テーマ:

東北リベンジ!飲みテツの旅(7)-須賀川市立博物館~須賀川城跡

東北線を須賀川駅でおりた僕。 まずは須賀川市立博物館に向かって歩きはじめました。 道ぞいには、ウルトラマン関連の像が立ちならんでいます。 ウルトラマン・シリーズの生みの親、円谷英二さんが須賀川出身なんだそうで、今回はいかなかったのですが、円谷英二ミュージアムなるものもあるんだそう。 タロウ。 ウルト…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東北リベンジ!飲みテツの旅(6)-左沢楯山城

早朝6時に宿を出て、寒河江駅へと向かいます。 駅にはちょうど、6:26発の山形行きと、6:27発の左沢行きがならんでいました。 僕はとうぜん左沢(あてらざわ)行きに乗車。 山形行きは通学の学生さんなどでにぎわっていたのに、左沢行きに乗ったのは僕一人でしたw。 車窓の風景です。 線路はいがいと高度感のあるところを走り…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

東北リベンジ!飲みテツの旅(2)-米ヶ崎城

早朝の気仙沼駅です。 気仙沼とポケモンのあいだには、どういうつながりがあるのかわかりませんが。 気仙沼駅の電光掲示板。 本数の少なさがつたわってきますね。 今日もBRTに乗って出発。 BRTからの車窓の風景です。 ずっと海沿いを走っていますね。 陸前高田にさしかかるころ・…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

東北リベンジ!飲みテツの旅(1)-若林城

ペルー帰りの時差ボケもなおらないなか、またまた東北への旅に出かけてきました! というのも、前回7月の東北旅行では、再開した三陸鉄道の釜石ー宮古間に乗りそこねたり、左沢楯山城へ行けなかったりと、いろいろと不満がのこっていたからです。 今回ペルーでは発掘しかしておらず、「観光」というものがまったくできなかったので、多少ストレスもたま…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

九州・城と飲みテツの旅(8)-水城~帰宅

早朝に熊本駅を出ます。 熊本駅にはかわせみ・やませみの“やませみ”がとまっていました。 懐かしいですね。 車窓の風景です。 鳥栖駅前には、サガンの本拠のスタジアムがでーんとたってますね。 しかし駅前不動産スタジアムっていうネーミング、どうにかならないんでしょうか(笑)。 鳥栖駅に到着。 この旅で…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

九州・城と飲みテツの旅(7)-御船城~合志城

ホテルで無料の朝食をとってから、レンタカーに乗ってでかけます。 昨日と逆ルートを通って、熊本県にもどります。 やがて御船町に入ります。 以前、torさん情報で甲斐宗運の居城、御船城に行けるのだということを聞いて、僕も行ってみたいと思っていました。 ちょうどレンタカーだったので、薩摩川内からの帰りに寄ってみることに…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

九州・城と飲みテツの旅(6)-清色城~入来麓

飲みテツの旅・・・といいつつ、ここからは車の旅になります。 来る前にネットでしらべていて、鹿児島の清色城のことが気になっていたのですが、どうも鉄道では行きづらい場所のようです。 というわけで熊本駅前でレンタカーを借り、薩摩川内市に向かって南下しました。 青春18きっぷはとびろびでの利用が可能ですので、こうした柔軟な対応ができます。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

九州・城と飲みテツの旅(5)-名護屋城~唐津城

唐津駅から5分ほど行ったところにある唐津バスセンターから、呼子方面行きのバスに乗ります。 バスに揺られることおよそ50分、名護屋城址に着きます。 くずれかけた石垣が見えてくると、そこが名護屋城址です。 僕がさいしょに入ったのは二の丸は、かなりの広さがあります。 あちこちでくずれた石垣が見られます。 廃城…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

九州・城と飲みテツの旅(4)-平戸城

たびら平戸口駅でおりた僕は、平戸城へむかって歩きはじめました。 平戸城へのバスはすごく数がすくないと聞いていたのと、地図で見ると駅から3キロぐらいで、歩けない距離ではないと思ったからです。 しかしおりからの猛暑、ちょっと歩くだけで汗だくになりました。 しかもしばらくして見えたきた平戸大橋はレインボーブリッジみたいな橋で、 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

九州・城と飲みテツの旅(3)-直谷城

早朝にホテルを出ます。 この宿、朝食付きだったようなのですが、7:04に佐世保を出る列車に乗る予定の僕、朝食はパスしてまっすぐ駅に向かいました。 ホテルのとなりにカトリック三浦町教会が見えています。 徒歩2~3分で佐世保駅に着きます。 佐世保は日本最西端の駅なんだそうですが・・・ホントかな? JRでは最西端…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

九州・城と飲みテツの旅(2)-佐賀城

早朝に熊本駅を出ます。 815系がならんでいますね。 まず鳥栖駅まで行き、鳥栖で長崎本線に乗りかえます。 車窓の風景です。 やがて佐賀駅に到着。 駅から20分ほど歩き、今日の目的地にしてこの旅でさいしょの100名城、佐賀城へ行きます。 佐賀城が見えてきました。 こちらの虎口が、佐賀城本丸歴史館の…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

九州・城と飲みテツの旅(1)-久留米城

先日の東北一周旅行からもどってきて2週間ほどですが、またまた九州へ行ってくることにしました。 というのは、100名城のスタンプを押してないところがまだ3つ、九州に残っているからです。 (その3つを押せばコンプリートです) ここまで来たら、さっさと全部押してしまおう、と思ったわけです。 先日も書きましたとおり、真夏(お盆の頃)…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

東北一周!続100名城と飲みテツの旅(7)-脇本城

早朝から男鹿線に乗り、脇本駅をめざします。 脇本城へ行くためです。 脇本駅に到着。 男鹿線は20年ほど前に完乗し、男鹿まで行ったことがありますが、今回は途中駅までです。 駅から歩くこと30分弱、脇本城のふもとに着きます。 脇本城の入口です。 この城にも2017年の7月に来たんですが、当時は続100名城制度がなかっ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

東北一周!続100名城と飲みテツの旅(6)-秋田城

浪岡駅を出発、秋田行きの長距離列車に乗ります。 車窓の風景です。 列車に揺られること2時間40分(!)、土崎駅に到着。 ここから2キロほどのところにある、秋田城をめざします。 ちなみに秋田駅前にある久保田城は近世の佐竹氏のお城。 こちらの秋田城は古代の城柵になります。 秋田城へと行くとちゅうの道には、…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

東北一周!続100名城と飲みテツの旅(5)-浪岡城

今日も朝早くに起き、青森駅から列車に乗ります。 ここからはJR奥羽本線の旅になります。 今日さいしょの目的地、浪岡駅に到着。 駅から徒歩30分弱の、浪岡城をめざします。 まずは城跡へ行くとちゅうにある青森中世の館に行き、続100名城スタンプを押します。 中世の館のとなりには、旧浪岡小学校の建物があります。 こちら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

東北一周!続100名城と飲みテツの旅(4)-九戸城

朝6時に起き、ホテルの食堂で朝食をとります。 なかなか充実した朝食です。 朝食後、列車まであまり時間がないので、いそいでチェックアウトし駅へと向かいます。 今日はあまり天気がよくないようです。 山にかかった雲が幻想的ですね。 さて、列車に乗る予定の7時50分に、なんとかJR釜石駅に着きました。 ここで電光掲示…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

東北一周!続100名城と飲みテツの旅(3)-大槌城

ようやく盛駅に列車がやってきました。 三陸鉄道36-700形です。 写真の右側のプラットフォームはBRT用になっており、時間帯によっては鉄道とバスがならぶ姿が見られます。 カフェの向かいにあった薬王堂で買ったカップ酒、酔仙を車内で飲みます。 これぞ飲みテツの醍醐味。 車窓の風景。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

東北一周!続100名城と飲みテツの旅(2)-高田城

早朝に起き、一関駅から大船渡線に乗りこみます。 車両はおなじみのキハ100。 ”ドラゴンレール大船渡線”のロゴがかわいい。 気仙沼駅から先は震災のあと、ざんねんながら鉄路の復旧はされておらず、BRT(バス)での運行になります。 BRTに乗って、盛駅をめざします。 BRTからの景色です。 あの悲劇の…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

東北一周!続100名城と飲みテツの旅(1)-白石城~岩切城

ウェブリブログ大規模リニューアル以来、初の更新になります。 まあけっこうな使いづらさですね。 ブログのこれからについて、いろいろと考えていかなきゃいかんなあ、とは思っていますが、それはまたのちほど。 さて、東北地方を一周して続100名城やその他をめぐる、6日間の旅に行ってまいりました。 東北一周といえば、2017年の7月に行…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

神奈川・続100名城めぐりとプチ飲みテツ一日旅-石垣山城~小机城

神奈川県内の続100名城をまわるため、プチ飲みテツを兼ねた一日旅に行ってきました。 本当は1週間前に行ってくる予定だったのですが、その日は30度を超す猛暑だったために断念。 やや涼しくなったこの日、満を持していってきました。 とはいえこの日も、湿度がたかくそれなりに暑かったのですが・・・。 早朝(というにはちょっとおそい時間…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

埼玉・続100名城めぐり一日旅(2)-菅谷館~小倉城

菅谷館(すがややかた)は杉山城とおなじ、嵐山町内に位置する続100名城です。 菅谷館のとなりにある嵐山史跡の博物館で、スタンプを押すことができます。 僕らがついたとき、16時20分で、閉館10分前でした。 5時閉館で入館が4時半までだとおもってたら、開館自体4時半までだったんですね。 スタンプだけ押させていただき、菅谷館…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

埼玉・続100名城めぐり一日旅(1)-忍城~杉山城

GW中のある日、友人のデルガド君、ゴルド君とともに、埼玉へ続100名城めぐりの日帰り旅行へ行くことにしました。 ところが、当日になってデルガド君が急きょ会社へ行かなくてはならなくなり、ゴルド君と2人で行くことになってしまいました。 (>_<;) まずは僕の地元に集合し、車で行田市へむかいます。 圏央道から東北道へと入り、加須…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

中国地方一周!城と飲みテツの旅(9)-経山城~帰宅

鬼ノ城から服部駅へむかって、来た道をもどる途中に、経山城(きょうやまじょう)入口の看板があります。 こちらが入口です。 鬼城山ビジターセンターで、この城が 「中世の城で、石垣がのこっている」 との情報をつかんでいた僕は、行ってみることにしました。 登山道は意外なほど整備されていました。 周囲にはシダ植物が…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

中国地方一周!城と飲みテツの旅(8)-鬼ノ城

津山をあとにした僕は、津山線に乗って岡山へとむかいました。 津山線の車窓の風景です。 沿線でもあちこちで桜が咲いていました。 途中にとおりかかった駅。 亀甲駅です。 駅舎がカメの形をしていますねー。 岡山駅で吉備線(桃太郎線)に乗りかえ、服部駅へ向かいます。 この旅さいごのハイライト、鬼ノ城へ行くためです。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

中国地方一周!城と飲みテツの旅(7)-津山城

桜まつりの期間中、津山城が7:30に開いていることがわかったので、それに合わせて早起きし、ホテルに荷物を置いたまま城へと向かいました。 ホテルは川沿いに建っていますので、吉井川の流れを見ながら歩いていきます。 奥に津山城の伏見櫓が見えていますね。 10分ほどで、津山城に到着。 桜まつり絶賛開催中です。 森忠…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

中国地方一周!城と飲みテツの旅(6)-大松山城

松山城天守の裏手の道をすすんでいくと、大松山城(おおまつやまじょう)への標識が出てきます。 備中松山城(小松山城)は近世にはいってからの城ですが、さらに奥の大松山には中世の山城の跡があります。 さらに山道をすすんでいきます。 深い堀切もありますが、これは松山城の詰の丸、天神丸のもの。 やがて大松山…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

中国地方一周!城と飲みテツの旅(5)-備中松山城

この日も早く起き、浜田から出雲市行きの列車に乗りました。 浜田駅にキハ120がやってきます。 出雲市までは、基本的に海ぞいを走ります。 一見きれいな海岸線ですが、よく見ると波打ちぎわにペットボトルなどのごみがありますね。 菜の花畑も見えました。 出雲市で列車を乗りかえます。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

中国地方一周!城と飲みテツの旅(4)-萩城

益田から2時間と少々で、東萩駅に着きます。 毛利氏36万石の中心地にある駅にしては、のどかなたたずまいです。 岩国のときとおなじように、東萩駅から萩城のほうへのびる通り沿いに、由緒ありそうな寺院などがならんでいます。 このあたりが城下町の中心なのでしょう。 このように古い建物がならんでいます。 メイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

中国地方一周!城と飲みテツの旅(3)-津和野城~三宅御土居

この日は朝6時に起きてホテルをチェックアウトし、6:58発の山口線に乗って津和野に向かいました。 山口駅前にある、“西の京”を強調した看板。 まあ、大内氏が徹底して京風の町並みをととのえた山口は、「小京都」を名のる資格はあるとおもいますが・・・。 一時なんでも小京都、小京都と名のっていた時期がありましたが、今ではそんなこと…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

中国地方一周!城と飲みテツの旅(2)-岩国城

三原駅までもどってきた僕は、駅のコインロッカーから荷物を出しましたが、まだ岩国方面の列車まで1時間ほどありますので、駅構内に入口のある、三原城を見学することにしました。 三原城には以前も来たことがありますが、時間があるのに、駅のすぐ近く(というよりほとんど駅の中)にある城をすどおりする手はありません。 日本で唯一(たぶん)、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more