テーマ:エジプト

『黄金のファラオと大ピラミッド展』に行ってきました

東京は六本木、森アーツセンターギャラリーで開催中の、『黄金のファラオと大ピラミッド展』を見てまいりました。 いぜんも書きましたが、六本木というオシャレな街にエジプトって、ちょっとミスマッチのような気もするのですが・・・。 このBLOGをお読みの方は、2014年の夏に『女王と女神』展のことを、今年の夏に『クレオパトラとエジ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『クレオパトラとエジプトの王妃展』に行ってきました

東京は上野の東京国立博物館で開催中の『クレオパトラとエジプトの王妃展』に行ってまいりました。 “エジプトの王妃”ってこの前もやったじゃん、と思われた方もいるかもしれません。 そう、ちょうど去年の今ごろ、東京都美術館にてメトロポリタン美術館古代エジプト展『女王と女神』というのをやってました。 じっさい、内容は一部かぶ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

メトロポリタン美術館古代エジプト展『女王と女神』に行ってきました。

東京は上野、東京都美術館で開催中の、メトロポリタン美術館古代エジプト展『女王と女神』を見てきました。 古代エジプトにかんする展覧会は、これまで日本でも何度も開催されてきましたが、“女性”に焦点を当てたものはめずらしいんじゃないでしょうか。 今回はこれまでの展覧会では見られなかった、化粧道具なども展示されているということで、期待し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新書『ツタンカーメン』が発売されています

中公新書より、『ツタンカーメン』が発売になっています。 写真はツタンカーメン王の黄金のマスク。 ザヒ・ハワース先生によるCTスキャン調査、DNA調査によって、ツタンカーメンの父親、母親が明らかになったことは、このブログでも以前お伝えしました。 それによると、ツタンカーメンの父親は、考えられていたとおりアクエンアテン、母親は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ツタンカーメン展』に行ってきました

東京、上野の上野の森美術館で開催中の、『ツタンカーメン展』に行ってまいりました。 いきなり、値段の話からはいって恐縮なのですが、この展覧会の入場料、3000円(土日料金)はちと高すぎやしませんかね!? この手の展覧会の入場料といえば、だいたい1800円前後、と相場が決まっています。 それが一気に3000円とは。いくら展示内容が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『大英博物館 古代エジプト展』に行ってきました

六本木ヒルズの、森アーツセンターギャラリーで開催中の、『大英博物館 古代エジプト展』に行ってまいりました。 六本木ヒルズと古代エジプトとは、なにやら似つかわしくない組み合わせのようにも思えますが。 3連休初日の土曜日の日中こと、「混んでいるかな~」とは思ったのですが、思った以上の混雑ぶりで、入場制限がかかるほどでした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エジプトの混乱が続いています

エジプトではムバラク大統領が退陣しましたが、すぐに混乱がおさまるという状況ではないようですね。 以前よりmixi、ツイッターではくりかえしお伝えしておりましたが、カイロの考古学博物館では、この混乱に乗じた略奪、盗難が起こっています。 先日、盗まれた収蔵品のうちのひとつ、アクエンアテン像が発見され、ぶじに戻ってきたというニュースがあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツタンカーメン出生の秘密

ナショナル・ジオグラフィック9月号が発売されています。 巻頭特集がツタンカーメンだったので、僕も買ってみました。(^^) 執筆者は・・・出ました!われらがザヒ・ハワース先生ですっ。 古代エジプトのあらゆる時代に通じておられる豊富な知識と、その明晰な頭脳に似合わない近所のオヤジ然としたしゃべり方とで、われわれファンの心をわしづか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界の遺跡-エジプト編(7)ルクソール神殿、カルナック神殿

さて、こちらの企画がすっかりおろそかになってしまっていました。世界の遺跡シリーズです。 エジプトに行ったときは日程も短く、当時はフイルムを節約して撮る、という悪癖(?)があったので、写真も少ないのです。そのため、エジプト編は今回が最終回です。 世界の遺跡FILE.NO.40 ルクソール神殿 ルクソール神殿入口の参道。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の遺跡-エジプト編(6)ラムセウム

続いても、ルクソール西岸に位置する遺跡です。 世界の遺跡FILE.NO.38 ラムセウム ハトシェプスト葬祭殿がハトシェプスト女王のために建てられた葬祭殿なら(あたりまえですが)、このラムセウムはかのグレート・ファラオ、ラムセス2世のための葬祭殿です。 またまた出てきました、ラムセス2世。偏執狂的、といえるほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の遺跡-エジプト編(5)ハトシェプスト葬祭殿

続きましては、エジプト史上にさんぜんと輝く女王、ハトシェプストが、みずからのために築いた葬祭殿へ向かいます。 世界の遺跡FILE.NO.37 ハトシェプスト葬祭殿 このとき(1996年)の僕は日程がタイトだったために、カイロからアスワンへ、それからまたルクソールへと飛行機で飛びました。(^^;) ちょっともったいない旅の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の遺跡-エジプト編(4)アブシンベル

皆さんはこんな企画があったことをおぼえておいででしょうか。もちろん忘れてますよね(^^;) そうです。僕がメキシコへ旅行に行ったり、サッカーワールドカップがはじまったりして、すっかり更新がおざなりになっていた、世界の遺跡シリーズです。 続きを期待されてた方(いないとは思いますが)、ゴメンナサイ。今回晴れて再開します。{%キラキラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の遺跡-エジプト編(3) ダハシュール、サッカラ

僕がエジプトに行こう、と思いたったときに、もっとも行きたかったのがこの遺跡でした。 世界の遺跡FILE.NO34 ダハシュール ここには第4王朝初代の、スネフェル王がつくった2基のピラミッドがあります。(一人の王が複数のピラミッドを建てている!これは前回ご紹介したピラミッドは墓じゃない説の根拠にもなっています) この2つは、ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の遺跡-エジプト編(2)ギザ

世界の遺跡FILE.NO33 ギザ いよいよ、世界の7不思議のひとつに到達します。ギザの大ピラミッド群については、さまざまなホームページに載っていて、今さら僕がとりあげるまでもないとは思いますが、とりあえず見てます、ということで。(^^;) いわずと知れた、クフ王の大ピラミッドです。 ホコリが写りこみまくりの上に、変色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の遺跡-エジプト編(1)カイロ~メンフィス

突如として再開される、世界の遺跡シリーズ。 今回は、1996年の10月末から11月の頭にかけておとずれた、エジプトであります。 なんにせよかなり前なので、写真の画質も悪く、ところどころ変色さえしています。(^^;) ご容赦ください。 まずは、カイロに着いた観光客が必ずおとずれる、このスポットから。 カイロ博物館 い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more