旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛久大仏に行ってきました

<<   作成日時 : 2017/04/26 22:49   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 10

〈2017年1月22日〉
ちょっと古い話を書きます。
ベトナムへ行ったり、九州へ行ったりしていて、なかなか記事にする時間がなかったものですから・・・。
もう3か月も前の話です。

大学院時代の友人のTくん、このたびメキシコに赴任することになり、仲間たちで集まって送別会をひらきました。
その席でTくんがなぜか
「日本を出る前にぜひ牛久大仏を見ておきたい」
というので、ほぼ地元の僕、翌日に彼を案内することになりました。


二日酔いだったらどうしよう、と思ったのですが翌朝起きてみるとあんがいすっきりしていて、昼1時すぎにTくんを駅に迎えにいきました。
僕自身牛久大仏へ行くのはひさしぶりだったので、すっかり道を忘れていて、ナビにしたがって行くと僕の地元から意外と時間がかかりました。

しばらくすると、とつぜん車窓に現実ばなれしたほど巨大な物体があらわれ、牛久大仏に着いたことがわかりました。

画像
本当にデカいです。
Tくんになぜそんなに牛久大仏に来たかったのか聞くと、どうやら鎌倉大仏とおなじくらい歴史があると、かんちがいしていたようでした。
僕がまだ30年くらいしか歴史がないことを説明すると、本当にがっかりしていました。
(´・ω・`)

この大仏は中に入ることができ、エレベーターで胸のあたりまで上がって眺望を楽しむことができるのですが、入場料800円がかかるのでやめました。
もう大人の僕たち、どうしても高いところにのぼらなきゃいけないということはありません。

しかしこのまま帰ると、一瞬外から大仏を眺めただけで、今日一日の予定が終わってしまいます。
といっても牛久にほかに見るようなところはないんだよなあ・・・。
でもほぼ地元の僕には、Tくんをもてなす義務があります。

まよったあげく、シャトーカミヤに行くことにしました。
日本初のワイン醸造所といわれるシャトーカミヤ。
たしか工場見学ができるはずです。
日本有数の歴史をもつ牛久ワイン、その歴史のわりにはほとんど知られていません。


画像
これまたナビにしたがって行くと、いがいにも牛久市街のまんなかにありました。
むかしのワイン工場が神谷傳兵衛記念館になっていて、自由に見学することができます。


画像
ワインだるがならんでいます。


画像
むかしの機械がずらりとならびます。


画像
こちらはびん詰め機。


画像
かつては蜂ブドー酒という名前で売られていたのですね。


画像
大正ロマンあふれるポスター。


画像
レンガづくりの瀟洒なたてものです。
敷地内にはほかにオエノン・ミュージアムがあって、現在日本で売られているさまざまな種類の酒が展示されています。

たいして期待せずにおとずれたシャトーカミヤでしたが、むかしの工場やミュージアムを見学し、最後はスーベニア・ショップでおみやげのワインまで買って、けっこう楽しめました。
牛久ワイン、もっと多くの人に知られるようになるといいと思います。


さいごに、○手の目利きの銀次で、ささやかな送別会をひらきました。

画像
店内にはちょうちんがずらりとならんでいます。


画像
これはクジラだったかな。


画像
こちらはまぐろのカマだったか。
しばらく前のことなので忘れました。


画像
目利きの銀次です。


べつの日、おみやげに買ったワインを家で飲みました。

画像
牛久ワイン“葡萄の城”です。

味は・・・うーん、マスカットベーリーAという品種だったのですが、僕がいつも飲んでいるカベルネ・ソーヴィニヨンとかとくらべると、ちょっと濃厚さが足りないかも。
まあ、こういうすっきり系が好きという人もいるでしょう。




牛久ワイナリー葡萄の城(赤)720ml
シャトーカミヤ
葡萄の城<赤> 輝きのあるルビー色。バイオレットやローズを思わせるほのかな香り、柔らかな酸味と程好い


楽天市場 by 牛久ワイナリー葡萄の城(赤)720ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





牛久ワイナリー葡萄の城(白)720ml
シャトーカミヤ
葡萄の城<白> 淡い黄金色。さわやかな柑橘系の香り。みずみずしい口当たりで、ソフトな酸味とほのかな甘


楽天市場 by 牛久ワイナリー葡萄の城(白)720ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
レンガ造りの建物で素敵ですね♪
昔の道具とか興味深いです

3ヶ月前ですか
全然大丈夫です
私なんて去年の5月の事を書いてますもん(笑)
とまる
2017/04/27 13:53
とまるさん、こんばんは。
なかなかすてきな建物でしょう。
なるほど、少しくらい前のことを書いてもいいんですね。
最近、何かを経験したらすぐに記事を書かなきゃ、と強迫観念のようなものが生まれています。
もっと余裕をもたなくちゃだめですね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/04/27 22:54
おお、シャトーカミヤ!
建物好きには気になる所です。
修復工事でしばらく見学できなかった
ように思いますが、もう終りましたか。
千葉県、稲毛の神谷傳兵衛邸は、
以前見学した事があります。
蜂葡萄酒に因んで、欄間に蜂の
透し彫りがあったのが印象的でした。
yasuhiko
2017/04/28 12:21
yasuhikoさん、こんばんは。
そうですか。シャトーカミヤ、目の肥えた方にも気になる場所だったのですね。
工事は終わっていたようで、普通に見学できました。
稲毛に神谷傳兵衛邸があるんですね。
今度行ってみたいと思います。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/04/28 22:41
大学院時代のご友人がメキシコ赴任となると、やはり考古学関係のお仕事なのでしょうね。
ご友人からメキシコの考古学の情報をいただけるかもしれませんね。
それともご友人を訪ねて再びメキシコ旅行とか・・・
メキシコは私もぜひ行ってみたい国の一つなので、メキシコの情報を貴ブログでUPしていただけると有り難いです^^
OZMA
2017/04/29 07:33
OZMAさん、こんばんは。
残念ながら考古学での赴任ではなく、自動車部品関連のお仕事です。
トランプさんの就任で、メキシコからアメリカへの輸出に高い関税がかけられると、仕事がなくなってしまうと心配していました。
できれば彼がいるうちにメキシコに行って、また遺跡など見てまわりたいと思っていますが、今たいへん治安が悪いようです。
よろしければ、過去の僕のメキシコ関連の記事などご覧いただけると幸いです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/04/29 18:27
牛久大仏はまだ上がったことはありませんが、帰省の折、傍を通ります。
シャトーカミヤは行ったことがあります。
すぐにを書かなきゃという強迫観念、よく分かります。
後で読み返すと「あぁ、こんなこともあったな」と書いておいてよかったと思います。
3か月前だろうが、3年前だろうがボチボチやりましょうよ。
かっちゃん
2017/05/02 21:34
かっちゃんさん、こんばんは。
シャトーカミヤに行かれたことあるんですね。
地元では有名な観光スポットかもしれませんが、僕ははじめて行きました。
そうですよね。
3か月前になろうが、こつこつと書き続けていかないとだめですよね。
焦らずに書き連ねていこうと思います。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/05/04 00:36
鎌倉・奈良・高岡・岐阜と日本三大大仏坐像は、なんだかんだと観てきてるので、牛久大仏もいつかは観てみたいなあと思っています。それにしても、青銅製のこの大きさはすごいですねえ@@たしか、川田工業が施工したと思いましたが、さすが富山の銅像技術を持つ会社です@@
(笑)三カ月どころか何年も前のを書く僕なんかどうなっちゃうんでしょう^^;
つとつと
2017/05/14 12:51
つとつとさん、こんばんは。
一瞬ビビるくらいのデカさです。
あと百年もすれば、りっぱな歴史的遺産になるのでしょうかね。
え、富山の会社が作ったんですか?
すばらしい技術ですね。
お互い、ぼちぼちと更新していきましょう。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/05/15 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
牛久大仏に行ってきました 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる