旅と遺跡とセルベッサ

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡山&山陰・城と飲みテツの旅(5)−三江線〜松山城

<<   作成日時 : 2018/01/01 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 14

皆さま、あけましておめでとうございます!
昨年中は多くの気持ち玉&コメントをたまわり、ありがとうございました。
本年も当BLOG旅セルを、何とぞよろしくお願い申し上げます。
m(_ _)m

皆さまは新年を、いかがお過ごしでしょうか。
さて、途中だった岡山と山陰の旅の連載にもどりたく思います。
それでは、はじめましょう!


〈2017年12月28日(木)(その1)〉
この日は朝4時に起きました。
というのも、朝5時半始発の三江線の始発に乗りたかったからです。
江津まで全通する列車がわずか1日3本しかない三江線、この列車をのがすと、エラいことになります。

2018年3月に廃止されることが決まっている三江線
僕も2017年の1月に1度乗っていますが、廃線前にどうしてももう1回乗りたいと思い、今回の旅を企画したのでした。


画像
まだ暗い三次駅に停車中の三江線キハ120形。

廃線間近になって、三江線はたいへんな混雑が伝えられていましたが、幸いにもある程度は混んでいたものの、座れないほどではなかったのでほっとしました。
さすがにこの始発に乗るためには三次に1泊するしかなく、乗るのはなかなか難しかったようです。

乗り慣れない路線に乗るときのワクワクした気もちと同時に、いくばくかの寂しさを乗せて、列車は走りはじめます。


画像
口羽駅にしばらく停車。
周囲はまだうす暗いです。


画像
“天空の駅”で有名な宇都井駅周辺の景色。
去年の1月にも、似たような写真をUPしましたっけね。
もう宇都井駅でおりるという希望も、かなわなくなりました・・・。


画像
車窓の風景。
全国の鉄道でも、きわだって景色のきれいなこの路線がなくなってしまうのは、寂しいかぎりです。


画像
列車は江の川沿いを進んでいきます。


画像
僕は今回、川平駅でおりることにしました。
近くにある松山城をおとずれるためです。
三江線沿いの城跡を鉄道でおとずれることも、もうできなくなりますので、この機会にやっておきたかったのです。


画像
川平駅を列車が去っていきます。
永遠にさようなら、三江線!


画像
川平駅の雰囲気ある木造駅舎。
この駅舎も、今後容易には見られなくなります。


画像
僕の好きな女優、夏帆さんの主演映画、『天然コケッコー』や『砂時計』のロケ地がこの近くだったようで、ポスターが貼ってありました。
そういえば『天コケ』の中で、舞台が「ド田舎」「ド田舎」とさかんに強調されていましたが、こうして実際におりて見ると納得です。

『天コケ』で登場人物たちが、たまに服を買いに行くなど特別なときに、列車に乗っていく町が浜田で、
「特別なときに行く町が浜田!」
と少々ショックでしたが、このロケーションではそれもわかりますねー。

実際にこの駅舎も、映画のワンシーンで使われたそうです。
このあと川平の町を歩いていたときに見かけた、美容室や雑貨屋も、ひょっとすると映画で使われたロケ地かもしれません。
思いがけず『天コケ』のロケ地めぐりができたようで、ちょっとうれしかったです。


画像
江の川をわたります。


画像
徒歩15分ほどで、松山城の入口に着きます。
登山道はヤブの中に見えますが・・・。


画像
実際に入ってみると、登山道にはところどころ倒木があったりするものの、おおむね整備されていて歩きやすかったです。


画像
やがて本丸に到着。
周囲にもいくつか曲輪がありそうでしたが、ヤブが深かったので、本丸以外の探索はあきらめました。



さて、山城からおりてきたはいいものの、三江線の次の列車は4時間後(!)です。
いっぽう、地図を見ると山陰線の走っている江津駅までは7〜8キロの距離のようです。
えんえんと来ない列車を待つよりは、歩いたほうが早いと思いました。
三江線の完乗は、去年の1月にすでに達成していますので、あらためてしなくてもいいですし。

ということで、江津駅に向けて歩きだしました。
松山城のふもとで看板を見ると、江津まで7キロと書いてありました。
うん、歩ける距離歩ける距離。


画像
江津まで6キロの標識。


画像
江の川沿いを歩いていきます。


画像
道ばたに咲いていた花。


画像
河口ちかくでふたたび江の川をわたれば、江津の駅はもうすぐ。


画像
ようやく江津駅にたどり着きました。
人里にもどってきた感じがします。

歩きはじめる前は、「徒歩1時間10分ぐらいかな」と予想していましたが、じっさいには1時間半以上かかってしまいました。
さすがに疲れました。

しかし最後の三江線沿線の城めぐりをすることができ、また思いがけず映画のロケ地めぐりもできて、楽しかったです。

〈(その2)に続きます〉




ありがとう三江線 スペシャルパッケージ ワンマン単行前面展望とSL「江の川」号など走行シーン【Blu-ray】 [ (鉄道) ]
楽天ブックス
(鉄道) ※本商品はBluーrayDisc Videoになります。DVDではありません。アリガトウサ


楽天市場 by ありがとう三江線 スペシャルパッケージ ワンマン単行前面展望とSL「江の川」号など走行シーン【Blu-ray】 [ (鉄道) ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





天然コケッコー スペシャル・エディション【Blu-ray】 [ 夏帆 ]
楽天ブックス
夏帆 岡田将生 夏川結衣 山下敦弘【VDCP_700】 テンネンコケッコー スペシャル エディション


楽天市場 by 天然コケッコー スペシャル・エディション【Blu-ray】 [ 夏帆 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます

廃線になる三江線、廃線前に乗る人で相当混雑してると新聞に出てましたけど、さすがに朝5時台の列車はそうでもないのですね。車窓からはのどかな風景が広がっていて、木造駅舎もいい雰囲気ですね。

今年もよろしくお願いいたします(^^)
narayama2008
2018/01/02 09:03
新年明けましておめでとうございます。

鉄道による旅はのんびりして楽しいと思います。初詣に神社へお参りして破魔矢を買って来ました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
華の熟年
2018/01/02 10:28
narayama2008さん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
m(_ _)m
僕も三江線が混んでいることを聞いていて、覚悟して行ったんですが、さすがに5時半の始発に乗る人はそう多くなかったみたいです。
雰囲気のいい木造駅舎に、もう訪れることもなくなると思うと、寂しいですね。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/01/02 10:42
華の熟年さん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
m(_ _)m
のんびりと鉄道旅を楽しんできました。
初詣、僕はまだ行っていません。
今年はどうしようかなあ・・・。
コメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/01/02 10:44
明けましておめでとうございます。
本日、ブログに新年のごあいさつを頂いたことに気づきありがたく頂戴しました。
今年もよろしくお願い致します。
ゆらり人
2018/01/02 17:35
ゆらり人さん、こんばんは。
あらためまして、あけましておめでとうございます。
本年もどうそよろしくお願いいたします。
m(_ _)m
コメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/01/02 22:11
あけましておめでとうございます
さすがですねぇ
お城と廃線前の鉄道に乗るために
身軽に動かれる家二スタさん
おまけに 6〜7キロ歩くのも厭わない

私も 今年は 家二スタさんのその
フットワークを見習いたいです!

今年も よろしくお願いいたします♪
おとめ
2018/01/03 00:00
あけましておめでとうございます
三江線の廃線、寂しいですね。
30年くらい前、筑波鉄道最後の日に乗りに行きましたら混んでいました。
普段からこのくらい混んでいれば廃線にならずに済むのにと、寂しい思いをしたことを思い出しました。
7キロを1時間半で歩けたのでしたら健脚ですよ。本年もよろしくお願いいたします。
かっちゃん
2018/01/03 12:18
おとめさん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
m(_ _)m
お城めぐりではどうしても歩かなくてはいけないときがあります。
今回はローカル線でとくに本数がすくないために、3〜4駅分歩くことになってしまいました。
フットワークというほどではないですけれど・・・。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/01/04 00:47
かっちゃんさん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
m(_ _)m
三江線の廃線は寂しいです。
筑波鉄道最後の日に乗られたのですね。
三江線も、ふだんからこれぐらい乗っていれば廃線になることもなかったのに・・・と思いました。
7キロを1時間半でも健脚になりますでしょうか。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/01/04 00:49
明けましておめでとうございます🙇
「旅セル」のネーミングかっこいいですね😉
廃線………私も生まれ育った町のローカル線廃止経験しているので地元の方の寂しさわかります。田舎は、どうしても自動車主流になってしまうんですよね〜😓
それにしても 7キロを一時間半で………文字通り、フットワーク軽いですね(;゜∇゜)
今年もよろしくお願いいたします😄
わらび
2018/01/04 14:22
わらびさん、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
m(_ _)m
旅セルのネーミング・・・ありがとうございます。
生まれ育った町の鉄道が廃止されてしまうと、寂しいですよね。
地方で車中心になってしまうのは、止めようのない流れなのでしょうか。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/01/04 18:30
三江線がなくなると、山陰・山陽に抜ける山並みの路線が限られてしまって寂しいですねえ。。
田舎に住んでいる時、特別な時に行く街^^地方ではそうでしたねえ。僕は金沢・高岡でした。
つとつと
2018/02/04 21:09
つとつとさん、こんばんは。
陰陽線の需要は年々減ってきていて、三江線に続いて木次線まで廃止されてしまえば、いよいよ伯備線だけになります。
木次線廃止もまったくあり得ないとはいえないので、鉄道ファンとしては寂しい限りです。
特別な時に行く町が金沢だったらいいですが、さすがに浜田というのはちょっと・・・と思ってしまいました。
いつもコメントありがとうございます。
家ニスタ
2018/02/04 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡山&山陰・城と飲みテツの旅(5)−三江線〜松山城 旅と遺跡とセルベッサ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる