『ガザの美容室』を見てきました

上映中の映画、『ガザの美容室』を見るため、東京のアップリンク渋谷へ行ってまいりました。

画像

このところ、中東問題といえばアップリンク、といった感じで、『ラッカは静かに虐殺されている』『ラジオ・コバニ』と、たびたび中東問題をあつかった映画を上映していますね。
今作が前2作とちがうのは、ドキュメンタリーではなく劇映画であるという点です。
場合によっては、ドキュメンタリーよりも劇映画のほうが真実を伝えやすいこともあると思いますが、パレスチナ・ガザ地区をあつかったこの映画はどうでしょうか。


現在、パレスチナは重大な危機に見舞われています。
自分の支持層にたいするアピールしか考えない、どこかの超大国の大統領が、在イスラエル大使館をエルサレムに移転したことがきっかけです。
将来のパレスチナ国家の首都として東エルサレムを想定しているパレスチナはこれに猛反発。
蜂起したパレスチナ民衆とイスラエル軍が衝突し、多くの死傷者を出す事態となってしまいました。

いったい、「キリスト教福音派からの支持票がほしい」といったきわめて国内的な理由で、重大な事態をひきおこすことがわかっていながら、デリケートな国際問題にかかわることを強引に決める、というようなことが許されるのでしょうか?
まったくの暴挙だと思います。

パレスチナがこのような状況にある中、今回の上映はタイムリーであるといえます。


〈STORY〉
イスラエルによる封鎖が続き、“天井のない監獄”とも称されるパレスチナ・ガザ地区。
困難な状況下でも、日々の何気ない生活は続いていた。

クリスティンが経営する美容室には、今日もおおくの女性たちが集まっている。
離婚調停中の主婦、ヒジャブをかぶった信心深い女性、結婚をひかえた若い娘、まもなく出産予定の妊婦・・・。

彼女たちは、ときに作業の遅いクリスティンに文句をいい、ときにいさかいを起こしながらも、他愛のないおしゃべりに興じていた。
そんな中、外では戦闘がまきおこり、美容室は戦火のなかにとり残されてしまった。
オシャレすることが男たちへの抵抗、とばかりに、女たちはカットやメイクを続けるが・・・。
というもの。


他愛もない日常の景色がくりひろげれられる中、とつぜん外で戦争がはじまるときの緊迫感は、やはり劇映画ならではのものと思いました。
それにしても、外で戦争がはじまっても、カットやメイクを続ける女性たちのたくましさ。
“母は強し”といいますが、まさに“女性は強し”だと感じました。

シリア内戦のことを描いた『ラッカは静かに虐殺されている』や『ラジオ・コバニ』の映画評で、「シリアの状況はまったく出口が見えない」と書きましたが、ここパレスチナでも、状況は混とんをきわめ、解決策はまったく見えないようです。
どこかの超大国の、あまり頭のよろしくない大統領のせいで、状況はいっそう悪化しているように見えます。

早くこの状況が打開されますように、なんていう安易な願望は書けないような状況ですが、それでも、いつかパレスチナに平和がおとずれることを祈っています。


★★★☆☆
ホシ3つです。


画像



画像
アップリンク渋谷です。

〈観覧日:2018年7月4日(水)〉




ぼくの村は壁で囲まれた パレスチナに生きる子どもたち [ 高橋真樹 ]
楽天ブックス
パレスチナに生きる子どもたち 高橋真樹 現代書館ボクノムラハカベデカコマレタ タカハシマサキ 発行年


楽天市場 by ぼくの村は壁で囲まれた パレスチナに生きる子どもたち [ 高橋真樹 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

2018年07月10日 17:04
パレスチナ・ガザ地区の重大な危機………解決の糸口の見えない難しい問題ですね。
外で戦争がはじまっても、カットやメイクを続ける女性たち………自分達にはどうしようもないという諦めや怒り、ジレンマを感じます😓。
いつか、解決されることを望んでいますが、時間がかかりそうですね………。
家ニスタ
2018年07月11日 00:47
わらびさん、こんばんは。
外で戦争が始まっても、カットやメイクを続ける女性たち、諦めというとりは、男たちへの怒りのほうが強いのでしょうね。
おっしゃる通り、解決までにはまだまだ時間がかかりそうです。
アメリカのように、紛争の一当事者に肩入れするのではなく、公平な立場で紛争に介入することが必要だと思います。
いつもコメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • ガザの美容室

    Excerpt: パレスチナ自治区ガザ。 パレスチナ人男性との結婚を機にガザへ越してきたロシア人女性クリスティンが経営する美容室は、いつも女性客でにぎわっている。 しかし、電気の供給が不安定なガザでは停電が多く、小型発.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-07-08 12:14
  • 「ガザの美容室」

    Excerpt: この作品は大層イラン映画っぽい。終始会話劇で成立している。で、正直に言うと、私はこういうイラン映画っぽい作風は苦手なのである。終始会話劇で成立している作品自体が苦手だということではないのだけれど…何だ.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2018-07-31 12:39