テーマ:遺跡

私見・世界の遺跡30選(6)-5位~1位

まだ緊急事態宣言は解除されていませんが、東京の1週間平均の感染者数が500人を下回るなど、やや落ち着きを見せてきているようですね。 僕も少しずつ外出の機会をうかがっていこうかと思います。 さて、外出自粛特別企画もいよいよ最終回。 今回はTOP5です。 第5位 ティカル グァテマラ マヤ文明 グァ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

私見・世界の遺跡30選(5)-10位~6位

10都府県で緊急事態宣言が延長されましたね。 わがイバラキでも、県独自の宣言をひっそりと延長しました。 東京などにくらべると新規感染者数はだいぶ少ないのですが、医療機関のひっ迫は解消されていないようです。 そうした世間の状況のなか、このランキングは盛り上がりを欠きつつ(笑)、TOP10へと突入していきます。 第10位…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

私見・世界の遺跡30選(4)ー15位~11位

1日あたりの感染者数はやや漸減のようすを見せてきてはいるものの、まだまだ予断をゆるさない状況ですね。 当ブログでは外出自粛特別企画を続けつつ、近場の城めぐりなどの再開へ向けて、じょじょに状況をうかがっていこうかと思っています。 それでは、今回もはじめましょう。 第15位 ミーソン ベトナム チャンパ朝 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

私見・世界の遺跡30選(3)-20位~16位

コロナ感染はさらに拡大し、わがイバラキでも県独自の緊急事態宣言が出されました。 法的根拠はまったくなく、どこまで効果があるのかわかりませんが、‟やらないよりはまし”ということでしょう。 全国11都府県に出された緊急事態宣言のほうも、効果が出るまでにはまだ時間が必要なようです。 なんとか、もうちょっとで収まってくれればいいのです…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

私見・世界の遺跡30選(2)-25位~21位

緊急事態宣言が11都府県にまで拡大されました。 こんなたいへんな時期にのん気な企画を・・・、 とのおしかりも受けそうですか、すこしでも旅行気分を味わい、外出自粛のおなぐさみになれば、と思います。 それでは、まいりましょう。 第25位 ワカ・デル・ソル、ワカ・デラ・ルナ ペルー モチェ文化 ペルー北海…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

私見・世界の遺跡30選(1)-30位~26位

外出自粛特別企画第2弾! またまた1都3県に緊急事態宣言が発出され、対象地域ではないとはいえ比較的近くに住む僕も、なかなか外出できない状況になってしまいました。 (関西にも拡大されるようですね) Blog用の旅行ネタは去年の11月初めで尽きてしまっています。 現状では旅行へ行けないばかりか、こまったときの「茨城のマイナーな城…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今年もペルーへ(4)-発掘~帰国

今回の旅行記ではワンコの写真がたくさん出てきます。 いつもお世話になっている食堂のマスコット犬、キラ。 まだ子犬で、末っ娘のMariaがかわいがってるみたいです。 さて、発掘は佳境にはいってきました。 思いがけずドカドカと遺物(とくに土器片)が出るので、僕とDianaで遺物にタグをつけ記録をとっていたんですが、そ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今年もペルーへ(3)-クントゥル・ワシ遺跡

クントゥル・ワシに入って3日目、午前中にラボの掃除や備品の整理を終えた僕は、今回の調査地となる遺跡へ行くことにしました。 クントゥル・ワシの遺跡は、村から15分ほどのぼった丘の上にあります。 なつかしい遺跡が見えてきました。 丘の上に、石づくりのプラットフォームが見えています。 今は大基壇が露出しているので、山上の要…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今年もペルーへ(2)-クントゥル・ワシ入り

8月12日の昼に、やはりLuchoさんの運転で、今回の発掘現場のあるクントゥル・ワシ村にむかいました。 カハマルカからクントゥル・ワシまでは、2時間ほどの道のりです。 やがてなつかしい町並みが見えてきました。 4年ぶりですが、ぜんぜんブランクを感じないです。 Luchoさんはこの村があまり好きではないようで、僕を置い…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

スリランカ遺跡めぐりの旅(7)-ミヒンタレー~ふたたびコロンボ

〈2019年2月12日(火)〉 今日は鉄道でコロンボへと戻る日ですが、午前中あいているので、アヌラーダプラのちかくのミヒンタレー遺跡へ行くことにしました。 宿で朝食をとり、8時にホテルの人にトゥクトゥクを呼んでもらいます。 やってきたのが運転手のニラムです。 僕よりちょっと年下の中年で、陽気なよくしゃべる男です。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

スリランカ遺跡めぐりの旅(6)-アヌラーダプラ

〈2019年2月11日(月)〉 朝8時に宿を出て、ラジャのトゥクトゥクでアヌラーダプラまで送ってもらいます。 ポロンナルワからアヌラーダプラまでは、3時間ほどの道のりです。 途中、朝食に寄ってもらいました。 パン2個に、紅茶の朝食。 しかしセイロン・ティー、いつ飲んでもうまい。 アヌラーダプラへと続く道です。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

スリランカ遺跡めぐりの旅(5)-メディリーギリヤ

〈2019年2月10日(日)(その2)〉 ATMで無事にお金をおろし、僕はラジャの運転するトゥクトゥクに乗って、メディリーギリヤをめざしました。 メディリーギリヤはポロンナルワの北、40キロほどのところに位置する遺跡です。 ポロンナルワから1時間弱ほど走ると、やがてジャングルの中にひっそりとたたずむ遺跡が見えてきました。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

スリランカ遺跡めぐりの旅(4)-ポロンナルワ

〈2019年2月10日(日)(その1)〉 昨日のうちに、ホテルのおやじにシーギリヤからポロンナルワまでのトゥクトゥクについて聞いていました。 というのは、シーギリヤからポロンナルワまでローカル・バスで行くと、ダンブッラで1回乗りかえが必要だからです。 乗りかえがあると、シーギリヤ着はけっこう遅くなることが予想されます。 前回のギ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

スリランカ遺跡めぐりの旅(3)-シーギリヤ

〈2019年2月9日(土)〉 朝7時半ごろに宿をチェックアウトし、ダンブッラのバスターミナルへ向かいました。 ターミナルはアヴィンカ・ホリデイ・ホームから徒歩10分ほどです。 ターミナルらしい場所の前に着くと、トゥクトゥク(3輪タクシー)の運転手がさかんに声をかけてきます。 「シーギリヤまで800ルピーで行くよ。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

スリランカ遺跡めぐりの旅(2)-ダンブッラ

〈2019年2月8日(金)(その2)〉 昼食を終えた僕は、ダンブッラ石窟寺院の見学に向かいました。 宿から10分ほど南へあるいていくと、ひときわめだつ、金色にかがやく大仏が見えてきます。 この大仏の裏手の山に、ダンブッラ石窟寺院があります。 大仏の背後、石窟寺院への入口あたりからふりかえると、このような景色が。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ギリシャ=アテネとペロポネソス半島・遺跡めぐりの旅(8)-アクロポリス遺跡~キクラデス博物館

〈2019年1月23日(水)(その2)〉 かるい昼食を終えた僕は、アクロポリス遺跡へと向かいました。 列車に乗っているあいだは、けっこう雨が降っていたのに、僕が遺跡に来るころには、すっかりやんでいました。 アクロポリス遺跡が見えてきました。 コリントスからアテネへの帰り道をいそいだのは、今日じゅうにアクロポリスを見ておき…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ギリシャ=アテネとペロポネソス半島・遺跡めぐりの旅(7)-コリントス

〈2019年1月23日(水)(その1)〉 朝食が7時半からというので、その時間に朝食会場に行ったところ、まだ用意ができていないようでした。 あらためて8時に出なおすと、こんどは準備ができていましたが、パン、ハムとチーズ、玉子くらいの貧弱な内容で、これだったらわざわざ朝食付きにすることもなかったと思いました。 8時半ごろにホテル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギリシャ=アテネとペロポネソス半島・遺跡めぐりの旅(5)-オリンピア遺跡

〈2019年1月22日(火)(その1)〉 昨日の夜はぎりぎりになって泊まるホテルを見つけましたが、部屋は快適でした。 朝8時すぎにホテルをチェックアウトし、徒歩10分ほどのところにあるオリンピア遺跡へ向かいます。 入口で入場料6ユーロを払い、遺跡のなかへと入っていきます。 こちらがフィリペイオン。 紀元前4世紀に、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ギリシャ=アテネとペロポネソス半島・遺跡めぐりの旅(4)-スパルタ

〈2019年1月21日(月)(その2)〉 スパルタ市内までもどってきた僕は、マニアティス・ホテルの前でおろしてもらい、北へ向かって歩きだしました。 スパルタ遺跡へ行くためです。 スパルタはいわずと知れた、古代ギリシャの都市国家のひとつ。 しばらく歩いていくと、レオニダス王の像が見えてきました。 スリーハンドレッド! …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ギリシャ=アテネとペロポネソス半島・遺跡めぐりの旅(3)-ミストラ

〈2019年1月21日(月)(その1)〉 ホテルでバイキングの朝食を食べてから、ミストラ遺跡行きのバスに乗るため、バスターミナルへ行きました。 ミストラは中世ビザンティンの町の廃墟です。 僕が中世の遺跡を見ることはあまりないのですが、ガイドブックを見たら写真がきれいだったので、行ってみることにしました。 バスは9:30発との…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ギリシャ=アテネとペロポネソス半島・遺跡めぐりの旅(2)-ミケーネ

〈2019年1月20日(日)〉 朝8時前に宿を出ます。 まずはオモニア駅ちかくのバス停から、キフィスウ・バスターミナル行きの市内バスに乗りました。 このバスは無料でした。 15分ほどでキフィスウ・バスターミナルに到着。 ミケーネ行きのバスのチケット売り場を探しますが、これがなかなか見つかりません。 ひろいターミナルのなか…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

熊本、佐賀・城と遺跡めぐりの旅(4)-岩戸山古墳、田原坂

基肄城からの帰り、まだ時間があったので、いくつかの史跡に寄っていくことにしました。 まずは福岡県八女市にある、岩戸山古墳をめざします。 JR西牟田駅から東5キロほどのところに、岩戸山歴史文化交流館いわいの郷があります。 資料館前には、磐井の像がたっています。 館内には、岩戸山古墳にならべられていた石人など…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

熊本、佐賀・城と遺跡めぐりの旅(3)-吉野ヶ里~基肄城

2日目はレンタカーを北へと走らせ、佐賀県へ向かいました。 まずは吉野ヶ里遺跡をめざします。 この遺跡が100名城にえらばれていることにたいして、いまだに疑問がもたれていますが・・・。 やがて遺跡が見えてきます。 遺跡の敷地は広大で、いくつかの駐車場がありますが、正面入口に近い東駐車場にとめるのが正解のようです。 入…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ラオス、タイ遺跡と鉄道の旅(7)-アユタヤ(その2)

〈2018年3月28日(水)〉 この日はタイでの最終日です。 チェックアウト時間が12時だったので、部屋でゆっくりとすごしてから、昼食をとりに出かけました。 きのう夕食をとったのと同じ食堂、ジンタナで、グリーンカレー・チャーハンを食べ、チャーン・ビールを飲みました。 一見ふつうのチャーハンなのですが、グリーンカレーのソースが…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ラオス、タイ遺跡と鉄道の旅(6)-アユタヤ(その1)

〈2018年3月27日(火)(その2)〉 タンリン・ゲストハウスに荷物を置き、アユタヤ市内の遺跡めぐりに出かけます。 アユタヤの遺跡は、1999年にはじめてタイに来たときにおとずれているのですが、だいぶ時間がたっているので、再訪してみようと思ったのです。 駅前にならんでいるトゥクトゥクは、高い料金をふっかけてくるとの話だったの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ラオス、タイ遺跡と鉄道の旅(5)-ロッブリー

〈2018年3月27日(火)(その1)〉 朝4時半、まだ暗いうちに、列車はアユタヤ駅に着きました。 早朝のアユタヤ駅。 駅でロッブリーまでの切符を買います。 ちょうど5:50発のロッブリー行きがあったので、それほど待たなくて済みそうです。 まだ早朝なので、開いているかどうかわかりませんでしたが、今夜の部屋をとるため…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ラオス、タイ遺跡と鉄道の旅(3)-ワット・プー

〈2018年3月25日(日)〉 きのうバスに乗っているあいだじゅう、まる一日絶食をしていたおかげか、腹の調子もすっかりよくなりました。 今日は朝からトゥクトゥクをチャーターし、ワット・プー遺跡をおとずれる予定です。 まずはホテル1階にある食堂で、ヌードル・イン・スープを食べます。 食べてみると、ようするにフォーでした。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カンボジア遺跡めぐりの旅(9)-タ・ソム~プリア・カン~帰国

〈2018年3月3日(土)(その2)〉 東メボン寺院をあとにした僕たちは、次の目的地、タ・ソムに向かいました。 やはりバイヨン様式の塔門をもつ。 森の中の参道を進んでいきます。 寺院の中は迷路のよう。 境内は猫パラダイスになっていました。 寝ている子猫たちを起こさないよう、静かに撮影します…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

カンボジア遺跡めぐりの旅(8)-プレ・ループ、東メボン

〈2018年3月3日(土)(その1)〉 今日はカンボジア旅行の最終日。 飛行機は23時過ぎの便ですので、昼に宿を出て、ぎりぎりまで観光をつづけるつもりです。 アンコール地域共通のチケットは、3日券を買ってあるので、まだ1日分残っています。 昼の12時に宿をチェックアウトし、宿に付属のレストランで昼食を食べます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カンボジア遺跡めぐりの旅(7)-プノン・バケンでサンセット!

〈2018年3月2日(金)(その3)〉 バイヨンをあとにした僕らのトゥクトゥクは、次の目的地タ・プロームに向かいました。 木々が建物へからみつくさまがすさまじいこの寺院は、ジャングルの猛威を感じられる場所として有名です。 バイヨン様式の塔門が僕たちを迎えてくれます。 この寺院は20年前に初めてカンボジアを訪れた僕が、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more