テーマ:東南アジア

ラオス、タイ遺跡と鉄道の旅(7)-アユタヤ(その2)

〈2018年3月28日(水)〉 この日はタイでの最終日です。 チェックアウト時間が12時だったので、部屋でゆっくりとすごしてから、昼食をとりに出かけました。 きのう夕食をとったのと同じ食堂、ジンタナで、グリーンカレー・チャーハンを食べ、チャーン・ビールを飲みました。 一見ふつうのチャーハンなのですが、グリーンカレーのソースが…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ラオス、タイ遺跡と鉄道の旅(6)-アユタヤ(その1)

〈2018年3月27日(火)(その2)〉 タンリン・ゲストハウスに荷物を置き、アユタヤ市内の遺跡めぐりに出かけます。 アユタヤの遺跡は、1999年にはじめてタイに来たときにおとずれているのですが、だいぶ時間がたっているので、再訪してみようと思ったのです。 駅前にならんでいるトゥクトゥクは、高い料金をふっかけてくるとの話だったの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ラオス、タイ遺跡と鉄道の旅(5)-ロッブリー

〈2018年3月27日(火)(その1)〉 朝4時半、まだ暗いうちに、列車はアユタヤ駅に着きました。 早朝のアユタヤ駅。 駅でロッブリーまでの切符を買います。 ちょうど5:50発のロッブリー行きがあったので、それほど待たなくて済みそうです。 まだ早朝なので、開いているかどうかわかりませんでしたが、今夜の部屋をとるため…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ラオス、タイ遺跡と鉄道の旅(4)-ウボン・ラーチャターニー

〈2018年3月26日(月)〉 今日はラオスからタイへ戻る日です。 タイトルにでかでかと「ラオス」と銘打ってあるにしては、実質上3日しかいませんでした。 (^^;) まあ、この旅のハイライトはラオスのワット・プー遺跡ですので、期間は短くても、充実していましたが。 まずはホテル1階の食堂で、昨日とおなじようにフォーを食べます…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ラオス、タイ遺跡と鉄道の旅(3)-ワット・プー

〈2018年3月25日(日)〉 きのうバスに乗っているあいだじゅう、まる一日絶食をしていたおかげか、腹の調子もすっかりよくなりました。 今日は朝からトゥクトゥクをチャーターし、ワット・プー遺跡をおとずれる予定です。 まずはホテル1階にある食堂で、ヌードル・イン・スープを食べます。 食べてみると、ようするにフォーでした。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ラオス、タイ遺跡と鉄道の旅(2)-ビエンチャン~パークセー

〈2018年3月23日(金)〉 朝7時15分、列車はノーンカーイ駅に到着しました。 ノーンカーイ駅は田舎の駅といった感じです。 ここで出国スタンプを押してもらい、ラオス行きの列車に乗りかえます。 7:30発の列車まで間がなかったので、心配しましたが、なんの問題もありませんでした。 ラオス・ターナレーン行…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ラオス、タイ遺跡と鉄道の旅(1)-バンコク~ノーンカーイ

怒とうの海外旅行3連発の最後はラオス! どうしてこんなに頻繁に海外に行くことになったかですが・・・。 実はカンボジアとラオスに行くことは前々から決めていたんです。 そこに無理やりヨーロッパ旅行をねじこんだので、こんな過密日程になってしまって・・・。 というのもどうしても見たいサッカーの試合があったものですから。 柴崎が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カンボジア遺跡めぐりの旅(9)-タ・ソム~プリア・カン~帰国

〈2018年3月3日(土)(その2)〉 東メボン寺院をあとにした僕たちは、次の目的地、タ・ソムに向かいました。 やはりバイヨン様式の塔門をもつ。 森の中の参道を進んでいきます。 寺院の中は迷路のよう。 境内は猫パラダイスになっていました。 寝ている子猫たちを起こさないよう、静かに撮影します…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

カンボジア遺跡めぐりの旅(8)-プレ・ループ、東メボン

〈2018年3月3日(土)(その1)〉 今日はカンボジア旅行の最終日。 飛行機は23時過ぎの便ですので、昼に宿を出て、ぎりぎりまで観光をつづけるつもりです。 アンコール地域共通のチケットは、3日券を買ってあるので、まだ1日分残っています。 昼の12時に宿をチェックアウトし、宿に付属のレストランで昼食を食べます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カンボジア遺跡めぐりの旅(7)-プノン・バケンでサンセット!

〈2018年3月2日(金)(その3)〉 バイヨンをあとにした僕らのトゥクトゥクは、次の目的地タ・プロームに向かいました。 木々が建物へからみつくさまがすさまじいこの寺院は、ジャングルの猛威を感じられる場所として有名です。 バイヨン様式の塔門が僕たちを迎えてくれます。 この寺院は20年前に初めてカンボジアを訪れた僕が、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カンボジア遺跡めぐりの旅(6)-バイヨン

〈2018年3月2日(金)(その2)〉 アンコール遺跡をあとにし、トゥクトゥクは次の目的地、バイヨン遺跡に向かいました。 アンコール・トムの中心寺院であるこの遺跡、カンボジアの遺跡でも僕が最も好きなもののひとつです。 やがてバイヨンが見えてきました。 団体客が多く来ていて、にぎわっています。 林立す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンボジア遺跡めぐりの旅(5)-アンコール・ワットでサンライズ!

〈2018年3月2日(金)(その1)〉 この日僕は、アンコール・ワットで日の出を見るために、朝4時に起きました。 朝5時に出発しようと、昨日トゥクトゥク運転手のプットと約束していたからです。 今まで僕は旅先で日の出を見ることに熱心ではなく、以前ミャンマーのバガンに行ったときも、夕日は見たものの朝日は見ませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カンボジア遺跡めぐりの旅(4)-ベン・メリア

〈2018年3月1日(木)(その2)〉 コー・ケーをあとにした、僕のチャーターしたタクシーは、いったん来た道をもどり、次の目的地ベン・メリア遺跡をめざしました。 この遺跡は、2015年のミャンマー旅行のときに、ホテルで同室になった日本人に、 「遺跡好きだったら、ぜひベン・メリアに行ってきたほうがいいですよ。保存の手が入ってなく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カンボジア遺跡めぐりの旅(3)-コー・ケー

〈2018年3月1日(木)(その1)〉 今日は朝7時にタクシーに乗って宿を出発。 コー・ケーとベン・メリアという、シェムリアップからやや離れた2つの遺跡をめざしました。 写真はコー・ケー。 これらの遺跡にはトゥクトゥクではちょっと厳しいので、ちゃんとした車をチャーターします。 途中、運転手さんがすすめるスティック・ライ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カンボジア遺跡めぐりの旅(2)ーロリュオス遺跡群~アプサラの踊り

〈2018年2月28日(水)(その2)〉 バンテアイ・スレイをあとにした僕は、次の目的地、ロリュオス遺跡群に向かいました。 トゥクトゥクの運ちゃんは道を熟知しているようですので、安心してまかせることができます。 ところでこのトゥクトゥク、20年前に僕が初めてカンボジアに来た時には、存在していませんでした。 タイが発祥と思われ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カンボジア遺跡めぐりの旅(1)-バンテアイ・スレイ

フランス、スペインの旅行記が終わったばかりですが、今カンボジアに来ています。 今回の旅はみじかくて、実質5日間(6日目の早朝に帰国)だけです。 まさに酷寒のパリから酷暑のシェムリアップへ、ですね(笑)。 カンボジアには約20年前に一度来たことがあるんですけれど、そのころはまだ内戦の傷跡が生々しく残っていて、今回訪れる予定のバン…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『サンシャワー~東南アジアの現代美術展』を見てきました

たいへん申し訳ありません! じつはこの展覧会、すでに10月23日に終わっています。 もう終わってしまった展覧会の記事を書くのはいかがかと思いますが、このBLOGは自分にとっての備忘録という意味合いもありまして、せっかく行ってきたのだからと記事を書くことにしました。 よって展覧会のご紹介にはならないんですけれど、ご覧の皆さまには…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『タイ』展を見てきました

開催中の『タイ~仏の国の輝き』展を見るため、上野の東京国立博物館へ行ってまいりました。 僕はタイには2度ほど行ったことがありますし、アユタヤやスコータイといった代表的な仏教遺跡も訪れていますが、かの国の歴史について体系的に理解できているかというと、ちょっとあやしいところがあります。 タイのさまざまな時代の仏教美術に焦点をあてた今…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(11)-ホーチミン市内観光~統一会堂~帰国

〈2017年2月20日(月)(その2)〉 戦争証跡博物館ちかくのレストランで、昼食をとります。 今日も生春巻きを食べました。 “ベトナムといえば生春巻き”というぐらい有名な料理ですが、ある程度ちゃんとしたレストランでないと食べられないようで、旅行の最終盤になるまで、とんと見かけませんでした。 とうぜんビールも飲みます…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(10)-ホーチミン市内観光~戦争証跡博物館

〈2017年2月19日(日)〉 昨日ポー・ロメまで行ってきたので、今日はとくに予定を入れず、お昼ちかくまでホテルでゆっくりとすることにしました。 とはいえ7時半には起きて、朝食をたべに外に出ました。 道ばたの屋台でフォーを食べます。 ここのフォーは短くちぎれた麺で、かまぼこのような具がはいっています。 フォーもその店、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(9)-ポー・クロン・ガライ、ポー・ロメ

〈2017年2月18日(土)(その2)〉 タップ・チャム駅からタクシーに乗り、まずはポー・クロン・ガライ遺跡をめざします。 ちなみに、タップ・チャムという駅名はチャンパ(チャム)の塔(タップ)という意味で、つまりはチャンパ遺跡のことです。 つまりこの駅名は、駅のすぐ近くにあるポー・クロン・ガライから付けたのだと思われます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(8)-ポー・ナガル

〈2017年2月18日(土)(その1)〉 ニャチャンの町に泊まった僕は、この日は5時半に起き、まずはビーチをめざしました。 運がよければ、日の出が見られるのではないか、と思ったのです。 あいにくと空は曇っていて、日の出は見られませんでした。 しかし美しいビーチです。 まさに南国といった雰囲気。 じっさい、この…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(7)-タップ・ドイ

〈2017年2月17日(金)〉 この日は朝6時に起き、まずビーチを散策してから、ホテルのフロントでタクシーを呼んでもらい、チャンパ遺跡のタップ・ドイ(チャム塔)へ行きました。 この旅で、2つめのチャンパ遺跡です。 思ったより平らなところにあります。 1つの塔なのかと思ったら、2つありました。 クイニョン市の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(6)-チャム彫刻博物館

〈2017年2月16日(木)〉 朝7時に起き、すぐにダナン市内のチャム彫刻博物館に向かいます。 ここの博物館は、なんと朝7時からオープンしています。 ミーソン遺跡など、周囲のチャンパ遺跡からの出土品を多く収容したこの博物館、ぜひ訪れたいと思っていました、 数々の優品がならんでいます。 ヒンドゥー教の女神、ウマ像…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(5)-ホイアン

〈2017年2月15日(水)(その2)〉 ミーソン遺跡から帰り、こんどはホイアン市内観光へと足をはこびます。 ホイアンには数百年前の古い町並みがのこり、やはり世界遺産に指定されています。 旅行会社の前から歩きはじめ、5分ほどで古い町並みのエリアへ。 町並みに入るには、その前にチケットを買わな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(4)-ミーソン

〈2017年2月15日(水)(その1)〉 ひと晩寝たら、すっかり元気をとりもどした僕。 とはいえこうも体調を崩すようでは、もう夜行列車は使えんなー、と思い、これからは小刻みに南下することにしました。 この日は朝6時に起き、ダナン大聖堂の前からバスに乗って、ダナンから30キロほどはなれた都市、ホイアンに向かいました。 めざすは…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(3)-フエ

〈2017年2月14日(火)〉 朝9時すぎ、夜行列車はぶじフエに着きました。 3段寝台はせまいし揺れるし、 「こんなんじゃとても寝られないよ!」 と思っていましたが、気づいたら意外とよく眠っていました。 8時間ぐらいは寝たと思います。 フエに着いてすぐにタクシーに乗り、阮朝王宮をめざします。 世界遺産{%キラキラweb…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(2)-ハノイ市内観光

〈2017年2月13日(月)〉 今日はいよいよ飲みテツを実行に移す日です。 まずはホテルで朝食。 充実したバイキングの朝食が、宿泊料金に含まれています。 バイキングのほかに一品たのめるので、僕はフォー・ガー(鶏肉のフォー)にしました。 フォーを食べるのは2回目ですが、やっぱりウマい。 ホテルに荷物を置かせ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ベトナム縦断!遺跡と飲みテツの旅(1)-成田~ハノイ

飲みテツは世界へ!! というわけで、とつぜんですがワタクシいま、ベトナムにおります。 長らく企画をあたためてきた“飲みテツ”海外編を、いよいよ実行に移そうというのです。 とはいっても僕はこれまでも、 タイでもミャンマーでもスペインでもポルトガルでも、いってみれば飲みテツをやってきました。 なので、あらてめて「飲みテツをしま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミャンマー、タイへの旅(16)-バンコク~帰国

〈2015年月15日(日)(その2)〉 ワット・アルンをあとにした僕は、こんどはバンコク国立博物館をめざしました。 タイ国内でもっとも大きな博物館、これは期待がもてます。 ビルマ軍との戦争での、象に乗っての戦闘場面を再現した模型。 精緻な彫刻がほどこされた象牙。 いまはこんなものはとても作れないでしょうね。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more