東京の城跡めぐり~今井城、勝沼城、石神井城

先日、花粉に耐えながら東京都内にあるマイナーな城跡めぐりをしてきましたので、そのご報告をします。
マイナーな城といっても、有名お城サイトには必ず紹介されているものばかりですので、気になった人は参照してみてください。
まずは中央線に乗り立川で乗りかえ。つづけて青梅線で拝島まで行き乗りかえ。八高線で金子駅をめざします。
乗りかえが多く、ちょっとした旅気分です。


画像
金子駅に着きます。
八高線は東京近郊ながら旅情の味わえる路線ですね。
若干車両がキレイすぎる気はしますが。最近まで山手線などで使われていた車両ですね。


画像
金子駅。
これまた歴史ありそうな駅舎ですね。
金子駅から徒歩1キロ半。今井城へ向かいます。
東京都とはいっても、ほとんど埼玉との県境です。


画像
住宅地の中のわかりにくいところに、突如として土塁が出現します。


画像
今井城入口。


画像
主郭の土塁と空堀。
この城は標高が低く周囲とほとんど差がないんですが、土塁は立派です。


画像
こちらが主郭内部。周囲に土塁の高まりが見えます。
この主郭、周囲を土塁と空堀で囲まれているんですが土橋のようなものがなく、入るためには土塁をよじ登ってこなければなりません。
普段ならどうってことないんでしょうがこの日は前日に雨が降ったばかりで、土塁の土がすべりやすくなっていて、思わず転んで尻もちをついてしまいましたよ。
(>o<;)

今井城はこの地方の豪族今井氏の居城だったそうです。
周囲との高低差がなく、ほとんど平城のこの城はあまり要害堅固には見えません。主郭やほかの曲輪へと入る虎口にもべつだん防御遺構が見られるわけではないですし。
構造としては、かなり古いタイプの城に見受けられました。



続いてふたたび拝島までもどり、こんどは青梅線で東青梅まで行きます。
駅から徒歩5~600メートル。光明寺の裏手の山に、勝沼城があります。


画像
勝沼城の全景です。
お寺の裏、墓地のある山です。
こっちは今井城とちがって小高い山になっており、少々低いですが山城と呼んでもいいかもしれません。


画像
勝沼城の主郭です。
都の指定史跡ということで、もう少し整備されているのを期待したのですが・・・。


画像
勝沼城の主郭の周囲には、だいぶ低くなっていますが土塁が残っています。

勝沼城の歴史については分からないことが多いようです。
戦国時代は三田氏の居城でしたが、永禄6(1563)年に北条氏照によって滅ぼされたそうです。
その後氏照の家臣師岡将影が入ったため師岡城とも呼ばれます。
天正18(1590)年の八王子落城とともに勝沼城は廃城になったそうです。
(現地案内板による)

八王子からはだいぶ距離があるような気がしますが、北条氏時代は八王子の支城扱いだったのでしょうか。


画像
勝沼城の、現在鉄塔が立つあたりからの景色です。
山とまではいきませんが、小高くなっている立地がよく分かっていただけると思います。




東青梅から青梅線を戻り、西国分寺から今度は武蔵野線に乗ります。新秋津でおりて、秋津から西武線に乗り、石神井公園駅まで行きます。
お次の目的地は石神井城です。

石神井公園駅から1・5キロほど、石神井公園が見えてきます。
画像



画像
公園の中にある三宝寺池です。
この南に、石神井城跡があります。


画像
・・・のはずでしたが。
主郭部分にはフェンスが張ってあり、近づいて見ることができません。
(>_<;)


画像
こんな非情な看板が。
なるほど、養生のためですか。
そう言われちゃ仕方ありません。
でも指定史跡でありながら立ち入りができない城跡っていうのも、そうない気がしますが。
ただ、一年に一度くらいは公開されるときがあるようです。


画像
最大限近づいて撮った写真がコチラ。


画像
こんな感じです。
たしかにりっぱな土塁ですね。

石神井城は往時このあたり一帯に勢力をもっていた豊島氏の居城のひとつでした。
築城は鎌倉時代後期といいますから、かなり古いものです。
文明9(1477)年には太田道灌に攻められて落城し、廃城になっているといいますから、戦国前期にはすでに廃城になっているんですね。
(現地案内板による)

それにしちゃ、遺構がよく残っている気がします。
近寄って見られないからといって、文句を言っちゃいけないですね。




今回おとずれた3城は、いずれも都市部にあるわりには、比較的遺構がよく残っていると思います。
東京都内であることを考えると、感謝しなきゃいけないぐらいですね。
しかし土塁、土塁で、絵的には地味だった・・・。
(ToT)
そのうち天守閣などがある派手な城もおとずれますので、皆さん見放さずに見ていてくださいね。



関東の名城を歩く(南関東編(埼玉・千葉・東京・神)
楽天ブックス
峰岸純夫 齋藤慎一 歴史春秋出版発行年月:2011年08月 ページ数:297p サイズ:単行本 IS


楽天市場 by 関東の名城を歩く(南関東編(埼玉・千葉・東京・神) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





小澤酒造 澤乃井 特別純米 720ml
酒のシミズヤ
日本酒度:+1度米の旨みを上手に引き出し奥深く豊かな味わいの中にも、キレがある、ほのかな吟醸香漂う上


楽天市場 by 小澤酒造 澤乃井 特別純米 720ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

ピラン猫
2012年03月04日 22:25
こんばんは。
石神井城は、立入ることが出来ない状況ですか…
石神井公園の南側と行き易い場所なのに残念です。

八高線に今日乗ったのですか。私も今日乗りました。
川越に行って本丸御殿や蔵の街を観光した後、八高線経由で帰りました。
家ニスタ
2012年03月04日 23:13
ピラン猫さんこんばんは。
川越に行ってこられましたか!さぞご堪能されたことと思います。
八高線にも乗られたんですね。またまた行き違いですね。私は今日ではないので、一日違いですが。

石神井城は立ち入ることはできないですが、外から見るだけでもそれなりには楽しめました。
ですが、よほどの城好きでないかぎりは強いておすすめはしません。
いつもコメントありがとうございます!

この記事へのトラックバック