麻婆茄子をつくってみました

先日の青椒肉絲(チンジャオロースー)にひきつづき、またまた中華に挑戦してみました。 今回つくったのは、麻婆茄子です。 今回もCook Doだのみです。 作り方は野菜を切り、炒め、いったんそれらを皿にとる。 ひき肉をいため、Cook Doをくわえる。 野菜をもどし、いっしょにいためて出来あがり。 とっても簡単。 …
コメント:8

続きを読むread more

『ジョージア、ワインが生まれたところ』を見てきました

上映中の映画、『ジョージア、ワインが生まれたところ』を見るため、アップリンク渋谷へ行ってきました。 映画で旅する自然派ワインというフェス(?)で上映される2作品のうちのひとつ。 もうひとつのフランス・ワインのほうはあまり興味がなかったので(笑)、僕にとって未知の国、ジョージアのワイン造りのドキュメンタリーである、こちらの作品…
コメント:4

続きを読むread more

明治が早稲田をやぶり4年ぶり対抗戦V!

ともに6勝と全勝対決となった早明戦は36-7と明治の快勝で終わりました。 明治の対抗戦優勝は4年ぶりですが、そのときは帝京と2校優勝ですので、単独優勝となるとなんと1998年いらい21年ぶり(!)だそうです。 早々にチケットが売りきれていたというこの試合。 僕も入手できず、TVでの観戦となりました。 巷のニュースでは…
コメント:0

続きを読むread more

『文化財よ、永遠に』『人、神、自然』展を見てきました。

常設展料金で入れる2つの企画、『文化財よ、永遠に』と『人、神、自然』を見るため、またまた上野の東京国立博物館へ行ってきました。 まずは本館1階に展示されている、『文化財よ、永遠に』のほうから見学していきます。 文化財とは、ただ黙って博物館においておけばその価値を保つことができる、というものではありません。 長い時間がた…
コメント:0

続きを読むread more

大学ラグビー対抗戦、明治×帝京戦を見てきました

昨年に引き続き、関東大学ラグビー対抗戦『明治×帝京』戦を見るため、外苑前の秩父宮ラグビー場へ行ってきました。 打たれよわい僕、精神にダメージを受けないよう、ひいきチームが「負けそうな試合」は極力見にいかないようにしています。 帝京との試合はちょっと前まで「負けそうな試合」の代表格でした。 それが、去年あたりから「勝てそうな…
コメント:0

続きを読むread more

『ミイラ展』へ行ってきました

開催中の『ミイラ展』を見るため、上野の国立科学博物館へ行ってきました。 “ミイラ”といえばどうしても、そのおどろおどろしい呪い話や、ショッキングな見た目から、興味本位の目で見られがちなもの。 今回の展覧会はそうした視点を廃し、あくまで科学の目からミイラを見ていこうという試みです。 そもそも、ミイラは情報の宝庫です。 骨ば…
コメント:2

続きを読むread more

『正倉院の世界』展へ行ってきました

開催中の『正倉院の世界』 展を見るため、上野の東京国立博物館へ行ってきました。 NHKの『シルクロード』で育った世代である僕。 シルクロードの地はいまだに憧れの世界です。 (もう訪問国数が30か国にもなるのに、かの地には行ってない・・・) シルクロードの終着点といわれる奈良・東大寺正倉院。 その伝来の品が展示されるとい…
コメント:6

続きを読むread more

『プライベート・ウォー』を見てきました

これもすでに上映が終了してしまった映画ですみません・・・。 『プライベート・ウォー』を見るため、渋谷のアップリンクへ行ってきました。 「黒眼帯の女性記者」で知られた米ジャーナリスト、メリー・コルヴィン。 数かずの戦場にたち、迫真のレポートを送りつづけた彼女が、2012年にシリアで命を落とすまでをえがいた作品です。 …

続きを読むread more

『士ーサムライー』展を見てきました

見てきました、といっても、すでに終わっちゃってる展覧会なんですよね・・・。 すみません、ほかにご紹介したいものがいろいろとあったので。 というわけで11月4日まで両国の江戸東京博物館でやっていた、 『士サムライー天下太平を支えた人びとー』展についての記事です。 今回の催しは、時代劇に出てくるような"カッコいい”サムライば…
コメント:4

続きを読むread more

『バスキア展』へ行ってきました

先日、あいかわらず「印象派はもう飽きた」と文句をたれながらコート―ルド展を見て(笑)、「各美術館にはもっと攻めた企画を期待したい」などとナマイキなことを書いてしまいましたが、「じゃあ行かなきゃいいじゃないか」と思われた方もいるかもしれません。 まあ、ポスト印象派は好きだから行くんですけどね・・・。 しかし保守的な東京都美術館など…
コメント:4

続きを読むread more

愛知・続100名城と飲みテツの旅(4)-吉田城~豊橋市美術博物館~帰宅

今日もホテルで無料の朝食をたべます。 昨日と構成を変えてみました。 おかず豊富にあるので、毎日ちがった気分で食べることができます。 2日間お世話になった、豊橋ステーションホテルをチェックアウト。 市電に乗って市役所まで行き、13階の展望ロビーにのぼります。 昨日見た夜の景色と、昼間の景色をくらべてみようというのです。 …
コメント:6

続きを読むread more

愛知・続100名城と飲みテツの旅(3)-市場城

足助城をめざし車をはしらせた僕でしたが、着いてみてびっくり。 なんと木曜日休みでした。 さいしょ、この旅は10月なかばの3連休のときにくるはずでした。 その計画をした時点では、復元をしてある城の定休日もしらべたのですが、田峯城と足助城も休みにひっかからずにすむはずでした。 それが、台風が上陸しそうだということで日程を変え、そ…
コメント:10

続きを読むread more

愛知・続100名城と飲みテツの旅(2)-古宮城~田峯城

ホテルで無料の朝食をたべます。 無料といっても、なかなか充実していますね。 開始が朝6時半からというのも、ありがたいです。 7時半からとかだと、朝イチの列車に乗るために朝食をパスしなくてはならないときがあります。 今日は一日レンタカーでまわる日です。 3日連続でつかわなきゃいけない、という「秋の乗り放題パス」の性質上、…
コメント:10

続きを読むread more

愛知・続100名城と飲みテツの旅(1)-小牧山城

秋の乗り放題パスの季節になりました! (じつはこの記事を書いてる時点ではすでに期間が終わっていますが) "秋の乗り放題パス”というのは青春18きっぷ類似の切符で、3日間普通・快速列車が乗り放題になりますが、3日連続で使わなくてはいけない、というものです。 連続で使わなきゃいけない、という点では、北海道&東日本パスにちかいですね…
コメント:10

続きを読むread more

『コート―ルド美術館展』へ行ってきました

開催中のコート―ルド美術館展を見るため、上野の東京都美術館へ行ってきました。 つねづね、印象派は飽きた、飽きたと口ぐせのように言ってきた僕。 そういいつつ、なんだかせっせと印象派展に行ってるように見えますが(笑)。 まあしょうがないんです。 日本では印象派の展覧会の頻度がものすごくたかいですし、僕の好きなダリやデ・キ…
コメント:6

続きを読むread more

青椒肉絲をつくってみました

中華は僕の好きな料理ジャンルのひとつでもありますが、以前から家でも、丸美屋さんの"素”をつかって麻婆豆腐などつくっていました。 今回、ほかの中華も食べたくなったので、つくってみることにしました。 挑戦したのは、青椒肉絲(チンジャオロースー)です。 もちろん僕は独力でぜんぶつくるなんて芸当はできません。 今回は味の素さんの定番…
コメント:6

続きを読むread more

残念ながら日本は南アフリカに敗戦でベスト4ならず

ラグビーW杯、史上はじめて準々決勝にのぞんだ日本代表は惜しくも3-26で敗退! まあ感想は・・・南アフリカ本気だったなあ という感じでしょうか。 もちろん前回イングランド大会での彼らが本気じゃなかったとはいいませんが、こうしたトーナメントでは、ガチの優勝候補は1次リーグの初戦からフルパワーでは来ない、ということもままあるもの。…
コメント:0

続きを読むread more

東北リベンジ!飲みテツの旅(7)-須賀川市立博物館~須賀川城跡~帰宅

東北線を須賀川駅でおりた僕。 まずは須賀川市立博物館に向かって歩きはじめました。 道ぞいには、ウルトラマン関連の像が立ちならんでいます。 ウルトラマン・シリーズの生みの親、円谷英二さんが須賀川出身なんだそうで、今回はいかなかったのですが、円谷英二ミュージアムなるものもあるんだそう。 タロウ。 ウルト…
コメント:10

続きを読むread more

日本が4連勝で1次リーグ突破!

またまた東北旅行記の途中ですが、ラグビー・ワールドカップのネタです。 日本が史上はじめて(!)決勝トーナメント進出を決めましたね。 前回2015年のイングランド大会では史上初、 「3勝しながら決勝トーナメントに進めない国」 になってしまった日本。 今回トーナメント進出をかけた一戦に、前回唯一苦杯をなめさせられたスコットラン…
コメント:0

続きを読むread more

東北リベンジ!飲みテツの旅(6)-左沢楯山城

早朝6時に宿を出て、寒河江駅へと向かいます。 駅にはちょうど、6:26発の山形行きと、6:27発の左沢行きがならんでいました。 僕はとうぜん左沢(あてらざわ)行きに乗車。 山形行きは通学の学生さんなどでにぎわっていたのに、左沢行きに乗ったのは僕一人でしたw。 車窓の風景です。 線路はいがいと高度感のあるところを走り…
コメント:8

続きを読むread more