の続きです。
角牟礼城をあとにした僕は、次の目的地、長岩城へと車を走らせました。

ところが、この長岩城は天下の景勝地、耶馬渓のすぐ近くで、カーナビの案内で進んだところ、紅葉まっさかりの渋滞の中へ突入してしまいました(汗)。
まあ、渋滞といっても東京近郊の箱根や日光よりはいくぶんマシだったようで、しばらくすると抜けることができましたが。


0201耶馬渓.jpg
運転しながらだったので、ほとんどシャッターを切ることはできなかったんですが、それでも根性で撮った写真を何枚か。


0199耶馬渓.jpg

さて、渋滞を抜けるとまた車はまばらになり、しばらく行くと「長岩城」ののぼりの立った駐車場に着くことができました。
この城は続100名城でもなんでもないですが、山の中に築かれた石塁の数々が一部マニアの間では有名で、地元でも観光化しようという意識はあるようです。
もっとも、駐車場に車をとめていたのは僕ひとりでしたが。


0206長岩城入口.jpg
駐車場から小川をわたって、城域に入っていきます。


0209長岩城入口.jpg
長岩城入口。
このへんののぼり道はまだ整備されているほう。


0214長岩城.jpg
のぼりはじめてすぐ、ごつごつとした石塁が見えてきます。


0221長岩城.jpg
のっ、登り石垣?!


0225長岩城.jpg
山の中にこんな石塁群が点在しているのは、本当にすごい!


0227長岩城.jpg
山は深い杉林で、神秘性すら感じられます。
ただ、花粉症の時期は来たくないですね(笑)。


0246長岩城.jpg
僕はこのあたりが山頂ではないかと思ったのですが、まだ上があるようです。
ひえー、もう疲れたよー。
これだけ本格的な登りのある山城に来るのはひさしぶりです。


0253長岩城.jpg
そして圧巻なのが、本丸下に伸びるこの登り石垣(?)!


0254長岩城.jpg
しかもここは往時のままの姿をたもっているそうです。
これはすごい!


0259長岩城.jpg
本丸へといたる虎口。


0269長岩城.jpg
けわしい山城だけあって、本丸はせまいです。
眺望もほとんどききませんでした。

本丸のある尾根から沢を渡り、別のピークに行くとそこも長岩城の一部で、弓形砲座などのこれまた特徴的な遺構が見れるようです。
ただ、案内板によるとそちらのピークへ行くにはハシゴを登らなくてはならないけわしいところがある上、ここまでの登りで疲れてしまっていたので、今回は見送ることにしました。
あとでしらべたら、弓形砲座へ行くには別の入口からのぼったほうが楽なようです。


長岩城は建久9(1198)年、豊前守護宇都宮信房の弟、重房によってきずかれました。
以後姓をあらためた野仲氏22代の居城となります。

天正16(1588)年に黒田長政の軍勢によって攻められ、奮戦するものの落城し野仲一族は滅亡します。
以後、廃城となります。


0284長岩城遠景.jpg
長岩城遠景です。


駐車場までもどってくると、別の車がとまっていて、(本格的な登山の恰好をした)中高年男女3人のグループがいました。
「山頂で紅葉を見て来られたんですか?」
と話しかけられたので、
(どうも、本丸とは別の尾根のほうのピークのことを言っているようです)
「本丸しか行ってないので、紅葉は見えませんでした」
とこたえると、「残念。紅葉が見えないとつまらないでしょう」といわれました。

僕が「いえ、石垣が見れたので面白かったです」というと、
「あっはは。いろんな趣味の人がいるもんですなあ。私は石垣見てもひとつも面白くない」
と笑われました。
そんなにめずらしい趣味かなあ。





0285耶馬渓.jpg
帰りにまた耶馬渓をとおりました。
こんどは渋滞していませんでした。


0288耶馬渓.jpg
湖のほとりがきれいに紅葉していたので、写真を撮ってみました。


大分駅までもどり、レンタカーを返しました。

0289大分駅.jpg
車での旅はここでおしまい。
博多行きの特急に乗りこみます。
今回乗ったのは「白いソニック」885系です。
前回「青いソニック」883系は乗りましたので、これで両方乗ったことになります。


0296すきやき弁当.jpg
やはり大分駅では駅弁を買えなかったので、ふつうの総菜やさんで豊後牛すきやき弁当を買いました。
こちらもおいしかったのですが、できれば駅弁を買いたかったような・・・。

どうやら、大分駅では駅弁を用意している数がすくなく、売りきれているときが多いようです。


0300博多駅.jpg
博多駅到着はけっこう遅くなりました。


0301ソニック.jpg
白いソニック。

この日は博多泊。
居酒屋にも行かず、さっさと寝ることにします。




〈4日目〉

旅行最終日。


0310博多駅.jpg
博多駅周辺に泊まるのはひさしぶりです。

この日もチェックアウトぎりぎりまでゆっくりしてから、博多駅で昼食をたべます。


0312ぶりとろろ丼.jpg
「ぶりとろろ丼定食」を食べました。

昼食後、地下鉄に乗り、福岡空港へ行きます。
ピーチでは機内食等は出ないので、空港での夕食用にと思い、博多駅で駅弁を買っておきました。
まあ、17:30発の飛行機ですので、どっちみち夕食にはちょっと早いのですが。


福岡空港に着き、しばらく時間をつぶしてから、弁当をあけます。

0316かしわめし.jpg
買ったのは折尾の かしわめしです。
九州、山口に‟かしわめし”は数あれど、いちばん有名なのはコレでしょう。


0318かしわめし.jpg
あらためて食べてみて、「さすがは老舗」との思いをあらたにしました。
そぼろなのに鶏に歯ごたえがあり、味わいの深さが感じられます。
「ナンバーワンかしわめし」の名はダテではないとおもいました。


0322福岡空港.jpg
福岡空港を出発。
3回つづいた「みんなの九州きっぷ」の旅も、これですべて終了です。
(さすがに第4弾はないでしょう(笑)。)


地元に帰るのを待っていたかのように、また感染が拡大してきました。
僕もまた、しばらく準ひきこもり状態に入ります。
「茨城のマイナーな城めぐり」でも再開しようかと思っています。

遠隔地への旅行はしばらく先になると思いますが、行ったらまた記事をおとどけしたいと思います。
それでは!


都道府県の特産品(駅弁編) 調べてみよう [ 理論社 ] - 楽天ブックス
都道府県の特産品(駅弁編) 調べてみよう [ 理論社 ] - 楽天ブックス


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 56

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年12月09日 20:26
耶馬渓は紅葉の名勝ですものね。
長岩城は行ったことないのですが
見事な登り石垣ですね。
登山みたいになっちゃいましたね。
そしてみごとな杉林ですね。
山中でスギ花粉が舞う中
スギ花粉症の方と登山しましたが
山中では大丈夫みたいですよ。
列車も城も第3波前に
遠征で楽しめて良かったですね。
2020年12月09日 21:56
こんばんは~♪
すごい石垣ですねぇ
のぼり石垣と言うのですか
築くの大変だったでしょうねぇ…

かしわ飯
有名どころのが手に入って良かったですね!
おいしそうです
ぐびぐびにも合いそうです(笑)

感染者 拡大がとまりませんね…
冬になると第3波がやってくるとあれほど
言われていたのに なにも対策をしなかった
政府に腹がたちます…
家ニスタ
2020年12月09日 23:16
torさん、こんばんは。
耶馬渓・・・紅葉の名勝だったんですね。
予期せず渋滞につっこんで、びっくりしました。
正確には登り石垣というのかどうかわからないのですが、見事な石垣でした。
完全に登山でした。
うーん、僕は花粉症の時期は、山の中でもだいじょうぶじゃないんですが・・・。
本当に、第3波の前に行ってこれてよかったです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2020年12月09日 23:27
おとめさん、こんばんは。
正確な名称はなんというのかわからないのですが、以前見た彦根城の「登り石垣」に似ていたので、勝手にそう呼ぶことにしました。
山の中なので、彦根城よりこちらのほうが築くのは大変そうです。
「折尾のかしわめし」は九州では有名なので、あちこちの駅で入手することができます。
ぐびぐびに合いましたよ(笑)。
ほとんど無策のまま第3波をむかえてしまいましたね。
しかもGOTO継続とか・・・。
よくわかりません。
いつもコメントありがとうございます。
2020年12月12日 11:42
紅葉の耶馬渓を素通りしちゃったのかと
思ったら、帰りにちょっと寄り道してたんですね。
日帰り客は早めに帰るから、帰りがけに
寄るというのは、いいやり方だったように思います。
それにしても、長岩城の石塁は、名前に相応しく、
素晴らしいものがありますね。山の上に向かって
石垣が伸びていく様子など、心躍るものを感じました。
家ニスタ
2020年12月12日 18:21
yasuhikoさん、こんばんは。
帰りも耶馬渓入口の湖のところでちょこっと紅葉の写真を撮っただけで、本格的な散策はしていません。
あとは来るときに車で通りすがりに車内から撮った写真でごかんべんねがおうかと(笑)。
僕にとってはあくまで長岩城がメインで、耶馬渓はつけたしでした。
あの登り石垣(?)には、僕も心おどりました。
いつもコメントありがとうございます。
2020年12月13日 21:15
長岩城も知りませんでした。耶馬渓は、知っていますね。
いつか行ってみたいと思っていました。こちらの奇岩と紅葉の風景、眺めてみたいです。
長岩城の石垣は確かにユニークですね。山の稜線や尾根沿いにも積まれているのですね。横からの攻めも防御しようとしたのでしょうか。
山城を見学するのは、想像力が必要ですよね。城の当時の姿やかつての城内の暮らしなど。そうでないと面白くないのでしょう。
私は、紅葉も石垣も両方好きです。願わくは紅葉のある石垣の風景でしょうか。
家ニスタ
2020年12月13日 23:19
ミクミティさん、こんばんは。
僕は長岩城の近くに耶馬渓があることを知らず、通りかかっただけですが、車の中から見た景色もきれいだったし、一応紅葉の写真も撮れたので、個人的には満足しました。
この登り石垣らしきものは、中世山城によく見られる竪堀とおなじ発想で、敵の横移動を阻害しようとしたのではないでしょうか。
また、はじめのほうにあらわれる第1石塁は門も兼ねているので、それ以上中へ侵入させないという意味もあったと思います。
うーん、想像力以前に、単純に歴史とかに興味のない方たちだったように思います。
世間的には、そういう方のほうが一般的なようで・・・。
紅葉のある石垣は、山城ではちょっとむずかしいかもしれませんね。
逆に平城のほうが、見つけやすいかもしれません。
いつもコメントありがとうございます。
2020年12月14日 18:14
長岩城の石垣は凄そうですねえ@@
細かく固そうな石を積み上げて、その規模が大きいのも山城ファンにはたまらない存在でしょう。。しかし家ニスタさんがそこまで根を上げるとは、相当きつい登りになってるんですか。覚悟が必要そうですね。
たしかに登山愛好家や紅葉ファンには山城歩きで石垣はともかく土塁や切岸を見たり見上げる姿は奇異な目で見られるかも^^

耶馬渓にあるんですねえ、しかも紅葉期間に行けるなんて@@
青の洞門や耶馬渓ダムなど一度入ってみたいなあ^^
家ニスタ
2020年12月14日 22:41
つとつとさん、こんばんは。
長岩城の石垣、凄かったです。
思った以上にけわしい山で、コロナで山城登りがひさしぶりだったせいもありますが、息が切れました。
一般の方には天守も櫓もない石垣だけの城など興味がない上、土塁や切岸で興奮している人間は「変人」いがいの何者でもないでしょうね(笑)。
ちょうど紅葉期間に行ったのは、渋滞に巻き込まれたので良し悪しです。
僕も青の洞門には行ったことがありません。
たぶん僕が紅葉の写真を撮ったところが、耶馬渓ダムの人造湖だと思います。
いつもコメントありがとうございます。