旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北一周!城と飲みテツの旅(11)−水郡線〜帰宅

<<   作成日時 : 2017/08/14 23:28   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 10

〈2017年7月29日(土)
今日も朝早くからBRTに乗ります。

画像
このバスで気仙沼から前谷地まで行きます。
いつの日か、鉄道がまた復活する日を信じて・・・。


画像
車窓からも、分断された鉄路が見えました。
なんだか胸がしめつけられるような光景です。
雨は降り続けています。


画像
あちこちの海岸で工事が続けられています。


画像
被災地から離れるにつれ、またのどかな田園風景が広がるようになります。


画像
やがて前谷地駅に到着。
列車の姿を見るとホッとします。


画像
小牛田駅に到着。
東北本線と石巻線、陸羽東線のターミナル駅とはいえ、のどかなものですね。


画像
小牛田駅からはE721系。


画像
仙台駅でおなじE721系に乗りかえ、福島まで行きます。
土曜日ということもあって、混んでいますね。


画像
車窓の風景。

福島で701系に乗り、郡山へ。
さて、僕はこの先も行きとおなじく、黒磯→宇都宮→上野と東北線ルートを進んでいく予定でいました。
しかし郡山駅で電光掲示板を見ていると、水郡線の水戸行きがすぐに出るようです。
時刻表で調べてみると、水郡線経由で帰っても地元に着く時間はほぼ同じか、若干早いぐらいでした。

僕は以前、水郡線の磐城棚倉まで、地元から日帰りで行ったことがありますが、全線を通しで乗ったことはまだありません。
これは水郡線全線踏破のチャンスと、水郡線に乗って帰ることにしました。


画像
ここからはキハE130系気動車。


画像
車窓は東北線沿いに負けず劣らず、いやこちらのほうがのどかです。


画像
茨城県に入るころ、鉄路は渓流に沿って走るようになります。


画像


やがて水戸駅に到着。
郡山から水戸まで、約3時間の旅でした。
これだけの距離を一気に走る鈍行には、なかなかめぐり会えません。


画像
水戸駅にE531系がやってきます。
ここからは乗り慣れたルート、乗り慣れた電車になります。

長かった旅もいよいよ終わり。
いやあ、お疲れさまでした。

最後は飲みテツでもなんでもなくなってしまい、申し訳ありません。
昨日までちょっと飲みすぎで、今日は飲まなかったものですから。



今回の旅は、100名城5か所を含む12の城を見ることができ、冷やしラーメン、とりもつラーメン、横手やきそば、きりたんぽ鍋、稲庭うどん、ホヤ、とさんざんグルメを堪能し、おいしい日本酒も飲めて、本当に楽しかったです。
特に印象に残っているのは、牛肉どまんなか、特上カルビ弁当、鶏めし、帆立めし、ウニめしと、文字どおり食べまくった駅弁ですかねー。

飲みテツの旅は本当に楽しいので、また近いうちに旅に出、レポートしたいと思います。
おっと、その前に8月の下旬にはまたまたペルーへ行ってきますので、そちらのレポートもお楽しみに。
それでは!




JR東日本 水郡線運転席展望【ブルーレイ版】水郡線(本線)水戸駅⇒郡山駅/常陸太田支線 水戸駅⇒常陸太田駅(Blu-ray)
ぐるぐる王国 楽天市場店
Blu-ray発売日2017/8/21詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認くださ


楽天市場 by JR東日本 水郡線運転席展望【ブルーレイ版】水郡線(本線)水戸駅⇒郡山駅/常陸太田支線 水戸駅⇒常陸太田駅(Blu-ray) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようさん!

東北一周 お疲れさまでした
と言っても お天気ちょっと残念でしたが、とても楽しまれていた感 伝わってきました。

ペルーへの旅 羨ましいな〜 うんと楽しんで来て下さい。
レポート楽しみにしていま〜す。
イータン
2017/08/15 07:08
おはようございます
在来線を乗り継いでの旅
お疲れ様でした
時間に追われて 短い時間で
目的地と家とをつなぐ列車でなくて
列車そのものを楽しむ旅と言う感じですね!

ペルーに行かれるのですね!

家ニスタさんは 日々を上手に
時間を楽しんで暮らしているって
感じで 良いですねぇ♪
おとめ
2017/08/15 07:52
楽しい旅ブログ ありがとうございました

ペルーへの旅も 安全で 大満足な旅になりますようにね
メミコ
2017/08/15 09:24
イータンさん、こんばんは。
天気が残念といっても、最初の2日間と最後の1日だけで、しかも列車に乗ってるだけの日が多かったので、全体としては天気には恵まれたと思っています。
本当に楽しんできました。
ペルーはだいたい2年おきに行っていますが、マチュピチュに行くのは20年ぶりぐらいなので、楽しみにしています。
コメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/08/15 18:57
おとめさん、こんばんは。
鉄道の旅を続けるにつれて、だんだん長時間乗車が平気になってきて、まさにおっしゃるとおり「列車そのものを楽しむ旅」になってきています。
たまに新幹線に乗ったりすると、早く着きすぎてもったいなく思えるほどです。
日々楽しんでいますが、なんだか遊んでばっかりで申し訳ない気もします。
コメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/08/15 19:00
メミコさん、こんばんは。
こちらこそお読みいただき、ありがとうございます。
安全、という意味ではペルーはちょっとあやしいですが、できるだけ気をつけて、なるべく何事もなく帰ってきたいです。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/08/15 19:02
云われてみれば、確かに長距離の鈍行って見なくなりましたねえ。大昔はいくつかありましたねえ^^;
今まで乗った鈍行の最長記録は30年程前に直江津=福井が最長ですかねえ。。一日乗っていたような記憶が。。米原=長岡というとんでもない鈍行で、貧乏学生の頃、大阪から米原で乗り継いで金沢まで3回乗りましたが^^;約10時間超のたびでした^^
つとつと
2017/08/18 01:58
車窓から眺めるのどかな田園風景。
青々とした豊かな水田を見ると、
誰しも心が和みますね。
一方で、まだ復活してない鉄道があるかと
思うと、なかなか辛いものがあります。
yasuhiko
2017/08/18 14:36
つとつとさん、こんばんは。
米原ー長岡はすごいですね!
長距離の鈍行はめっきり減りましたよね。
関西の新快速では、今も網干ー敦賀だったか、かなり距離の長いものも走っているようですね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/08/20 19:53
yasuhikoさん、こんばんは。
水郡線ののどかな光景には、すっかり心がなごみました。
一方で被災地のまだ復興が吸うんでいない景色には、ちょっと胸がしめつけられる思いがしました。
工事が完了したあかつきには、もとの三陸とはまったく違った景色になることでしょう。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2017/08/20 20:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
東北一周!城と飲みテツの旅(11)−水郡線〜帰宅 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる