旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『発掘された日本列島2017』を見てきました

<<   作成日時 : 2017/07/05 23:27   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 6

開催中の『発掘された日本列島2017』を見るため、両国の江戸東京博物館へ行ってまいりました。
毎年この時期にひらかれる展覧会、僕はなるべく毎年見るようにしています。

画像
写真は北海道江指町の開陽丸からひきあげられた遺物のコーナーです。
展示台が船の形をしているのがいいですね。

明治新政府と激闘をくりひろげた、榎本武揚ひきいる旧幕府軍ですが、たのみの最新鋭艦、開陽丸が江差沖で座礁してしまったことで、大きな痛手をうけます。


画像
江差沖の開陽丸からひきあげられた遺物がならんでいます。


画像
縄文時代、鹿児島県伊仙町の面縄遺跡より、貝輪などのお宝類。


画像
弥生時代、岡山県総社市の神明遺跡出土の土器類。


画像
平安時代、愛知県豊橋市、普門寺旧境内出土の墨書土器。


画像
鹿児島市鹿児島城跡からの出土品。


特集2は『発見された水中遺跡』というコーナー。
画像
滋賀県大津市、粟津湖底遺跡出土の縄文土器。


画像
長崎県松浦市、鷹島神崎遺跡出土、蒙古襲来時のモンゴル軍が使用した“てつはう”
てつはうの実物なんて初めて見ました。
中に鉄片や陶器片が入れられており、殺傷力を高めていたそう。
現代でいえば、クラスター爆弾といったところでしょうか。


特集1は『復興のための文化力』。
画像
岩手県宮古市、高根遺跡出土の縄文土器など。


画像
震災後の緊急発掘で掘り出された土器たちです。


会場の外では地域展として、『速報四谷一丁目遺跡』をやっていました。
画像
四谷駅前の再開発にともなって掘りだされた遺跡のようです。


画像
江戸時代の町屋のあり方があきらかになっています。


ちょっと古い話ですいません。
僕がおとずれたときは、『坂本龍馬展』をやっていました。
画像
それほど強い興味があったわけではないんですけれど、『発掘された〜〜』を見にきたついでもあり、見てきたわけです。
前号の『刀剣と歴史』で龍馬の記事を書いた手前もありますし・・・。

少々残念だったのは、この会場では撮影が禁止だったということ。
まあ、借りてきた資料もある手前、仕方ないといえば仕方ないのですが・・・。


画像
数少ない撮影できる展示品がコチラ。
幕府軍艦、第二長崎丸関係の遺品。
直接龍馬と関係はないですが、龍馬が神戸の海軍操練所にいたつながりで、展示してあるようです。

展覧会全体としては、龍馬の手紙が数多く展示され、彼の筆まめな性格やユーモアが伝わってきて、なかなかよかったです。
活字で印刷された手紙を読むのと、自筆の実物を見るのとでは、やはり違います。

龍馬の愛刀の銘吉行も展示されていました。
函館で火災にあったさいに反りがなくなり、直刀になってしまったそうです。
火にあたるとまっすぐになるんだなあ、とちょっと不思議な感じがしました。

いずれにせよ、この展示会はもう終わってしまっています。(6月18日まで)
ちょっと記事化が遅すぎましたね・・・。


さいごは以前も写真を載せたかと思いますが、常設展示です。

画像
芝居小屋。


画像
昭和30年代の団地の一般家庭の展示。




画像
江戸東京博物館の外観です。

『発掘された日本列島2017』は7月23日まで公開中です。
興味がおありの方はぜひどうぞ。


〈見学日:6月16日(金)〉




発掘された日本列島2017 新発見考古速報 [ 文化庁 ]
楽天ブックス
新発見考古速報 文化庁 共同通信社ハックツサレタニホンレットウニセンジュウナナ ブンカチョウ 発行年


楽天市場 by 発掘された日本列島2017 新発見考古速報 [ 文化庁 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
開陽丸という名前の船だったんですね 五稜郭ばかり目がいっちゃうんですが 引き上げられた遺品は つい100年ほど前の物なんですね

江戸東京博物館はまだ1度も行ってません

両国には出かけたこともありますが(ちゃんこなど食べに)是非1度は見学したいです

新規の土地開発が進む東京では さらなる出土品も増えるのでは?
メミコ
2017/07/06 09:14
メミコさん、こんばんは。
そうですね、五稜郭ばかりが有名ですが。
開陽丸さえ沈まなければ、戦況がどう転んでいたかわからない、というほど、当時最新最強の軍艦でした。
僕も以前両国でちゃんこを食べたことがあります。
次に両国までいらしたら、ぜひ江戸博をご覧になってください。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/07/06 22:41
モンゴル軍が使用した「てつはう」
の実物、実に興味深いですね。
この展覧会、江戸東京博物館が会場に
なる以前、上野の東博でやっていた時から
毎年ずっと出かけてました。
この5,6年はご無沙汰ですが、
久し振りに様子が分って嬉しかったです。
yasuhiko
2017/07/08 11:27
yasuhikoさん、こんばんは。
僕もてつはうの実物が展示されていたのには驚きました。
教科書などで言葉は知っていても、具体的なイメージはまったくなかったので、こうして実物を目にすることができたのはありがたいです。
このへんは博物館の効能でしょうね。
以前は上野の東博でやっていたのですね!
僕はこの5、6年で行きはじめたクチです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/07/08 22:57
元軍のてつはうの実物展示があるんですねえ。文字や絵では観ていますが、画像でも初めて見ました。
開陽丸の展示も興味深いものがあります。近かったらなあ。。
つとつと
2017/07/09 19:38
つとつとさん、こんばんは。
僕も文字などの説明は目にするのですが、てつはうの実物を見たのは今回が初めてです。
開陽丸の展示もよかったですよ。
たしかに・・・この展示会のために東京まで来るというのも、なかなか大変ですもんねえ。
つくづく僕は恵まれているなと思いました。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/07/09 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
『発掘された日本列島2017』を見てきました 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる